賭けランチの強要はパワハラにあたる?

User image 1 lu_c5638a86さん 2019年02月04日 10時04分

上司から、社内のある投票を予想して何が1位になるか賭けをしようと言われました。賭けるものはランチ代1回分です。
私はそのような賭けは好きではないため断りましたが、「いいじゃん」みたいな軽い感じで聞く耳を持ってくれません。

その後、予想の催促を口頭で2回ほどされメールも来ましたが、無視してなんとかやり過ごしました。
しかし、別の機会にまたゲームの勝敗でランチを賭けようと提案してきました。
今回もなんとか回避しましたが、正直すごく嫌な気分です。
今後も事あるごとに提案してくるかと思います。

「パワハラで訴えたい」というわけではありませんが、これらはパワハラもしくは強要罪に該当しますか。
仮にこれだけでは該当しなくても、今後も継続すれば該当する可能性はあるのでしょうか。
会社には、可能であれば自分の異動か上司の異動(またはグループ長という役職の解任)を相談できればと思っています。
(この件以外にもいろいろと問題がある上司のため、それらも含めて会社に相談します。)

よろしくお願いいたします。

厚労省は,職場のパワーハラスメントとは,「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に,業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と定義をしました。
たかが,賭けるものはランチ代1回分ですが,賭け事が嫌いな人には,たかがではありません。私もそうですが。
厚労省は,パワハラについて6つの類型を示していますが,6)として「個の侵害 私的なことに過度に立ち入ること」とあります。
たかが,というけれども,賭け事自体に対する好き嫌いは「個の侵害」に該当します。
そこでの精神的苦痛は上司が同僚が「たかがランチを賭けるだけなのに大げさな」と思う,その心情自体が苦痛だと思います。何が好きで,自分の信条として賭け事をしないということを守りたいというのは,個を守ることです。自分が何者であるかをしっかり持っていたいという人間の本性です。憲法で言う個人の尊厳です(憲法13条)。
会社には,個の侵害もパワハラになるということ,賭け事に対してほおっておいてもらいたい人もいる,それを巻き込むことは嫌がらせであり苦痛なことと良く言ってください。

2019年02月04日 11時53分
お礼メッセージ

お忙しいところご回答いただきましてありがとうございました。
とりあえず、そもそも業務時間の中で「掛け」という発想が出てくること自体が問題であるということは会社には理解してもらえそうです。
ありがとうございました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

過去に日雇いの派遣先でされたことを派遣会社に意見するのは大丈夫?

パワハラ 2020年09月14日

日雇いの派遣会社に登録しており時々派遣先でパワハラまがいのことを受けたり一緒に働くスタッフからパワハラまがいのことを受けたので派遣会社に意見を言いたいと思ってるんですが過去にされたことを派遣会社に意見するのは問題ないのでしょうか?

精神疾患者に対する無理解から来るパワハラや名誉毀損について

パワハラ 2020年06月11日

2年近く前まで交流があった同性の友人(女性)についてです。 その友人は、とある店の店長をやっていますが、2年前当時、高校3年生だった女の子のアルバイトを、その子が双極性障害だったにも関わらず、以下の働かせ方をしていました。 ・体調不良...

電話の内容をメモするのは証拠になる?

パワハラ 2020年04月11日

電話でパワハラや脅迫されたことをメモしたものは証拠になるのでしょうか? 自分の携帯に録音機能がなくメモで証拠を取りたいのですがメモも証拠になるかなと思い相談させていただきました。

民事の正当防衛の主張、立証責任について

パワハラ 2020年01月30日

現在、本人訴訟中です。期日は、7回程度あっています。次回から、弁論準備です。 被告側は、正当防衛を主張しています。 しかも、下記の内容の暴行をしていないと主張しています。 被告側から、一切証拠は提出されていません。 (私は一切暴行した...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する