有給休暇は半年で取得できるというけれど・・・試用期間の3カ月はカウントされるの?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 三月の半ばから働き始めて九月いっぱいで辞めるのですが、最初の三ヶ月間は試用期間でした。この場合、私は有給休暇を使用することはできるのでしょうか?上司には社員になってから半年後に使えるものだと言われたのですけど...


(年齢不詳:性別不明)

関連Q&A

有給休暇について質問です

有休休暇 2016年12月02日

私は今の会社に勤めて3年近く経ちますが 有給休暇は何年働いても出る事はないそうです。 会社の上の人と直接話しが出来ることはまずないので 確認した事はないのですが店の店長によるとそうらしいのです。 しかし、給料明細の欄にはしっかりと有休...

嘱託職員の休暇はどう扱われる?

有休休暇 2016年05月17日

嘱託社員は公休日以外休日をとってはいけないのでしょうか? (40代:女性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     有給休暇(年次有給休暇)は、労働基準法(第39条)で定められている労働者の権利です。

     使用者は、その雇入れの日から起算して6箇月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない(労働基準法第39条第1項)とされています。

     この「雇入れの日から起算して6箇月間継続勤務」とは、試用期間も含めて6ヶ月間の継続勤務を指します。

     試用期間とは、労働契約は成立しているものの、不適性等が判明した場合に解約権を行使するという解約権が留保された労働契約です(三菱樹脂事件、最判昭和48年12月12日)。

     つまり、試用期間と本採用後の違いは解雇の取り扱いだけで、社員として勤務していることには変わりがないのです。試用期間から、雇用保険や健康保険・厚生年金保険に加入させられていることからもこの取り扱いが説明できます。

     ですので、相談者は(仮)採用された日から6ヶ月間経過した時点で年次有給休暇を試用することができます。

2014年01月07日

有休休暇に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ