退職直前に付与された有給休暇は全て使えない!?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時08分

 5月末で退職します。一昨年の10月10日に入社して、4月10日に有給休暇が11日付与されています。上司に相談したところ、4月10日に付与された有給休暇については、すべては使えず、1年間の出勤した日数によって、算出するといわれました。


 1年6ヶ月勤続すれば、付与され、途中で退職しても使えるものではないのでしょうか


(30代:男性)

匿名弁護士

     有給休暇は、(1)6ヶ月間継続勤務し、(2)全労働日の8割以上出勤した労働者について、採用後満6ヶ月に達した日の翌日に10労働日(その後毎年1日ずつ増加)の年休権が発生する、という制度です(労働基準法第39条)。


     ですから、あなたが入社1年6ヶ月後である4月10日に付与された有給休暇11日間は、あなたが考えていらっしゃる通り、4月10日時点で完全に11日間発生し、その後あなたがいつ退職しようが、日割りなどにする必要は無く、退職までの間に、自由に全てを消化することができます。

     有給休暇は、過去の労働に対する「ご褒美」であり、今後の労働に対する「期待」では無い、とも言えます



     そして、有給休暇は、労働者が希望する日に取得できるのが原則です。

     ただ、労働者が一斉に有給休暇を申請した場合など、いついかなる場合も労働者の希望だけを聞いていたのでは、会社としても色々と不都合が生じます。

     そこで、労働者の希望する日に有給休暇を与えることが「事業の正常な運営を妨げる場合」に限り、会社はその日に有給休暇を与えなくても良いとされています(時季変更権の行使労働基準法第39条4項)。



     もっとも、時季変更権の行使には、「他の時季に有給休暇を与える」可能性の存在が前提となります。

     そこで、労働者が退職時に未消化年休を一括時季指定する場合には、「他の時季に有給休暇を与える」可能性が無いので、争い有るところですが、一般的には、時季変更権を行使できないと考えられています。



     いずれにせよ、今年の4月10日以降の出勤日数により、既に4月10日に発生した有給休暇の効力が左右されることはありません。

2014年01月07日 04時08分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

有給休暇の持ち越しの日数制限は会社の就業規則で決めてもいいものなのでしょうか?

有給休暇 2017年07月18日

有給休暇の次年度繰越についておたずねします。 当方の会社では就業規則により、当年の有給休暇が残っていた場合でも 次年度は、次年度の付与分とあわせて20日分までしか使用できず残りは破棄されています。 そのため毎年何日か未消化のままなくな...

追突事故により休んだ分は有給休暇取得に影響が出ますか?

有給休暇 2017年06月27日

現在の会社に入社して約1年経ちます。 有給休暇の発生についてですが、入社半年後10日間付与。ただし出勤率が80%以上の場合に限るとあります。 その間に業務中に追突事故を起こされ約1ヵ月半仕事を休みました。またきちんと調べていないのでわ...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

有給休暇に強い弁護士

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

ページ
トップへ