働きすぎのパートタイマー

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年07月16日 19時40分

以前勤めていた職場に、基本的には1日7時間勤務なのですが、1か月のうち10日は8時間半労働で、月に2日~4日しか休まない(月27日勤務)女性パートタイマーの方がいました。このような働き方は、労働基準法にふれないのですか?


(40代:女性)

匿名弁護士

     「1週40時間・1日8時間」を越える部分の割増賃金が支払われていないのであれば、労働基準法に違反します。


     使用者は、労働者に、休憩時間を除いて、1週40時間を越えて労働させてはならず、かつ、1日8時間を越えて労働させてはならないとされています(労働基準法32条)。

     
    これを超える労働をさせるときには、法所定の要件を満たさなければならず(1労働基準法上の要件を満たしていること(1)非常事由による時間外・休日労働(2)労使協定による時間外・休日労働、2契約上の根拠があること)、かつ、割増賃金を支払わなければなりません。

     
    この「1週40時間・1日8時間」原則は、実際には週休2日制を念頭において定められたものですが、法律上は週休2日制にすることは要求されておらず、休日は週1回与えれば足ります(35条1項)。

     
    そのため、1日6時間・週6日労働制とすることも、この原則には違反しません。逆に、週4日であっても1日9時間労働することは、「1日8時間」原則に違反します。この原則を越える部分は時間外労働になります。

     
    なお、常時使用する労働者が10人未満の商業やサービス業では、特例として、法定労働時間が1週44時間・1日8時間とされています(労働基準法40条、労規則25条の2第1項)。


     ご相談の場合は、「基本的には1日7時間勤務だが、月10日が8時間半労働で、月に2日~4日しか休まない(月27日勤務)女性のパートタイマーの方」がいたとのことです。

     
    まず、「月10日8時間半労働」をすることは、「1日8時間」原則に違反するので、この原則を越えている30分間は時間外労働になり、割増賃金が支払われる必要があります。

     
    次に、「1日7時間」であっても、「月に2日~4日しか休まない」とのことなので、「1週40時間」を越えているのであれば、その越えた部分も時間外労働になり、割増賃金が支払われる必要があることになります。

2014年07月16日 19時40分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

アルバイト先においての客からの暴力

パート・アルバイト 2017年07月12日

自分は、居酒屋でアルバイトをしている女子大生です。 先日、バイト先におきまして、11名の宴会の会計精算の通達をする際に誤った金額を提示してしまいました。すぐに正しい金額を提示したのですが、その宴会のある一人の男性の客に、さっきと違うな...

アルバイトなのに契約書にサインしてしまって辞められない!

パート・アルバイト 2017年07月06日

最初の契約で「いかなる理由があろうと辞めると意思表示してから3ヶ月は辞めることができない」という契約書にサインしてしまい辞められません。 辞めたい理由としては 1、学校が忙しく、学業に支障が出ると思ったため 2、店主が怖い(以前、3ヶ...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

パート・アルバイトに強い弁護士

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

刑事事件を主に取り扱っています。

依頼者のために最善を尽くしていきます

【阪急梅田徒歩3分】【初回相談無料】【離婚・不倫に強い】【女性弁護士が親身に対応】お気軽にお電話でご予約ください。

ページ
トップへ