有給休暇の買い上げは認められるのか?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 会社が、有給休暇を買い上げると言いだしました。
 その理由として、有給休暇を取らない人は、取った人よりがんばっているのだから、それに報いるためとあります。
 そもそも、有給休暇は社員の権利であり、取ってもがんばっていないと評価される筋合いのものではないと思います。
 以前より、有給休暇に対して否定的な風土があり、ほとんど未消化で捨てている現状があり、今回の措置に非常に疑問を抱いています。
 有給休暇の買い上げは認められるのでしょうか?

(30代後半:男性)

関連Q&A

有給休暇について質問です

有休休暇 2016年12月02日

私は今の会社に勤めて3年近く経ちますが 有給休暇は何年働いても出る事はないそうです。 会社の上の人と直接話しが出来ることはまずないので 確認した事はないのですが店の店長によるとそうらしいのです。 しかし、給料明細の欄にはしっかりと有休...

嘱託職員の休暇はどう扱われる?

有休休暇 2016年05月17日

嘱託社員は公休日以外休日をとってはいけないのでしょうか? (40代:女性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     労働基準法で認められている有給休暇は、労働者に休養を与えるための制度ですから、有給休暇に労働することを条件として使用者が割増金やその他の手当を支給すること(いわゆる有給休暇の買い上げ)はできません。また、労働者の側から買い上げを要求することもできません。
     有給休暇の買い上げを認めると、労働者が有給休暇を取らなくなり、労働基準法が労働者の健康・安全を確保するために有給休暇を認めた趣旨に反するからです。
     厚生労働省の通達でも、「買い上げの予約をし、これに基づいて労基法39条の規定により請求し得る有給休暇の日数を減じたり与えないことは39条違反となる」とされています。

     ただし、例外がいくつか認められます。
     まず、使用者が労働基準法で認められている日数以上の有給休暇を認めている場合、その超えた日数部分を買い上げても違法とはなりません。
     また、消滅時効(2年間)や退職時などに消滅した分の有給休暇を買い上げることも違法とはなりません。
     いずれも、労働基準法が定めた最低ラインと比べ、労働者にとって有利となるためです。

2014年01月07日

有休休暇に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ