弁護士コラム

労働

Section banner labor
定年後の継続雇用 給料・ボーナス 2018年04月16日

平成30年3月1日付で,定年後の継続雇用に関する最高裁の決定が出ました。 女性の従業員が60歳で定年を迎えるにあたって,定年後の継続雇用契約に関して,会社からそれまでの賃金の約75%カットの案を提示されたという事案です。 一審の福岡地裁小倉支部判決は,「前に比べて仕事が減るので不合理ではない」との会社の主張を支持しました。 これに対し,二審の福岡高裁判...

チラシ配布中の事故について会社は補償すべきか 労働 2018年02月28日

高齢者や主婦に広告チラシを近隣の住宅地に配布させる場合、業務請負であれば、配布中に交通事故に遭って怪我をしても、会社が補償をしなくてもよいのでしょうか。 業務請負契約書を作成しても、労働契約であるか否かは、契約の形式ではなく、働いている実態から判断されるので、労働契約と評価される場合があります。 労働契約と評価されないようにするためには、代金は配布の時...

休憩中に待機するときはその分の残業代を請求できるか? 残業・休日出勤 2018年02月28日

介護施設で職員の数が足りないので、介護職員が休憩時間中も業務用の携帯電話を持ち、利用者から電話が入ればすぐに対応しなければならないという場合、休憩時間分の残業代を請求できるのでしょうか。 休憩中に待機する時間について、厚生労働省の労働時間適正把握ガイドライン(平29.1.20基発0120第3号)は、「使用者の指示があった場合には即時に業務に従事すること...

管理職には深夜労働の割増賃金を支払えばよいのか? 給料・ボーナス 2018年02月28日

管理職として深夜労働の割増賃金しか支払ってもらえていないという場合、時間外労働や休日労働に対する割増賃金を請求することはできるのでしょうか。 労働基準法上、深夜労働の割増賃金のみを支払えばよい管理職を、一般に「管理監督者」といいます。 管理監督者であるか否かは、「一般には局長、部長、工場長等労働条件の決定その他労務管理について経営者と一体的な立場にある...

1日12時間労働の契約は認められるか? 就業規則・労働協約 2018年02月28日

1日に12時間、1週に6日働くことで、給与が月20万円と社長が決めた場合、この労働契約は労働基準法で認められるでしょうか。 労働基準法上、実働1日8時間、1週40時間という制限があり、1日12時間・1週6日労働させるとの前提で月給20万円と設定した労働契約を締結したとしても、労働基準法違反として無効となります。 無効であるとはいっても、月給20万円とい...

夏季休暇廃止と年休消化 有給休暇 2018年02月28日

会社が就業規則に定められている夏季休暇を廃止する代わりに年次有給休暇を消化するよう指示してきた場合、これに従わなければならないのでしょうか。 労働契約法は、就業規則の変更が、労働者の受ける不利益の程度、労働条件の変更の必要性、変更後の就業規則の内容の相当性、労働組合等との交渉の状況その他の事情に照らして不合理なものであるときは、その効力を有しないと定め...

配転を命じると年休消化をして退職すると申し出てきたら? 有給休暇 2018年02月28日

ある従業員に支店への配転命令を発令したところ、当該従業員が、退職の意向を示し、退職日について、配転日の前日とすると年次有給休暇の残日数を消化できないことを理由に、年休消化が終了した日に退職すると申し出てきた場合、会社としてはどのように対処したらよいでしょうか。 まずは配転命令を発令した当該従業員に退職日を定めた退職届を提出させた方がよいです。 退職日を...

管理職でも残業代の請求はできるか? 残業・休日出勤 2018年02月28日

中間管理職が、勤務日は深夜まで仕事で、忙しくて帰れない日もあり、休日は取れないか、職場から携帯電話に電話がかかってきて呼び出されることが多い場合、これを是正する手段はあるのでしょうか。 労働基準法は、実働で1日8時間、1週40時間という労働時間の上限規制を設けています。また、毎週1回の休日または4週間を通じて4日以上の休日を与えなければなりません。 た...

会社から所定労働時間外に出張先へ移動するよう指示されたら? 労働 2018年02月28日

会社から所定労働時間外に出張先へ移動するよう指示された場合、残業代は発生するのでしょうか。 そもそも出張の移動は所定労働時間中に行ってもよく、この時間帯の移動は労働時間と認められるのが通常です。それなのに、会社が所定労働時間外に出張先への移動するよう命じる場合は、その必要性があるかどうかが問題となります。 必要性がないとしたら、会社の業務命令が権利濫用...

所定勤務時間終了後の業務日報作成と派遣先の指揮命令 派遣 2018年02月28日

派遣社員が午前9時30分から午後5時30分まで勤務しており、退勤時に業務日報の提出を指示したところ、当日の業務が所定勤務時間内に終了しないというわけではないのに、所定終業時刻後に業務日報を書き始めるため、毎日10分間の残業が継続している場合、会社は派遣社員に所定勤務時間内に業務日報を書き終えて提出するよう指示することはできるのでしょうか。 派遣社員は派...

労働に強い弁護士

【残業代専門】【全国対応・来社不要】【相談・着手金0円】電話・メール・郵送だけでOK。会社の人に会わなくてOK...

【初回法律相談無料】常にご依頼者様の立場で考え、最善の解決に向けて一緒に粘り強く取り組みます。一人で悩まずどん...

【初回法律相談30分無料】ご相談頂きやすい環境作りを大切にしています。まずはお気軽にお問い合わせください。

民間企業出身で、様々なトラブル解決実績のある交渉に強い弁護士です。セカンドオピニオンとしての経験も豊富です。桜...

【初回法律相談30分無料】【完全個室相談】【泉佐野駅徒歩1分】しっかりとお話を伺い、ご依頼者様にとって最適な解...

ページ
トップへ