許せない!会社の圧迫面接

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 面接で質問されて答えたら、「今はそんなこと聞いてない!コミュニケーション能力がないの?」とか「緊張してるの?緊張も実力のうちだから。うちは緊張してるとか配慮しない。むしろマイナス。」とか言われて、しゃべれなくなりました。そうしたら「こんなんで営業できるわけ?」と言われて質問攻めにされました。しかも難しい質問ばっかり。答えられなかったらまた責められました。これはまだましなほうだと思いますが、面接のときにセクハラ発言だとか差別的な言葉、圧迫面接で傷つくようなことをわざと言うことに対して、法律的な制限はないのですか?


(20代:女性)

関連Q&A

会社に提出した履歴書に虚偽の記載をしてしまった!

就職・採用 2016年03月23日

私は会社の入社試験の際、学歴を偽った履歴書を提出して採用されてしまいました。 入社後は学歴で困ったことは一度もないのですが、現在、転職を考えているため、転職に際して問題が発生するのではないかと心配しております。 転職先は公職であり、現...

入社時健康診断の結果で不採用!これって許される?

就職・採用 2016年03月18日

先日、転職サイト経由で、ある企業の契約社員の中途採用の面接を受けました。その後、健康診断を受けてきてほしいと言われたので受けたところ、「血液検査の結果(血糖値、コレステロール値など)が当社の基準と合致しないため、もう一度受け直していた...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     業務と関係のない差別的・侮辱的な発言などには、名誉毀損侮辱が成立するので、刑事上や民事上の責任を問うことができることがあります。


     就職の場では、人物像や能力を見たり聞いたりするために、直接会って対話などをする「面接」が行われます。面接担当者や職種によっては、状況判断能力を見るために、応募者に対してわざと高圧的な態度を取ったり、応募者の嫌がる内容を質問したりする「圧迫面接」を行う場合も多いようです。

     
    しかし、応募者の資質を適切に判断したいからとはいえ、業務に求められる資質があるか否かの判断に直接関係を有しないような内容、たとえば差別的・侮辱的な発言行為は許されません。

     
    具体的に、度を越えた圧迫面接では、名誉毀損罪や侮辱罪の成否、そして民事上の損害賠償請求が問題となるでしょう。




    1、名誉毀損罪

     公然と事実を示して、人の名誉を毀損した場合は、その事実の有無に関わらず、名誉毀損罪が成立します(刑法230条、3年以下の懲役・禁錮又は50万円以下の罰金)。

     
    面接の場合、「公然と」といえるかが問題となりますが、面接官が複数人いたり、集団面接など応募者が多数人いたりする場所であれば、要件を満たす場合があると考えられます。

     
    このような場所で、多数人に対して、その人の社会的評価を落とすような事実を示した場合は、名誉毀損罪が成立します。告訴すれば刑事犯罪に問うことができます。

    2、侮辱罪

     名誉毀損罪に該当する場合のように、事実を示す方法によらなくても、公然と人を侮辱すると、侮辱罪が成立します(刑法231条、拘留又は科料)。

     
    面接官が複数人いたり、集団面接など応募者が多数人いたりする場所で、面接官が、その人の社会的地位を軽蔑するような差別的な発言やセクハラ発言などをした場合には、侮辱罪が成立するのです。告訴すれば刑事犯罪に問うことができます。

    3、民事上の損害賠償請求

     名誉毀損罪や侮辱罪が成立するような違法な圧迫面接が行われた場合には、それにより精神的苦痛を被ったとして、不法行為に基づく損害賠償を請求できます(民法709条、710条)。


     ご相談の場合、営業担当を募集している会社の面接で、質問攻めにあったとのことです。営業としての資質を見極める質問の範囲内か否かの判断は難しいところですが、多数人がいる場所で、あなたの容姿や過去の経歴に対する侮蔑的な発言があったのであれば、名誉毀損や侮辱が成立する場合があるでしょう。告訴して刑事上の責任を問うこともできますし、民事上の責任として損害賠償を請求することもできます。

2014年01月07日

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ