退職直前に付与された有給休暇は全て使えない!?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時08分

 5月末で退職します。一昨年の10月10日に入社して、4月10日に有給休暇が11日付与されています。上司に相談したところ、4月10日に付与された有給休暇については、すべては使えず、1年間の出勤した日数によって、算出するといわれました。


 1年6ヶ月勤続すれば、付与され、途中で退職しても使えるものではないのでしょうか


(30代:男性)

匿名弁護士

 有給休暇は、(1)6ヶ月間継続勤務し、(2)全労働日の8割以上出勤した労働者について、採用後満6ヶ月に達した日の翌日に10労働日(その後毎年1日ずつ増加)の年休権が発生する、という制度です(労働基準法第39条)。


 ですから、あなたが入社1年6ヶ月後である4月10日に付与された有給休暇11日間は、あなたが考えていらっしゃる通り、4月10日時点で完全に11日間発生し、その後あなたがいつ退職しようが、日割りなどにする必要は無く、退職までの間に、自由に全てを消化することができます。

 有給休暇は、過去の労働に対する「ご褒美」であり、今後の労働に対する「期待」では無い、とも言えます



 そして、有給休暇は、労働者が希望する日に取得できるのが原則です。

 ただ、労働者が一斉に有給休暇を申請した場合など、いついかなる場合も労働者の希望だけを聞いていたのでは、会社としても色々と不都合が生じます。

 そこで、労働者の希望する日に有給休暇を与えることが「事業の正常な運営を妨げる場合」に限り、会社はその日に有給休暇を与えなくても良いとされています(時季変更権の行使労働基準法第39条4項)。



 もっとも、時季変更権の行使には、「他の時季に有給休暇を与える」可能性の存在が前提となります。

 そこで、労働者が退職時に未消化年休を一括時季指定する場合には、「他の時季に有給休暇を与える」可能性が無いので、争い有るところですが、一般的には、時季変更権を行使できないと考えられています。



 いずれにせよ、今年の4月10日以降の出勤日数により、既に4月10日に発生した有給休暇の効力が左右されることはありません。

2014年01月07日 04時08分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

前の勤務先の有給を今の勤務先の契約内容で計算されていることについて

有給休暇 2018年10月14日

勤めていた勤務先が閉店することになり、本社が経営する別の勤務先を斡旋してもらいそちらで働くこととなりました。 閉店した勤務先での雇用形態はアルバイトでしたが有給が発生していたのでそちらを消化したのち、新しい勤務先で勤務することとなりま...

仕事を辞める前に 有給休暇を取りたいのですが 前年分も取れるのでしょうか 取れるとして連続で全ての日数を消化できるのでしょうか

有給休暇 2018年10月08日

アルバイトで十数年勤め 月200時間程働いておりますが 連続12時間は勤務 出勤時間が週3回昼の勤務、夜の勤務と変わり 休みも週一回が一か月以上続くなどで 体調不良になり 会社に診断書だし 勤務時間の固定を申請しましたところ 休みを週...

会社年間スケジュールの直前の変更と有給休暇について

有給休暇 2018年09月12日

会社の年間スケジュールは、「18年4月〜19年3月」のものが、18年の3月中に発表されます。私はそれを見て、自分の有給休暇の残数を割り振って休みたい日に届けを出していました。 ですが今月、棚卸しの関係で年間スケジュールで休みだった24...

退職予定月が有給付与月の場合の申請方法

有給休暇 2018年08月24日

退職を決めた場合の有給申請についてです。 9月中に退職を申し出、9月末は 今残数の有給消化に当てようと思っております。 10月に新たに有給が11日付与される為、土日祝を除いた11日を使い、10/16火を退職日としたいのですが、この10...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

Go To Top Html