法律コラム

残業・休日出勤

Section banner labor

労働

【弁護士に聞く】残業代請求で弁護士に相談する前に集めておきたい証拠 残業・休日出勤 2019年02月13日

残業代の未払いが社会問題となっている中、弁護士に残業代請求を依頼する方も増えています。 そこで、残業代請求について弁護士に相談する前に集めておきたい証拠のこと、残業代を請求するために必要なものについて、青野法律事務所の青野壽和弁護士にお話を伺いました。 青野 壽和 弁護士 (青野法律事務所。神奈川県弁護士会所属) 労働問題や離婚問題、相続など幅広い分野...

【弁護士に聞く】残業代請求で弁護士に相談する前に集めておきたい証拠
本当に残業代が出ないの?名ばかりの「管理職」「裁量労働制」「営業手当」で残業代を請求する方法 残業・休日出勤 2017年04月20日

「うちはみなし残業代が支払われているから」 「私の会社は残業代がない代わりに営業手当てが出る仕組みだって聞いたから」 「俺、課長で管理職だから」 などの理由で、“残業代が出ない”と思っている方はいませんか? 使用者である企業側はあれやこれやの理由をつけて、本当は出るはずの残業代を出していないというケースは多く存在します。 こうした場合、適切な手順を踏ま...

本当に残業代が出ないの?名ばかりの「管理職」「裁量労働制」「営業手当」で残業代を請求する方法
残業代請求はタイムカードがないとできない?―いざというときのために残業時間を記録する方法― 残業・休日出勤 2017年04月11日

残業時間とは何か? 残業代を請求するためには、そもそも「残業時間」がどのような時間であるかを知る必要があります。一般的に「残業時間」とは時間外労働を行った時間のことを意味します。 これには(1)法定時間外労働をした時間と(2)法内残業を行った時間の2種類があります。 法定時間外労働をした時間について まず(1)は、労働基準法で定められた労働時間を超えて...

残業代請求はタイムカードがないとできない?―いざというときのために残業時間を記録する方法―
「みなし残業」って何?残業代の算定方法と未払い残業代があった場合の対処法 残業・休日出勤 2017年03月23日

給与明細をしっかり確認してみたら、残業代が少ないような…、ということがあるようです。じつは、あなたの会社でも「みなし残業」を採用しているかもしれません。 労使間のトラブルで多いのが賃金に関する問題。本来なら実労働時間がみなし労働時間を上回れば、当然残業代が発生します。 ここでは、みなし残業とその問題点、及び対処法についてご紹介します。 みなし残業とは ...

「みなし残業」って何?残業代の算定方法と未払い残業代があった場合の対処法
定時では到底終わらない業務量があるが、会社は残業を認めないのでやむを得ず持ち帰って仕事をしている。残業代を請求できる? 残業・休日出勤 2017年05月02日

ここのところ、有名大企業が、違法残業をさせていたとのことで、労働基準法違反で摘発されています。また、残業については、労働時間の短縮傾向や賃金抑制の観点から、特段のことがない限り残業を認めないという会社も増えているようです。 ところで、残業指示の要件として、平成3年11月28日の最高裁判決は、その趣旨として、いわゆる36協定があって、就業規則もあって、さ...

定時では到底終わらない業務量があるが、会社は残業を認めないのでやむを得ず持ち帰って仕事をしている。残業代を請求できる?
給料を年俸制で支払えば残業代を支払わなくてもよい? 残業・休日出勤 2017年01月16日

近年、「年棒制」を採用する企業が増えてきました。「年棒制」と聞くと、プロ野球選手やサッカー選手を思い出す人も多いと思いますので、社会に浸透した言葉ではありますが、まだまだ私達の身近な制度であるとはいえません。 もし、自分が働いている企業が年棒制を採用した場合、残業代はなくなってしまうのでしょうか? 年棒制とは? 「年棒制」については、法律上で明確な定義...

給料を年俸制で支払えば残業代を支払わなくてもよい?
付加金の支払いは? 残業・休日出勤 2016年06月09日

Q 労働者が50万円の未払残業代を求めて、また併せて、労働基準法114条に定める同額の付加金(一種の罰金のようなもの)の支払いを求めて提訴し、第一審で労働者に対し未払残業代50万円、付加金50万円の支払いを命ずる判決が出され、会社側は控訴しましたが、控訴審までの間に、会社は未払残業代50万円を支払いました。 この場合、付加金の支払いはどうなるのでしょう...

付加金の支払いは?
振替休日をとらせても休日割増賃金を払う必要はある? 残業・休日出勤 2016年03月24日

Q X社は、Aさんに対して、あらかじめ休日と定められている×月20日を労働日とする一方で、×月19日に振替休日をとらせました。 それでも、休日に労働をしたのですから、×月20日の労働分について、休日割増賃金を支払わなければならないのでしょうか? 支払わなければならない 支払う必要はない A 正解(2)支払う必要はない 振替休日とは、あらかじめ休日と定め...

振替休日をとらせても休日割増賃金を払う必要はある?
一律手当で残業代はカバーできる? 残業・休日出勤 2015年11月05日

Q 会社では、社員の平均残業代が月3万円であるために、残業代に代わるものとして、毎月4万円の一律手当を支給することにしましたが、ある社員の月額残業代が、1月に3万円、2月に4万円、3月に5万円と推移しました。 この場合、会社は合計で12万円の一律手当を支給しているので、3月の残業代と一律手当との差額の1万円を支払う必要はないでしょうか? 1万円を支払わ...

一律手当で残業代はカバーできる?
みなし労働時間制では割増賃金はもらえない? 残業・休日出勤 2015年09月04日

Q 社外で働く場合、一日8時間といった所定労働時間働いたとみなされる事業場外みなし労働時間制について、労使協定が結ばれている場合、法定労働時間を超えて働いても、割増賃金はもらえないのでしょうか? もらえない もらえる場合もある A 正解(2)もらえる場合もある 外勤の営業活動に従事している人については、実際の労働時間を算定することが困難なことがあります...

みなし労働時間制では割増賃金はもらえない?
ページ
トップへ