勤め先で急に有給休暇が廃止された!許される?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 十年前に職安を通して会社に入ったときには有給休暇があったのに、最近、会社側が有給休暇をなしにしましたと言ってきました。職安を通して入っているのに勝手に有給休暇をなしにできるのですか?!また、このことを職安に言って注意してもらえますか。



(40代:男性)

関連Q&A

有給休暇について質問です

有休休暇 2016年12月02日

私は今の会社に勤めて3年近く経ちますが 有給休暇は何年働いても出る事はないそうです。 会社の上の人と直接話しが出来ることはまずないので 確認した事はないのですが店の店長によるとそうらしいのです。 しかし、給料明細の欄にはしっかりと有休...

嘱託職員の休暇はどう扱われる?

有休休暇 2016年05月17日

嘱託社員は公休日以外休日をとってはいけないのでしょうか? (40代:女性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     年次有給休暇は、下記の要件を満たした労働者に対し法律上当然に成立する権利です(労働基準法39条1項、2項)。




    1. 初年度は6ヶ月、次年度からは1年間の継続勤務

    2. それらの期間の全労働日の8割以上出勤していること


     従って、上記要件を満たしている以上、有給休暇を取得できますし、ましてや会社が有給休暇制度を廃止することはできません。
    一般的に有給休暇を使用する際には、会社に対し有給休暇を申請するというかたちになっていますが、法律上、その行為は労働者による休暇日の指定にすぎず、会社に休暇の許可を得るというものではないのです。



     したがって、相談者としては会社がなんと言っていても有給休暇を使用することができます。仮に、有給休暇を使用したことによって、会社から何らかの不利益を受けた場合には、労働基準監督署に通報し行政から是正してもらうとよいでしょう。
    なお、職安(公共職業安定書)とは、求職者には就職(転職)についての相談・指導、適性や希望にあった職場への職業紹介、雇用保険の受給手続きを、雇用主には雇用保険、雇用に関する国の助成金・補助金の申請窓口業務や、求人の受理などのサービスを提供する機関です。したがって、職安は雇用主に対する取締、規制は業務として行っていません。

2014年01月07日

有休休暇に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ