有給休暇で休んだら全額支給されなかった!これって違法じゃないの?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 私は現在派遣社員として働いています。勤務して半年がたち、有給休暇が10日間で、平均日給の60%を支払うとの事なのですが全額では無く60%と言うのは初めて聞いたのですが法律で認められているのでしょうか?



(30代:男性)

関連Q&A

異動辞令拒否後の有給休暇

有給休暇 2017年03月16日

事業所の業績悪化により、職員に他の事業所への異動辞令を発令しました。同じ市内の事業所間の異動ではあるものの距離は少し離れており、異動は受け入れられないと退職の意向を示しました。しかしながら、退職日を異動の日の前日とした場合、退職日まで...

有給休暇について

有給休暇 2017年02月18日

去年の11月末で会社を退社したのですが、そのさいに残りの有給休暇を消化したいと申し出たのですが、数日しか使わせてもらえませんでした。 これは、違反には、ならないのでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     年次有給休暇を取得した際の賃金は、(1)「通常の賃金」、(2)「平均賃金」、もしくは健康保険法の(3)「標準報酬日額」のいずれかによって決められます(労働基準法39条7項)。



     ですので、まずは相談者の登録されている派遣会社が上記賃金のどれに基づいて年次有給休暇の賃金を決めているかを確認してみてください(一定規模の会社であれば就業規則や労使協定で定められているはずです)。



     仮に(2)「平均賃金」を基に算定されている場合、その平均賃金は、(a)算定すべき事由の発生した日以前3ヶ月間にその労働者に対し支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額をいうとされています(同法12条柱書き、原則)。

     ただし、その金額は、賃金が、労働した日若しくは時間によって算定され、又は出来高払制その他の請負制によって定められた場合においては、(b)賃金の総額をその期間中に労働した日数で除した金額の60%を下回ってはならないとされています(同条1項、平均賃金の最低保障)。



     そして、原則で算定した額(a)と平均賃金の最低保障で算定した額(b)のどちらか高い方が「平均賃金」となります。



    例えば、相談者が2011年4月から6月まで週5日勤務で1カ月あたり20万円を支払われていた場合(労働日数61日)、原則(a)によると

    20万円×3ヶ月÷91日=約6593円

    が平均賃金となります。



    他方、平均賃金の最低保障(b)によると

    20万円×3ヶ月÷61日×60%=約5901円

    が平均賃金となります。



     ですので、この場合原則(a)の方が「平均賃金」となります。



     上記と異なり、実際に働いた日数が少ない場合には平均賃金の最低保障(b)の方が相談者にとって有利になる場合もあります。



     したがって、まず年次有給休暇を取得した際の賃金の算定が上記(1)~(3)のいずれであるかを確認し(おそらく(2)「平均賃金」であると考えられます)、つぎに、相談者において「平均賃金」の算出をしてみてください。



     派遣会社は、平均賃金の最低保障での算定(b)を提示していると思われるので、仮に原則での算定(a)の方が高い場合は、原則による算定での賃金を要求してみてください。

2014年01月07日

有給休暇に強い弁護士

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

ビジネス街にある駅近の法律会計事務所です。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ