働きすぎのパートタイマー

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年07月16日 19時40分

以前勤めていた職場に、基本的には1日7時間勤務なのですが、1か月のうち10日は8時間半労働で、月に2日~4日しか休まない(月27日勤務)女性パートタイマーの方がいました。このような働き方は、労働基準法にふれないのですか?


(40代:女性)

匿名弁護士

 「1週40時間・1日8時間」を越える部分の割増賃金が支払われていないのであれば、労働基準法に違反します。


 使用者は、労働者に、休憩時間を除いて、1週40時間を越えて労働させてはならず、かつ、1日8時間を越えて労働させてはならないとされています(労働基準法32条)。

 
これを超える労働をさせるときには、法所定の要件を満たさなければならず(1労働基準法上の要件を満たしていること(1)非常事由による時間外・休日労働(2)労使協定による時間外・休日労働、2契約上の根拠があること)、かつ、割増賃金を支払わなければなりません。

 
この「1週40時間・1日8時間」原則は、実際には週休2日制を念頭において定められたものですが、法律上は週休2日制にすることは要求されておらず、休日は週1回与えれば足ります(35条1項)。

 
そのため、1日6時間・週6日労働制とすることも、この原則には違反しません。逆に、週4日であっても1日9時間労働することは、「1日8時間」原則に違反します。この原則を越える部分は時間外労働になります。

 
なお、常時使用する労働者が10人未満の商業やサービス業では、特例として、法定労働時間が1週44時間・1日8時間とされています(労働基準法40条、労規則25条の2第1項)。


 ご相談の場合は、「基本的には1日7時間勤務だが、月10日が8時間半労働で、月に2日~4日しか休まない(月27日勤務)女性のパートタイマーの方」がいたとのことです。

 
まず、「月10日8時間半労働」をすることは、「1日8時間」原則に違反するので、この原則を越えている30分間は時間外労働になり、割増賃金が支払われる必要があります。

 
次に、「1日7時間」であっても、「月に2日~4日しか休まない」とのことなので、「1週40時間」を越えているのであれば、その越えた部分も時間外労働になり、割増賃金が支払われる必要があることになります。

2014年07月16日 19時40分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

バイト先の長時間拘束のシフトや連勤、問題はないのか

パート・アルバイト 2020年08月07日

飲食店でアルバイトとして勤務しています。 疑問に思う事があるので、法律的にはこれらの事が問題ないのか教えていただきたいです。 制服着用で出勤するように言われてるのですが、制服着用で出勤出来ない場合、近隣の飲食店やスーパーマーケットのお...

時間給の方がコロナの疑いで病欠されましたが、その期間の分の手当を請求されました。。。

パート・アルバイト 2020年06月04日

お世話になります。 時間給の方がコロナの疑いで病欠されましたが、その期間の分の手当を請求されました。 ノーワークノーペイと申し上げたところ、コロナ雇用調整助成金で払ってくださいとのこと。 この方は無断欠勤や遅刻、虚偽の理由での休み、別...

屈辱について

パート・アルバイト 2020年02月06日

私は、バートで個人病院の看護助手として働いています。 ここでは、清掃などあり、洗剤などの補充などの時、 理事に報告して買って来てもらいます。 いつも通り、お願いしたら、使い過ぎだの、 どのぐらい使うだの言われました。 私だけが使ってま...

時給は30分毎であることを理由に、25分間の残業代が支払われないことと、レジ違算金の支払いについて

パート・アルバイト 2020年01月25日

はじめまして。飲食店でアルバイト勤務をしている大学生です。この飲食店では外国人が厨房を担当しており、日本人がホールを担当しています。立場的にはアルバイトの日本人より、厨房の外国人の立場の方が偉い仕組みになっています。 質問させていただ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する