年末年始の会社休業日を有給休暇扱いにしてもいいの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時12分

 会社が決めた全社的な年末年始休業日(12月29日から1月5日)を休んだところ、土日と祭日(1月1日)以外の日数を有給休暇扱いにされて、有給休暇日数が減らされてしまいました。それは合法でしょうか?

(50代:男性)

匿名弁護士

     年次有給休暇は労働者の権利ですから、使用者の時季変更権による制約は受けますが、いつ取得するかは原則として労働者の自由です(労働基準法39条4項)。

     もっとも、年次有給休暇の計画的付与制度が導入されている場合は、使用者はその定めに従って有給休暇を与えることができます(同法39条5項)。
     この制度は、有給休暇が認められていても、実際にはなかなか行使できないことから設けられたもので、この場合、労働者の時季指定権も使用者の時季変更権も行使できないとされています。

     具体的には、有給休暇のうち5日を超える部分について、労働者の過半数で組織する労働組合または労働者の過半数を代表する代表者と書面による協定を結ばれた場合に有給休暇の計画的付与が認められます。
     その書面には、計画的付与の対象者(あるいは対象から除く者)、対象となる年次有給休暇の日数、計画的付与の具体的な方法などを定める必要があります。

     以上より、あなたの会社でこのような協定が結ばれている場合には、全社的な年末年始休業日の一部を有給休暇でまかなうことも合法ということになります。
     逆に、就業規則に休日として定められている日(所定休日)を勝手に有給休暇扱いにすることは許されませんから、まずは就業規則を確認されることをおすすめします。

2014年01月07日 04時12分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

有給休暇の持ち越しの日数制限は会社の就業規則で決めてもいいものなのでしょうか?

有給休暇 2017年07月18日

有給休暇の次年度繰越についておたずねします。 当方の会社では就業規則により、当年の有給休暇が残っていた場合でも 次年度は、次年度の付与分とあわせて20日分までしか使用できず残りは破棄されています。 そのため毎年何日か未消化のままなくな...

追突事故により休んだ分は有給休暇取得に影響が出ますか?

有給休暇 2017年06月27日

現在の会社に入社して約1年経ちます。 有給休暇の発生についてですが、入社半年後10日間付与。ただし出勤率が80%以上の場合に限るとあります。 その間に業務中に追突事故を起こされ約1ヵ月半仕事を休みました。またきちんと調べていないのでわ...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

有給休暇に強い弁護士

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

交通事故の被害に遭われた方を徹底的にサポートします。

お話ししやすい雰囲気の中で、ご依頼者様のお話をじっくりとお聞きします。

ページ
トップへ