会社が賠償責任を負ってくれた社内での事故

Legalus編集部さん 2015年07月18日

 2年ほど前、会社の敷地内で事故を起こしてしまいました。会社の車両を縦列駐車する際、車の間に立っていた同僚を挟んでしまったのです。過失は私にあります。
 同僚は足の靭帯を切ってしまい、手術を受けた後、7~8ヶ月の入院とリハビリをしましたが完治せず、障害が残ってしまいました。
 会社では、社内での事故であるため労災扱いとし、賠償責任は会社が負うと言ってくれました。事故を起こした車両の自賠責保険は適用されましたが、私個人の任意保険は、自分の車でもないことから適用されませんでした。


 ところが最近、賠償金額に折り合いがつかず、同僚が示談を断っていることが分かりました。会社側の申し出た賠償額250万に対し、同僚側は1600万を提示してきたらしいのです。その後、会社は300万~400万まで譲歩し、現在も交渉が続いています。

 私は慰謝料として残りの金額を支払わなくてはならないでしょうか。私の気持ちとしては200万位は考えていましたが、実際にこの様な場合は加害者がすべて支払わなくてはならないのでしょうか。どうかご教授ください。



(30代:男性)

関連Q&A

通勤中の事故で労災をもらえるか

労災 2016年03月31日

昨夜、仕事帰りの途中で、自転車で転んで、病院に行ったら、尾てい骨を骨折していました。その場合、仕事が終わっているから、労災は使えないでしょうか? (30代:女性)

息子が死んだ事に対する慰謝料は、各家族が請求できる?

労災 2016年02月16日

息子が自殺をし、息子の自殺は過労によるものであると労災が認めてもらえました。息子が勤めていた会社に対して、慰謝料を請求する場合の慰謝料ですが、被害者の父も母も妹も悲しみは別々にあります。慰謝料の相場は2000万円程度ときかされましたが...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     本件では、就業中に起こった事故であることを考慮して、会社が賠償の責を負うという姿勢をみせています
     会社と被害者の間に和解が成立すれば、直接の加害者であるあなたが賠償責任を負うことはなくなります。



     もちろん、この場合でも、法律上は会社が被用者に求償する(損害の一部を支払うよう求める)ことは可能なのですが(民法715条3項)、会社があなたに代わって被害者に賠償しようとしている本件の事情では、その心配は少ないと考えられます。
     その結果、あなたはこの事故について、少なくとも法的責任を負うことはなくなります。



     では、あなたが心配されているように、会社と被害者の交渉が決裂した場合はどうなるのでしょうか。本件では、被害者の求める賠償金と会社の提示した金額に開きがあるため、このまま交渉が続けられたとしても決裂する可能性は否定できません。

     この場合、あくまで会社の申し出た金額より高額の賠償を求める被害者は、あなたと会社を相手取って、損害賠償の支払いを求めて訴訟を提起することが考えられます。被害者としては、両者に対して請求することにより(特に、支払い能力の高い会社を相手取ることにより)、確実に賠償を受けることを期待すると考えられるからです。



     相手方の主張として考えられるのは、会社に対しては雇用契約上の安全配慮義務違反に基づく債務不履行による損害賠償請求415条)、使用者責任に基づく損害賠償請求(715条)、あなたに対しては不法行為に基づく損害賠償請求(709条)、また、両者に対して、自動車損害賠償保障法に基づく自動車損害賠償責任同法3条)などです。



     あなたがどれだけの賠償責任を負うかは、上記のうちで認められた請求や、金額によって異なる可能性があります(ただし、被害者の主張が全額認められたとしても、あなたと会社から二重取りできるわけではありません)。


     もし現実に訴えが提起された場合には、請求の内容をよく検討の上、場合によっては会社と協力して応訴する必要があります。
     不安な気持ちにさせられると思いますが、確定判決を得るまでには相当程度の時間を要します。どうか会社と十分相談の上、落ち着いて事にあたってください。

2015年07月18日

労災に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ