有給休暇で休んだら全額支給されなかった!これって違法じゃないの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時05分

 私は現在派遣社員として働いています。勤務して半年がたち、有給休暇が10日間で、平均日給の60%を支払うとの事なのですが全額では無く60%と言うのは初めて聞いたのですが法律で認められているのでしょうか?



(30代:男性)

匿名弁護士

 年次有給休暇を取得した際の賃金は、(1)「通常の賃金」、(2)「平均賃金」、もしくは健康保険法の(3)「標準報酬日額」のいずれかによって決められます(労働基準法39条7項)。



 ですので、まずは相談者の登録されている派遣会社が上記賃金のどれに基づいて年次有給休暇の賃金を決めているかを確認してみてください(一定規模の会社であれば就業規則や労使協定で定められているはずです)。



 仮に(2)「平均賃金」を基に算定されている場合、その平均賃金は、(a)算定すべき事由の発生した日以前3ヶ月間にその労働者に対し支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額をいうとされています(同法12条柱書き、原則)。

 ただし、その金額は、賃金が、労働した日若しくは時間によって算定され、又は出来高払制その他の請負制によって定められた場合においては、(b)賃金の総額をその期間中に労働した日数で除した金額の60%を下回ってはならないとされています(同条1項、平均賃金の最低保障)。



 そして、原則で算定した額(a)と平均賃金の最低保障で算定した額(b)のどちらか高い方が「平均賃金」となります。



例えば、相談者が2011年4月から6月まで週5日勤務で1カ月あたり20万円を支払われていた場合(労働日数61日)、原則(a)によると

20万円×3ヶ月÷91日=約6593円

が平均賃金となります。



他方、平均賃金の最低保障(b)によると

20万円×3ヶ月÷61日×60%=約5901円

が平均賃金となります。



 ですので、この場合原則(a)の方が「平均賃金」となります。



 上記と異なり、実際に働いた日数が少ない場合には平均賃金の最低保障(b)の方が相談者にとって有利になる場合もあります。



 したがって、まず年次有給休暇を取得した際の賃金の算定が上記(1)~(3)のいずれであるかを確認し(おそらく(2)「平均賃金」であると考えられます)、つぎに、相談者において「平均賃金」の算出をしてみてください。



 派遣会社は、平均賃金の最低保障での算定(b)を提示していると思われるので、仮に原則での算定(a)の方が高い場合は、原則による算定での賃金を要求してみてください。

2014年01月07日 04時05分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

前の勤務先の有給を今の勤務先の契約内容で計算されていることについて

有給休暇 2018年10月14日

勤めていた勤務先が閉店することになり、本社が経営する別の勤務先を斡旋してもらいそちらで働くこととなりました。 閉店した勤務先での雇用形態はアルバイトでしたが有給が発生していたのでそちらを消化したのち、新しい勤務先で勤務することとなりま...

仕事を辞める前に 有給休暇を取りたいのですが 前年分も取れるのでしょうか 取れるとして連続で全ての日数を消化できるのでしょうか

有給休暇 2018年10月08日

アルバイトで十数年勤め 月200時間程働いておりますが 連続12時間は勤務 出勤時間が週3回昼の勤務、夜の勤務と変わり 休みも週一回が一か月以上続くなどで 体調不良になり 会社に診断書だし 勤務時間の固定を申請しましたところ 休みを週...

会社年間スケジュールの直前の変更と有給休暇について

有給休暇 2018年09月12日

会社の年間スケジュールは、「18年4月〜19年3月」のものが、18年の3月中に発表されます。私はそれを見て、自分の有給休暇の残数を割り振って休みたい日に届けを出していました。 ですが今月、棚卸しの関係で年間スケジュールで休みだった24...

退職予定月が有給付与月の場合の申請方法

有給休暇 2018年08月24日

退職を決めた場合の有給申請についてです。 9月中に退職を申し出、9月末は 今残数の有給消化に当てようと思っております。 10月に新たに有給が11日付与される為、土日祝を除いた11日を使い、10/16火を退職日としたいのですが、この10...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

Go To Top Html