年次有給休暇の買い上げ

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時12分

 昨年夏から傷病で休職していましたが、今度3月末日、契約期間満了により退職しました。その時点で有給休暇が34日残っていましたので会社に「買い上げ」を求めたところ、断られてしまいました。
 なぜ有給休暇が残ったのかというと、総務係長の勧めがあったからです。休職するとき年休を取るか傷病手当をもらうかどちらがいいのか自分では判断がつかなかったので、総務係長に聞いてみることにしました。すると「傷病手当を先にもらった方が絶対有利だ」ということでしたので、勧められた通り年休を使わなかったのです。
 ところがそれを主張しても、「それは自分の選択ミスだ」とあしらわれました。このような場合、会社は買い上げに応じる義務があるのではないでしょうか?

(30代:女性)

匿名弁護士

     有給休暇とは、労働者が6か月以上会社で働いていて、かつ労働日の8割以上出勤したとき当然に生じる(労働基準法39条)ものです。これは労働者の権利であり、請求によって生じるものではありません。
     同法には、労働者の年次有給休暇請求権の有効期間も規定されています。それによると、請求権の時効は2年間で(同法115条)、その期間内なら、労働者は原則として自由にこの制度を利用することができます。

     「本来働くべき日(所定労働日)に休んでも、一定の日数は働いたものとして給料が支給される」という有給休暇は、本来、労働者の福利厚生を充実させる目的で設けられたものです。したがって、現実に休暇が取得され、実効的に活用されてこそ意味があります。
     このような趣旨から、有給休暇の買い上げは、法では定められていないので、労働者から使用者に強制できるものではありません。したがって、就業規則などに特に定められていない限り、できないと考えます。ただし、退職日がせまり有給を取得する日数がない場合などに使用者が任意で買い上げることは、禁じられていません。

     「総務係長の勧めに従っただけ」ということですが、脅迫的言動で強制を受けたような特別な場合でない限り、傷病手当の支給を無効にし、その上で「買い上げ」を求めることはできないと考えます。

2014年01月07日 04時12分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

有給休暇の持ち越しの日数制限は会社の就業規則で決めてもいいものなのでしょうか?

有給休暇 2017年07月18日

有給休暇の次年度繰越についておたずねします。 当方の会社では就業規則により、当年の有給休暇が残っていた場合でも 次年度は、次年度の付与分とあわせて20日分までしか使用できず残りは破棄されています。 そのため毎年何日か未消化のままなくな...

追突事故により休んだ分は有給休暇取得に影響が出ますか?

有給休暇 2017年06月27日

現在の会社に入社して約1年経ちます。 有給休暇の発生についてですが、入社半年後10日間付与。ただし出勤率が80%以上の場合に限るとあります。 その間に業務中に追突事故を起こされ約1ヵ月半仕事を休みました。またきちんと調べていないのでわ...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

有給休暇に強い弁護士

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

【吹田市】JR吹田駅中央口すぐ

ページ
トップへ