レジを締めた時に誤差が生じた場合、アルバイトが補填する必要があるか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年01月20日 18時22分

 ある牛丼チェーンに勤務している大学生です。先日、バイトをしていた時に、レジを締めたところ、現金が5000円足りませんでした。マネージャーに報告すると「レジを触っていたのはほとんどお前だから、お前が自腹で埋め合わせしろ」と言われ、盗んだと思われるのも嫌だったので全額支払いました。本来、これは払う必要があったのでしょうか?また、お金を取り戻すことはできるでしょうか?



(10代:男性)

匿名弁護士

     労働基準法16条では、「使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、または損害賠償額を予定する契約をしてはならない」と規定しています。

     ここで言う、不履行とは、簡単に言えば業務上のミスです。



     今回のケースでは、お客様の支払金額の授受は、アルバイトの業務に当然含まれる内容であり、これについてミスが有り、その結果レジに誤差が生じたということですから、法律上の労働契約上の不履行に合致すると考えられます。

     したがって、こうしたミスについて違約金を定めたり、損害賠償額を予定することなどはできないことになります。



     ご相談者様がアルバイトをされている牛丼チェーンのような大きな企業であれば、アルバイトについても就労の際に「アルバイト契約」として上記を踏まえた内容での契約がなされていると思われます。

     そのため、会社として誤差を支払えとは言えないものと考えられます。おそらく、マネージャーの独断で違算の請求がなされたのだと思われます。



     一方、だからといって、会社側がご相談者様に対して、業務上のミスに起因して会社に損害が生じた場合、損害賠償請求をすることは妨げられません。

     具体的には労働契約の債務不履行に基づく損害賠償請求(民法415条)という法的構成が考えられます。



     この法的構成においては、ご相談者様の不注意の有無、程度、ご相談者様の業務の内容や労働条件、レジの締め作業にどの程度責任があったか、使用者側の監督の度合いがどの程度であったかなどを総合的に判断して損害賠償請求が認められるかどうかを判断します。



     今回のケースであれば、ご相談者様が誠実にアルバイトをしていれば、不注意の程度に応じた金額の支払いのみにとどまり、全額の負担を強いられるような内容ではないと思われます。



     ただ、これはあくまで訴訟に発展した場合のお話です。

     これまで述べたように、基本的には補填の必要はないわけですから、マネージャーに相談して取り付く島がなければ、チェーンを統括している本部の労務担当や労働基準監督署などにご相談されてはいかがでしょうか。

     レジの誤差が生じた状況を振り返って、ご自身は誠実に業務を行っていた旨を説明し、補填した金額の返金をお願いするというのが妥当な解決への道ではないかと考えます。

2016年01月20日 18時22分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

不注意でアルバイト先の店のレジを壊してしまいました。

パート・アルバイト 2017年07月25日

先日、不注意でアルバイト先の店のレジを壊してしまいました。かろうじて使用できる状態なのですが、上司に報告した所未成年である私が修理費を支払うべきだと告げられました。 あくまでも故意ではないので刑法の器物損壊罪には当てはまらないと思うの...

アルバイト先においての客からの暴力

パート・アルバイト 2017年07月12日

自分は、居酒屋でアルバイトをしている女子大生です。 先日、バイト先におきまして、11名の宴会の会計精算の通達をする際に誤った金額を提示してしまいました。すぐに正しい金額を提示したのですが、その宴会のある一人の男性の客に、さっきと違うな...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

パート・アルバイトに強い弁護士

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

専門性と,丁寧なご説明をモットーにする弁護士です。

お話をじっくり聞き、より良い解決策をご提案します。

ページ
トップへ