弁護士コラム

パワハラ

Section banner labor

労働

新入社員がいじめで休職・・・会社が負う責任は? パワハラ 2018年02月26日

新卒社員が、社内研修で講師から厳しく指導されたことが原因で、精神的に不安定になってしまい、休職しているとき、会社はどのような責任を負うことになるのでしょうか。 会社が社員に負う安全配慮義務は、労働者の職種、労務内容、労務提供場所だけでなく、若年や未経験なども考慮して具体的内容が定まります。ですから、新卒社員であることは当然考慮されます。 そして、上司や...

職場におけるいじめ対策 パワハラ 2018年02月26日

日本が資本主義社会に到達してから長時間労働が解消されたときはないと言っても過言ではありません。しかし、それでも21世紀に至るまでは、年間の自殺者が3万人を超えたり(警察庁調べ)、精神障害等の労災請求件数が千件を超えたり(厚生労働省調べ)するといった事態には至りませんでした。 著名な電通過労自殺事件の最高裁判決(2000年3月24日)では長時間労働がクロ...

PC操作やITが苦手な人への嫌がらせ パワハラ 2018年02月06日

仕事に必要なパソコン作業が増える中で、それに対応できない社員への「テクハラ」が問題になってきています。テクハラとは、テクノロジーハラスメントまたはテクニカルハラスメントの略で、ITが苦手な人への嫌がらせをいいます。 職場のパワーハラスメントには、上司から部下へのいじめ・嫌がらせだけでなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して行われるものも...

「飲みニケーション」は職場に必要? パワハラ 2017年05月18日

まず、法的に言えば強制されるものではありません。 会社が必要と感じて業務命令を出せば、強制力は生じますが、その時は給料の支払いも必要です。 給料を出さずに、一方的に出席を求められても拒否は可能ですし、それで会社から不利益処分を下されれば争いうるでしょう。 また、昇進などにおいて、明示の条件にすることも許されないかと思います。 事実上の人間関係が昇進など...

ページ
トップへ