運営会社が新会社になった場合、前の会社での有給休暇はどうなるの?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 友人の事について相談があります。友人は保育園に勤務しています。フルタイム勤務、4週6休でシフト制です。
 その保育園が経営困難により、経営者が変わることになり、新しい責任者より、「これまでの有給休暇については、会社自体が変わるので、全部抹消されます。そうしたくなければ、6月中に消化してください」と説明があったそうです。
 友人曰く、保育士1人あたり10日ほど有給を持っているのですが、持ち回りで休むにしても、上記のような勤務体制で6月中に有給を使い切るのにはムリがあるので、友人も有給休暇について「諦める」と言っています。
 運営会社が代わると有給休暇は引き継がれないものなのでしょうか。



(40代:女性)

関連Q&A

異動辞令拒否後の有給休暇

有給休暇 2017年03月16日

事業所の業績悪化により、職員に他の事業所への異動辞令を発令しました。同じ市内の事業所間の異動ではあるものの距離は少し離れており、異動は受け入れられないと退職の意向を示しました。しかしながら、退職日を異動の日の前日とした場合、退職日まで...

有給休暇について

有給休暇 2017年02月18日

去年の11月末で会社を退社したのですが、そのさいに残りの有給休暇を消化したいと申し出たのですが、数日しか使わせてもらえませんでした。 これは、違反には、ならないのでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     年次有給休暇を含む労働契約が旧会社から新会社へ承継されるかについては、どのような形態で新会社へ経営が引き継がれたかで結論が変わります。

     まず、会社合併により新会社が旧会社の事業を承継した場合には、債権債務の包括継承がされるので労働関係も合併後の会社に当然継承され、勤務関係も継続することになります(昭和23年1月25日基収発第168号)。つまり、年次有給休暇も引き継がれます。

     次に、営業譲渡契約により新会社が旧会社の事業を承継した場合には、判例・学説も当然に承継するかどうかについて見解が分かれています。個別具体的事案により結論が変わるところのようですが、基本的には合併と異なり当然には債権債務の継承はなされず、従業員との労働契約は個別に契約を結ぶところによると考えるようです。

     最後に、会社分割により会社が旧会社の事業を承継した場合についてですが、この場合に労働契約が承継されるかどうかは、基本的には分割計画書等の定めによります。もっとも、会社分割に伴う労働契約の承継等に関する法律(労働契約承継法)により、一定の場合には労働者に異議申し出の権利が認められています。労働契約承継法によると、承継される事業に主として従事する労働者は、事業と一緒に承継されるのが原則であり、労働契約が承継されないと扱われた場合には、異議申し出が可能となります。

     今回の場合、保育事業に従事する労働者つまり保育士は保育事業と一緒に新会社へ承継されるのが原則であり、有給休暇が承継されないと扱われた場合には、異議申し出が可能となります。

     ですので、今回の保育事業の承継が営業譲渡契約によるものでない限り、年次有給休暇を含む労働契約も承継されることになりますので、一度、新しい経営者にどのような形態で事業を承継したかを確認されてみてはどうでしょうか。

     なお、合併や会社分割の場合に会社は、当該契約や計画に関する書面をこれらの効力が発生する日から半年間本店に備え置かなければならず(会社法782条1項1号791条1項803条1項2号)、債権者からの閲覧請求に応じなければなりません。

2014年01月07日

有給休暇に強い弁護士

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ