有給休暇は半年で取得できるというけれど・・・試用期間の3カ月はカウントされるの?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 三月の半ばから働き始めて九月いっぱいで辞めるのですが、最初の三ヶ月間は試用期間でした。この場合、私は有給休暇を使用することはできるのでしょうか?上司には社員になってから半年後に使えるものだと言われたのですけど...


(年齢不詳:性別不明)

関連Q&A

異動辞令拒否後の有給休暇

有給休暇 2017年03月16日

事業所の業績悪化により、職員に他の事業所への異動辞令を発令しました。同じ市内の事業所間の異動ではあるものの距離は少し離れており、異動は受け入れられないと退職の意向を示しました。しかしながら、退職日を異動の日の前日とした場合、退職日まで...

有給休暇について

有給休暇 2017年02月18日

去年の11月末で会社を退社したのですが、そのさいに残りの有給休暇を消化したいと申し出たのですが、数日しか使わせてもらえませんでした。 これは、違反には、ならないのでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     有給休暇(年次有給休暇)は、労働基準法(第39条)で定められている労働者の権利です。

     使用者は、その雇入れの日から起算して6箇月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない(労働基準法第39条第1項)とされています。

     この「雇入れの日から起算して6箇月間継続勤務」とは、試用期間も含めて6ヶ月間の継続勤務を指します。

     試用期間とは、労働契約は成立しているものの、不適性等が判明した場合に解約権を行使するという解約権が留保された労働契約です(三菱樹脂事件、最判昭和48年12月12日)。

     つまり、試用期間と本採用後の違いは解雇の取り扱いだけで、社員として勤務していることには変わりがないのです。試用期間から、雇用保険や健康保険・厚生年金保険に加入させられていることからもこの取り扱いが説明できます。

     ですので、相談者は(仮)採用された日から6ヶ月間経過した時点で年次有給休暇を試用することができます。

2014年01月07日

有給休暇に強い弁護士

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

まずは,お気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ