上司に私的な郵便物の中身を見られた?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 先日、上司の部屋に呼ばれ、一通の封筒を渡されました。
 それは金融会社から私宛への封書でした。職場に郵便物が届くようにしてあったのです。
 開封はされていませんでしたが、上司は借入金額や返済残高など、開封しなければ判らないような事実を挙げ、色々と質問してきます。本人は「部下への指導だ」と言っておりました。
 封書は数日前に届いていて、この間に(方法は不明ですが)内容を盗み見たと思われます。この行為は許されるのでしょうか?

(30代:男性)

関連Q&A

これは侮辱罪ですか

パワハラ 2016年12月01日

私が所属している組合の集まりの場に組合員以外のものも来ていたときの話です。 なぜか組合理事長が私の所有している土地の登記簿謄本のコピーをとりだしみんなに見せて みんなの前で「こんな土地2足3文にもならんわ」といった。こんな公然と 個人...

パワハラで訴えられそうですが、どのように対処すればよいでしょうか?

パワハラ 2016年07月25日

はじめまして。私の主人の事で相談です。主人は、役職は無く、しかし社内では現場を任せられている中途半端な立場で仕事をしています。 仕事上で同期の方に強い口調で注意をしたところ、ボイスレコーダーに録音していたらしく「パワハラだ」と言って弁...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     封書は法律上の「信書」にあたります。「信書」とは、特定人がその意思を他の特定人に伝達する文書です。郵送によるとよらないにかかわらず、また発信されたかどうかも関係ありません。
     信書の秘密は、憲法上は「通信の秘密」として保障されています(21条2項)し、刑法上は「信書開封罪(133条)」として、封をしてある信書を正当な理由なく開封した者は、1年以下の懲役または20万円以下の罰金に処せられます。また、他人の信書を隠匿した者は、信書隠匿罪(刑法263条)で処罰されます。(ただし、両罪はともに親告罪であり、被害者の告訴がないと起訴はできません。)また、郵便物である信書については、郵便法に規定がおかれています(同法77条「郵便物を開くことの罪」、80条「信書の秘密を侵す罪」これらは公務員について定められた罰則です)。
     このように、信書は諸法で厚く保護されているのがお分かりいただけると思います。

     あなたの上司があなた宛の信書を開封したのなら、刑事上、民事上の責任に問われることになります。
     本件の事情の下では、特に開封の正当事由が存在するとは認められませんし、仮に部下の素行が悪いなどの事情があり、「部下の指導のため」行ったのだとしても、信書を無断で開封する方法は、相当な方法とはいえません。

2014年01月07日

パワハラに強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ