嘱託職員の休暇はどう扱われる?

User image 1 Legalus編集部さん 2016年05月17日

 嘱託社員は公休日以外休日をとってはいけないのでしょうか?



(40代:女性)

関連Q&A

異動辞令拒否後の有給休暇

有給休暇 2017年03月16日

事業所の業績悪化により、職員に他の事業所への異動辞令を発令しました。同じ市内の事業所間の異動ではあるものの距離は少し離れており、異動は受け入れられないと退職の意向を示しました。しかしながら、退職日を異動の日の前日とした場合、退職日まで...

有給休暇について

有給休暇 2017年02月18日

去年の11月末で会社を退社したのですが、そのさいに残りの有給休暇を消化したいと申し出たのですが、数日しか使わせてもらえませんでした。 これは、違反には、ならないのでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     嘱託社員とは、業務を委託された社員のことで、一種の契約社員のことです。嘱託職員といわれるのは、(1)医師や弁護士を嘱託とする場合、(2)定年退職後の社員を続けて嘱託とする場合の二つの場合がほとんどを占めます。



     (1)の場合は、労働基準法等の労働法の適用はありませんが、(2)の場合には労働法の適用があります。

     もちろん、(2)のように再雇用ではなく単に嘱託社員という名目で初めてその会社に雇われる場合も労働法の適用があります。

     ですので、嘱託社員として雇われている場合であっても法定の要件を満たせば年次有給休暇を取る権利を取得します。

     法定の用件とは、(1)初年度は6ヶ月、次年度からは1年間の継続勤務、(2)それらの期間の全労働日の8割以上出勤していることです。



     なお、勤務先に契約社員用の就業規則が設けられている場合には、契約社員用の就業規則が適用されることになります。なければ、正社員と同じ就業規則が適用されます。

     一度、勤め先の就業規則を調べられてはいかがでしょうか。

2016年05月17日

有給休暇に強い弁護士

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ