来年退職予定ですが有給付与月に有給がもらえないのは何故ですか?

User image 1 lu_1300b499さん 2018年12月16日 18時35分

私は、とある委託会社に勤務していまして来年の3/31に契約終了する事業所に配属されているのですが、私はこの事業所が終わると共に退職を予定しております。
その際3月末で有給が5日ほど残るので有給消化で4月に持ち越し、4/1に新しく付与される有給(13日分)を足して4月末に退職と考えておりました。

しかし、会社の上長から有給の付与は認められないと言われ「有給を3月末までに使い切る」か「3月末に残った分の有給の買取」という2択しか私には選べないと申されました。
何故認められないのか聞いてみたところ、「この事業所から出る賃金があなたたちの給料になっているので4月から出ない賃金では給料を払えないから」と言われました。

会社が存在しているのに、この場合は認められない(付与されない)のでしょうか?

ややこしい質問ではございますが回答をお願い致します。

1 「この事業所から出る賃金があなたたちの給料になっているので4月から出ない賃金では給料を払えないから」との「理由」は有休付与ができないものとしては奇妙であり,理由にはならないですね。
2 しかし,「とある委託会社に勤務していまして来年の3/31に契約終了する事業所に配属されている」と言う前提を私なりに解釈すると,御相談者は派遣社員であり来年3月末に事業が終了する派遣先に派遣されていると考えました。
「この事業所から出る賃金があなたたちの給料になっている」との説明も派遣先からの派遣料から派遣元の賃金を出していると解釈することができます。
したがって,派遣元である派遣会社と派遣先の会社との派遣契約が来年3月末で終了するという意味になると思います。
3 御相談者は,退職をするという趣旨は,派遣先の終了と共に派遣会社から退職すると言うことに解釈をしますと次のようになります。
有給休暇の使用については会社は時期変更請求権を行使できますが,退職をするに際して一括消化する場合は,この行使はできず一括消化を認めなければならないと解釈されています。
4 しかし,退職後に持ち越して有給休暇を付与したり,消化することは退職と言うことの反してできないとも解釈がされています。事業所は閉鎖しても会社は存続するから御相談者の「4/1に新しく付与される有給(13日分)を足して4月末に退職」というのは,派遣先と派遣元との契約終了に伴い派遣元を退職することから考えれば論理的にはできないことになります。
5 以上から,派遣社員として派遣先の事業閉鎖と共に,派遣会社を退職するという前提から考えると,「有給を3月末までに使い切る」か「3月末に残った分の有給の買取」という2択であるということは,法的には間違っていないと言えそうです。

2018年12月17日 13時25分
補足質問
User image 1

lu_1300b499 - 2018年12月17日 15時49分

分かりやすい回答をありがとうございました。
私はこの会社の正社員なのですがこの場合、上記にある派遣社員と同じ扱いになるのでしょうか?再度質問よろしくお願い致します。
補足回答
Resized avatar mini magick20180601 14817 ignl90

岡田 正樹 弁護士 - 2018年12月17日 16時03分

1 大変失礼しました。委託社員の意味がまだよく分からないのですが,まず,
「この事業所から出る賃金があなたたちの給料になっているので4月から出ない賃金では給料を払えないから」との「理由」は有休付与ができないものとしては奇妙であり,理由にはならないことは同じです。
2 そして,有給休暇の使用については会社は時期変更請求権を行使できますが,退職をするに際して一括消化する場合は,この行使はできず一括消化を認めなければならないと解釈されています。その点で,会社としては,3月末の退職を前提として2択を言うのは正当です。
3 そして,退職後に持ち越して有給休暇を付与したり,消化することは退職の意味に反しているためにできないと解釈がされています。
4 しかし,問題は退職の時期について会社との意見が異なることです。
御相談者のお考えは,退職の時期について4月末として新たに付与される有給休暇と併せて消化したいということになります。法律の盲点とも言えますが,退職を前提とした一括消化は正当としても,それを前提とした退職は,権限乱用にも思われます。
だが,これはお話を全部知ってしまったための結論であり,単純に退職時期を4月末日としたい,その際に有休の一括消化をしたいとの結論で言えば間違ってはいないと思います。
5 問題は,働く場所がないという会社の主張ですが,労働関係が継続する以上は,その場所を提供するのが会社側の義務です。
事業所閉鎖を理由として退職時期を3月末日にするということはできないと思います。
ただし,当初会社に3月末日退職と有休消化のことを伝えていませんでしょうか。伝えていたとすると,先ほどの権限乱用ともなりかねないので,会社の言い分が正しいとされる恐れもあります。
お礼メッセージ

2件とも回答ありがとうございました。
現在会社の返答待ちなのでどんな結果になろうとその判断に従いたいと思います。
とても助かりました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

有給は1日分の労働と同じくみなされるものではないのでしょうか?

有給休暇 2019年03月20日

パートさんの有給は時給で換算されるが社員の有給はお金に換算されることなくただのお休みだと上司より言われました。 有給は1日働いたとみなされるものではないのでしょうか?

年始は忙しいから有給取るなと言われます。

有給休暇 2019年03月14日

福祉系のお仕事で、シフト制勤務です。有給、公休についてです。 年度始めは新人さんが入ってくるからという理由で、4.5.6月は休み希望を入れるなということを言われましたが、有給をとるのにその理由だけで規制できるのでしょうか? ちなみに1...

退職月に新たに発生した有給休暇の取得を辞める人間には使えないと言われ取り消された。どうすれば取得できる?

有給休暇 2019年03月02日

3月末で退職する看護師です。病院では3月16日に新しく有給休暇が発生します。シフト希望〆切までに16日以降有給取得日数分の15日を入れましたが、病棟師長から「これは4月以降もいる職員に与えられるものであって、辞めて行く人間には使えない...

退職にあたっての追加有給休暇取得について

有給休暇 2019年02月20日

有給休暇が新しく追加付与される場合について質問です。 退職にあたり、現在の有給を取得した場合、残日数0日となりました。 土日を挟み、月曜日が1日で新しく有給が取得できる場合は、 そのまま追加付与有給取得となりますか。 もしくは、残日数...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ