突然辞めたアルバイト店員に損害賠償請求できる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年04月15日 03時25分

 当方小さい(客数40名)居酒屋をやっております。 先日、当店で長期にわたり(1年以上)働き続けているアルバイト1名が、メール1通で『辞めます』とだけ送ってきて退職しました。そのため人手不足となり店がうまく回らず、お客様に多大な迷惑をおかけしました。怒って帰られるお客様もおられました。

 辞めたアルバイト店員は、1年以上も働いているので、一人のアルバイトが居なくなることで店が回せなくなるのは、十分に理解しているはずです。明確な被害額は分かりかねますが、何らかの損害賠償請求をする事は可能でしょうか。



(30代:男性)

匿名弁護士

     労働法規には労働者による労働契約の解約についての規定はありません。そこで、今回の様な場合には雇用契約の原則を規定している民法が適用されることになります。

     民法の規定によると期間の定めのない雇用契約の場合、特に理由がなくてもやめたいときにその旨を申し入れ、その2週間後に辞めることができます(民法627条1項

     アルバイトは期間の定めのない雇用契約にあたるので、民法627条1項が適用されると考えられます。

     今回の場合、アルバイト店員はメールで辞める旨を相談者に告げその後出勤しなかったとのことですので、相談者と当該アルバイト店員との間の雇用契約はその申し入れから2週間の間は存続していたことになります。つまり、メールが来てから2週間は有効な雇用契約が存続しているので、その期間当該アルバイト店員には労働する義務があったことになります。それにもかかわらず、出勤してこなかったのですから、当該アルバイト店員は雇用契約による労働義務を果たしていないことになります。

     したがって、相談者はこの2週間の間に彼が労働義務を違法に提供しなかったことによって生じた損害を請求することができます。

     ただし、損害額の算定及び労働義務の不履行と損害との因果関係の立証は困難であると考えられます。



     また、相談者がアルバイト店員に対して損害賠償請求できるとしても、この損害賠償と相談者がアルバイトに支払う(未払い分の)賃金とは相殺することはできません(関西精機事件 最判昭和31年11月2日)。

2015年04月15日 03時25分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

アルバイト先においての客からの暴力

パート・アルバイト 2017年07月12日

自分は、居酒屋でアルバイトをしている女子大生です。 先日、バイト先におきまして、11名の宴会の会計精算の通達をする際に誤った金額を提示してしまいました。すぐに正しい金額を提示したのですが、その宴会のある一人の男性の客に、さっきと違うな...

アルバイトなのに契約書にサインしてしまって辞められない!

パート・アルバイト 2017年07月06日

最初の契約で「いかなる理由があろうと辞めると意思表示してから3ヶ月は辞めることができない」という契約書にサインしてしまい辞められません。 辞めたい理由としては 1、学校が忙しく、学業に支障が出ると思ったため 2、店主が怖い(以前、3ヶ...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

パート・アルバイトに強い弁護士

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

いつも話しやすくフレンドリーでありたいと思っています

当事務所は、『身近な弁護士』をモットーに、ご依頼者様の目線で親切・丁寧・迅速な対応を行い、リーズナブルなご費用...

ページ
トップへ