パートタイマーに競業避止義務を課してもいいの?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 現在パートでスーパーのレジをしています。このスーパーの契約書に同業者の仕事は禁止と記載されています。もし同業者の仕事をしたら解雇されても仕方ないのでしょうか?



(40代:女性)

関連Q&A

割増賃金がない会社ってあるんですか?

パート・アルバイト 2017年04月25日

僕は週に1日、朝8時〜夕方6時半までアルバイトをしています。 休憩時間を引いて1日9時間半の時給をもらっているのですが、8時間以降の1時間半分に割増賃金がついていません。 このことを店長にきいてみたところ、「うちの会社は割増賃金がない...

アルバイトレジ金のマイナス

パート・アルバイト 2017年04月22日

初めまして現在アルバイトをしている学生です。 先日のアルバイトでお客様に多く金額を渡してしまいレジにマイナスが出てしまいました。 その時出勤してきた先輩にマイナスが出ていたことを伝えるとその場合は自分で支払わないといけない、マネージャ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     同業他社で就業しない義務を競業避止義務といいます。競業避止義務は、就業規則や雇用契約書において規定されることが多いです。競業避止義務違反は解雇とする旨の条項が無い場合には、競業避止義務に反したから即刻解雇ということはないと思われます。仮に解雇となった場合には、訴訟等の方法で雇い主に対してパートタイム従業員であることの地位確認請求をすることになります。



     競業避止義務は、会社のノウハウや人材などが同業他社に漏れることによって会社が不利益を被ることを防ぐという趣旨で設けられるものです。競業避止義務は被用者の職業選択の自由(憲法22条1項)を制約するものですので、公序良俗(民法90条)に反するものであってはなりません。裁判例において公序良俗に反するかどうかは、(1)従業員の地位・業務の性質、(2)ノウハウ等の要保護性、(3)勤続年数、(4)競業避止義務が課される期間、(5)代償措置の有無等を考慮要素として判断されることが多いようです。

    例えば、管理職で、高度の専門性を有するノウハウに触れていて、十分な報酬が支払われていたような場合には、公序良俗違反は認められにくいでしょう。他方、平社員で権限も低く、触れていた情報も特段保護に値しないものであり、基本給以外に何ら特別の手当も支払われていない場合には公序良俗違反は認められやすいでしょう。



     相談者の場合、パートタイム従業員ということですので、上記例でいうと後者の場合にあたるでしょう。ですので、相談者の勤めておられるスーパーのパートタイム従業員の雇用契約にある競業避止義務は公序良俗に反して無効となる可能性が高いといえます。無効と認められたならば、上記地位確認請求は認められるでしょう。
    したがって、仮に同業者の仕事をしていたことがスーパーの知るところとなり、解雇の話が出たとしても、上記の説明をすることで回避することができる可能性があります。ただ、実際に解雇されてしまった場合に、地位の確認請求をするのは費用も労力も要することですので、対応については考える必要があるでしょう。

2014年01月07日

パート・アルバイトに強い弁護士

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ