会社に労災の申請をしたい!

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時07分

 力仕事が多い職場です。勤務してから1年ほどで手に違和感があったので病院へ行くと、軽い腱鞘炎でした。たまに痛みが出るくらいで、日常にはあまり支障がなかったのですが、そのまま仕事を何年かしてきて、最近何もしていない時にも、痛みがでるようになりました。仕事内容の相談をしても改善されず、有給を取らせてもらえず、休むと生活出来なくなるためかなり無理をしてきた結果、片手だけだった痛みが、両手に出てしまいました。痛み止めが効かなくなっています。その間の治療費は、自己負担で払ってきましたが、痛みと戦いながら仕事は本当に辛いです。この場合労災の申請は、出来るのですか?


(30代:女性)

匿名弁護士

     労災の請求が認められる可能性が高いと考えられるので、労働基準監督署に相談しましょう。


     業務上や通勤途上に、病気になったり負傷したりした場合は、使用者が労働者災害補償保険(「労災保険」)に加入している限り、労災保険から、治療費や働けない間の休業補償を行ってくれます。

     
    この労災保険料は、使用者だけが負担しており、正社員のみならず、パートやアルバイト、外国人労働者であっても補償され、会社を辞めても補償を打ち切られることはありません。


     ただし、労災による給付がなされるには、その災害が「業務上の災害」であると認められなければなりません。

    業務上の災害」であるか否かは、(1)業務遂行性と(2)業務起因性があるかにより判断されます。


     まず、(1)業務遂行性とは、労働者が労働契約に基づき使用者の支配下にあることをいいます。勤務時間中はもちろん、作業の準備行為や後始末行為も業務遂行性があるとされます。

    ご相談の場合、「力仕事が多い職場」であるとのことです。腱鞘炎になるような力仕事が職務内容であるのであれば、業務遂行性が認められるでしょう。


     次に、(2)業務起因性とは、病気が業務に起因して生じたといえることをいいます。

     
    病気が業務によってのみ生じたと立証することは、既往症との関係から、困難であることも少なくありません。

     
    そこで、労働基準法施行規則には、特定の業務や職場環境に起因して生じる疾病が列挙されており、これらの疾病は、特別な反証のない限り業務上災害として取り扱うこととされています(労働基準法75条2項、労働基準法施行規則35条、別表第1の2)。


     あなたの疾病は腱鞘炎なので、その業務内容が「せん孔、印書、電話交換又は速記の業務、金銭登録機を使用する業務、引金付き工具を使用する業務その他上肢に過度の負担のかかる業務」であれば、特別な反証のない限り、業務上災害として取り扱われます(同別表第1の2、三第4項)。

     
    あなたの仕事内容の詳細がわからないので断定は出来ませんが、おそらくは「上肢に過度の負担のかかる業務」であると認められるのではないでしょうか。

     


     
    いずれにせよ、腱鞘炎の症状が悪化してきているとのことですから、早めに労働基準監督所に相談をすることをお勧めいたします。

     
    労災保険の請求は、あなたの仕事場の所在地を管轄する労働基準監督署に、所定の様式による請求書(労働基準監督署でもらえます)を提出することで行います。

     
    請求書には、医師と事業主の証明欄がありますが、事業主の協力が得られない場合でも、労働基準監督署が職権で調査してくれます。

2014年01月07日 04時07分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

慰謝料請求・示談成立謝礼金額の妥当性について教えてください

労災 2017年06月24日

60代男性身内が労働中の災害で亡くなりました。原因は、高所作業中の事故でバランスを崩し誤って転落し7日後に亡くなりました。作業前に安全帯をしていませんでした。高所へ上がってから、会社(社長)が危ないと感じ慌ててベルトをつけるよう促して...

1年前に職場で仕事中に事故をおこし同じ職場の人に怪我をさせてしまいました。

労災 2017年06月05日

現在64歳で職場を退職しておりますが、退職前(1年前)に職場で仕事中に事故をおこし同じ職場の人に怪我をさせてしまいました。 会社では、労災という扱いになっています。 仲のよい同僚だったので、医療費として相手に求められていませんが、数百...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

労災に強い弁護士

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

【初回法律相談無料】解決に向けた最良の選択をサポート致します。

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。弁護士があなたのお悩みを解決します。

ページ
トップへ