アルバイトでも有給休暇はあるのでしょうか?

User image 1 lu_9c3cec08さん 2017年11月14日 17時28分

私は今現在コンビニの夕、夜勤でアルバイトリーダーで週5日働いています。
店舗の経営に関する専従者の資格も取得しています。
現在勤務6年目なのですが、今月いっぱいで辞めることになりました。
このあいだ知り合いと話していた時に聞いたのですが、アルバイトでも有給休暇はあり、さらにその有給を消化していなければ退職時に買い取ってくれると聞きました。
アルバイトでも有給休暇が取れるなんて寝耳に水でした。
6年間有給休暇など取った記憶がありません。
退職日が迫っているのでできれば早く答えが欲しいです。
教えて頂けないでしょうか?

弁護士の佐久間篤夫です。年次有給休暇に関しては、労働基準法第39条に定められています。同条第1項は、「その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。」として、正社員の場合に6か月以上の期間所定労働日の8割以上勤務した場合には、10日間の有給休暇を与える義務を定めています。その後も正社員として継続勤務した場合の有給休暇日数については、同条第2項が定めていますが、さらに、同条第3項は、正社員よりも所定労働日数が少ないいわゆるパートタイム従業員(アルバイトも同じです)の場合も厚生労働省令が定める日数の有給休暇を与えることを求めています。その内容は文字で書くとわかりにくいので、以下の厚生労働省の解説ページをご覧ください。勤務先がアルバイトには有給休暇はないと言うようなら、このページを見せればよいでしょう。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyungyosei06.html

2017年11月14日 17時57分

あなたの場合は、勤務時間にもよりますが、15日間
有給がありそうですね。
有給があっても、買い取ってくれという権利はないので
話し合いになりますね。
休むか買い取ってもらえるか。
監督署が近ければ監督署に行って正確な日数を聞い
てみるのがいいですね。

2017年11月15日 10時32分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

15年間1日も有給を貰えない。買い上げして貰うには辞めて弁護士に頼むしか無いのか。

有給休暇 2017年09月24日

今の職場で働いて15年目になります。パートですがフルタイマーで8割以上出勤しているので、正社員同等の有給があるはずなのですが…1日も有給がある事も伝えてもらった事もありません。(入った当初は週4日勤務でしたが徐々に増えて週6日勤務にな...

有給休暇の持ち越しの日数制限は会社の就業規則で決めてもいいものなのでしょうか?

有給休暇 2017年07月18日

有給休暇の次年度繰越についておたずねします。 当方の会社では就業規則により、当年の有給休暇が残っていた場合でも 次年度は、次年度の付与分とあわせて20日分までしか使用できず残りは破棄されています。 そのため毎年何日か未消化のままなくな...

追突事故により休んだ分は有給休暇取得に影響が出ますか?

有給休暇 2017年06月27日

現在の会社に入社して約1年経ちます。 有給休暇の発生についてですが、入社半年後10日間付与。ただし出勤率が80%以上の場合に限るとあります。 その間に業務中に追突事故を起こされ約1ヵ月半仕事を休みました。またきちんと調べていないのでわ...

退職後の有給について教えてください。

有給休暇 2017年06月22日

こんにちは。退職後の有給について教えてください。 私は1年4ヶ月働いて、退職しました。有給についてまだ働いていた頃に会社に訪ねたことがあったのですが、 「取れるけど、結局みんな消化しきれないから」と軽く流されてしまいました。前に辞めた...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

有給休暇に強い弁護士

「親身な相談」と「適切な解決」を心がけ、全力で皆様のお悩みを解決できるよう努めております。問題解決に向けて丁寧...

じっくりお話しを伺い,共に解決を目指していきます。

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】日本一背の高い弁護士がバスケットで培ってきた、体力・精神力を活かして...

【あなたの悩みに寄り添います】”一人で悩む前に、相談してほしい”・・・そんな思いから<初回相談無料><夜間/土...

【初回法律相談40分無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

【初回法律相談無料】【24時間メール相談受付可能】【法科大学院講師】弁護士としての経験は11年目。依頼者に寄り...

ページ
トップへ