上司に私的な郵便物の中身を見られた?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時11分

 先日、上司の部屋に呼ばれ、一通の封筒を渡されました。
 それは金融会社から私宛への封書でした。職場に郵便物が届くようにしてあったのです。
 開封はされていませんでしたが、上司は借入金額や返済残高など、開封しなければ判らないような事実を挙げ、色々と質問してきます。本人は「部下への指導だ」と言っておりました。
 封書は数日前に届いていて、この間に(方法は不明ですが)内容を盗み見たと思われます。この行為は許されるのでしょうか?

(30代:男性)

匿名弁護士

     封書は法律上の「信書」にあたります。「信書」とは、特定人がその意思を他の特定人に伝達する文書です。郵送によるとよらないにかかわらず、また発信されたかどうかも関係ありません。
     信書の秘密は、憲法上は「通信の秘密」として保障されています(21条2項)し、刑法上は「信書開封罪133条)」として、封をしてある信書を正当な理由なく開封した者は、1年以下の懲役または20万円以下の罰金に処せられます。また、他人の信書を隠匿した者は、信書隠匿罪刑法263条)で処罰されます。(ただし、両罪はともに親告罪であり、被害者の告訴がないと起訴はできません。)また、郵便物である信書については、郵便法に規定がおかれています(同法77条「郵便物を開くことの罪」80条「信書の秘密を侵す罪」これらは公務員について定められた罰則です)。
     このように、信書は諸法で厚く保護されているのがお分かりいただけると思います。

     あなたの上司があなた宛の信書を開封したのなら、刑事上、民事上の責任に問われることになります。
     本件の事情の下では、特に開封の正当事由が存在するとは認められませんし、仮に部下の素行が悪いなどの事情があり、「部下の指導のため」行ったのだとしても、信書を無断で開封する方法は、相当な方法とはいえません。

2014年01月07日 04時11分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

パワハラ訴訟の条件

パワハラ 2017年07月10日

パワハラ訴訟は会社内の特定個人相手の訴訟ですよね。 加害者の自宅住所宛に訴状を送るから 加害者も被害者も退職してしまった場合もそのことが手続きに傷害になることは有りませんか。

会社内で同僚になぐられました。

パワハラ 2017年06月20日

会社内で同僚に殴られました。わたしには、有給休暇はありません。一日の所得保障(約4000円)と治療費は請求できるでしょうか?

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

パワハラに強い弁護士

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

ページ
トップへ