退職に伴う有休消化中のアルバイト

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 3月末で退職の予定です。有給休暇の残日数が30日ほどあるので、退職前に全て消化しようと考えており、会社からも承認を得ています。
 有給休暇が1ヶ月もありますので、その間に短期のアルバイトをしたいと思っているのですが、会社の就業規則では兼業を禁止しています。
 無断でアルバイトをし、それがばれてしまった場合、退職届を提出し退職日が決まっていても懲戒解雇されてしまうことがあるのでしょうか?
 また、懲戒解雇まではされなくても、アルバイトを理由に退職金が減額されてしまうことはあるのでしょうか?

(20代:女性)

関連Q&A

異動辞令拒否後の有給休暇

有給休暇 2017年03月16日

事業所の業績悪化により、職員に他の事業所への異動辞令を発令しました。同じ市内の事業所間の異動ではあるものの距離は少し離れており、異動は受け入れられないと退職の意向を示しました。しかしながら、退職日を異動の日の前日とした場合、退職日まで...

有給休暇について

有給休暇 2017年02月18日

去年の11月末で会社を退社したのですが、そのさいに残りの有給休暇を消化したいと申し出たのですが、数日しか使わせてもらえませんでした。 これは、違反には、ならないのでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     会社と労働者は雇用契約を結んでいますが、雇用契約は原則として就業時間についてのみ拘束力を持つのであり、決して労働者の自由時間の使い方までを全て規制できるものではありません。
     にもかかわらず、兼業禁止規定については多くの会社が定めをおいています。理由としては、兼業により、本来労働者の健康管理に配慮して定められている休暇の意味がなくなってしまうこと、会社の信用保持が懸念されること、などが挙げられています。
     判例は、兼業禁止規定について合理性を否定していませんが、適用範囲については限定的に解釈する態度を取っています。つまり、仕事に影響がなく、会社の職場秩序を乱さない程度の兼業は就業規則違反とならない、と解しているのです。

     このような判断基準からすると、退職を前提とした1ヶ月の休暇中にするアルバイトは認められる可能性が高いと思われます。その場合、兼業禁止規定違反を理由として懲戒解雇、退職金の減額をすることは、権利の濫用にあたり、許されません。
     しかし、職種によっては会社の信用保持の点で問題が生じる可能性もありますから、注意してください。
     会社の許可がもらえるなら、それが一番問題の起きない方法だと思われます。

2014年01月07日

有給休暇に強い弁護士

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。弁護士があなたのお悩みを解決します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ