有給休暇の買い上げは認められるのか?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 会社が、有給休暇を買い上げると言いだしました。
 その理由として、有給休暇を取らない人は、取った人よりがんばっているのだから、それに報いるためとあります。
 そもそも、有給休暇は社員の権利であり、取ってもがんばっていないと評価される筋合いのものではないと思います。
 以前より、有給休暇に対して否定的な風土があり、ほとんど未消化で捨てている現状があり、今回の措置に非常に疑問を抱いています。
 有給休暇の買い上げは認められるのでしょうか?

(30代後半:男性)

関連Q&A

異動辞令拒否後の有給休暇

有給休暇 2017年03月16日

事業所の業績悪化により、職員に他の事業所への異動辞令を発令しました。同じ市内の事業所間の異動ではあるものの距離は少し離れており、異動は受け入れられないと退職の意向を示しました。しかしながら、退職日を異動の日の前日とした場合、退職日まで...

有給休暇について

有給休暇 2017年02月18日

去年の11月末で会社を退社したのですが、そのさいに残りの有給休暇を消化したいと申し出たのですが、数日しか使わせてもらえませんでした。 これは、違反には、ならないのでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     労働基準法で認められている有給休暇は、労働者に休養を与えるための制度ですから、有給休暇に労働することを条件として使用者が割増金やその他の手当を支給すること(いわゆる有給休暇の買い上げ)はできません。また、労働者の側から買い上げを要求することもできません。
     有給休暇の買い上げを認めると、労働者が有給休暇を取らなくなり、労働基準法が労働者の健康・安全を確保するために有給休暇を認めた趣旨に反するからです。
     厚生労働省の通達でも、「買い上げの予約をし、これに基づいて労基法39条の規定により請求し得る有給休暇の日数を減じたり与えないことは39条違反となる」とされています。

     ただし、例外がいくつか認められます。
     まず、使用者が労働基準法で認められている日数以上の有給休暇を認めている場合、その超えた日数部分を買い上げても違法とはなりません。
     また、消滅時効(2年間)や退職時などに消滅した分の有給休暇を買い上げることも違法とはなりません。
     いずれも、労働基準法が定めた最低ラインと比べ、労働者にとって有利となるためです。

2014年01月07日

有給休暇に強い弁護士

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ