年次有給休暇の買い上げ

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時12分

 昨年夏から傷病で休職していましたが、今度3月末日、契約期間満了により退職しました。その時点で有給休暇が34日残っていましたので会社に「買い上げ」を求めたところ、断られてしまいました。
 なぜ有給休暇が残ったのかというと、総務係長の勧めがあったからです。休職するとき年休を取るか傷病手当をもらうかどちらがいいのか自分では判断がつかなかったので、総務係長に聞いてみることにしました。すると「傷病手当を先にもらった方が絶対有利だ」ということでしたので、勧められた通り年休を使わなかったのです。
 ところがそれを主張しても、「それは自分の選択ミスだ」とあしらわれました。このような場合、会社は買い上げに応じる義務があるのではないでしょうか?

(30代:女性)

匿名弁護士

 有給休暇とは、労働者が6か月以上会社で働いていて、かつ労働日の8割以上出勤したとき当然に生じる(労働基準法39条)ものです。これは労働者の権利であり、請求によって生じるものではありません。
 同法には、労働者の年次有給休暇請求権の有効期間も規定されています。それによると、請求権の時効は2年間で(同法115条)、その期間内なら、労働者は原則として自由にこの制度を利用することができます。

 「本来働くべき日(所定労働日)に休んでも、一定の日数は働いたものとして給料が支給される」という有給休暇は、本来、労働者の福利厚生を充実させる目的で設けられたものです。したがって、現実に休暇が取得され、実効的に活用されてこそ意味があります。
 このような趣旨から、有給休暇の買い上げは、法では定められていないので、労働者から使用者に強制できるものではありません。したがって、就業規則などに特に定められていない限り、できないと考えます。ただし、退職日がせまり有給を取得する日数がない場合などに使用者が任意で買い上げることは、禁じられていません。

 「総務係長の勧めに従っただけ」ということですが、脅迫的言動で強制を受けたような特別な場合でない限り、傷病手当の支給を無効にし、その上で「買い上げ」を求めることはできないと考えます。

2014年01月07日 04時12分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

退職時の有給扱いについて教えてください。

有給休暇 2018年01月19日

定年になってから毎年更新契約していた従業員ですが、日頃から勤務態度が悪く思い余った社長が契約解除を申し入れました。 契約書には「業務に不適当と認めた場合は雇用期間内に契約を解除する」との記述もあります。 解除を言い渡された社員は、直ぐ...

有給休暇はリセットできますか?

有給休暇 2018年01月12日

平成14年5月入社、勤務年数16年目に入ります。 先日会社側から有給休暇の計算が面倒だから1度リセットしたいと言われました。 それに伴い今年1月から繰り越し無しで新たに20日間の有給休暇を付与します、と。 勤務して6.5年以降からは毎...

パートで保育士をしています。毎年4月になると有給休暇を0日に戻され、10月まで付与されません。

有給休暇 2018年01月12日

パートで保育士をしています。 今の職場に勤め始めて7年ほど(途中、出産・育児で1年ほど離職した時期もあります)ですが、毎年4月になると再契約のため履歴書を再提出させられ、有給休暇を0日に戻され、10月まで付与されません。 ※勤続1年目...

アルバイトでも有給休暇はもらえるのか

有給休暇 2018年01月05日

私はとあるスーパーでアルバイトをしているのですが、アルバイトにも社員と同様にある一定の条件を満たせば有給休暇をもらえると聞きました。 ですが、いろいろなサイトなどをみてみると週4日の4時間労働と決まった曜日に決まった時間働いてるからみ...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

有給休暇に強い弁護士

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】日本一背の高い弁護士がバスケットで培ってきた、体力・精神力を活かして...

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

【初回法律相談料無料】まずはお気軽にご相談ください。じっくりお話しをお聞きし、最適な解決案をご案内いたします。

【初回相談無料】【分割払いあり】【後払いあり】【電話相談可】【メール相談可】【土日祝相談可】【夜間相談可】

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

◆相談料無料◆夜間/土日相談可(要予約) まずは、ご相談ください。最善の解決に向けて全力でサポートいたします。

ページ
トップへ