社長が経費を私的利用

User image 1 lu_86fc6659さん 2018年12月13日 04時40分

会社の社長が従業員から月謝という形式で集めていた会社の経費を私的なものに使用しておりました。
この場合今まで払っていたものを社長に対して返金を要求しても良いのですか?
また請求した場合社長に返金義務は発生しますか?

具体的な「月謝」の趣旨や従前の経緯にもよりますが、まず社長に流用分を会社に返金させたうえで、そもそも「月謝」に正当な理由がないのであれば、会社から月謝相当額を本来支払われるべき給与として支払って頂くのが原則です。

ただし、実質社長の個人企業のような会社であり、かつ「月謝」が始めから社長の私的流用目的で徴収されていたことが明白な場合には、社長に個人責任を直接追及できる場合もあります(会社法429条の対第三者責任等に基づき)。

まずは、経理担当者に協力頂いて社長による私的流用の証拠を固めた上で、従業員全体で社長と交渉する必要があるのではないでしょうか(ただし、社長からの反撃も想定する必要があります)。

2018年12月13日 10時02分

疑問がいくつもありますね。
会社の経費とは一体どんな経費なのですかね。
従業員が負担する会社の経費とはなんですかね。
社長個人が集めていたんですかね。
会社として集めていたんですかね。
私的に流用すれば横領罪ですね。
社長個人が使用したのであれば、社長に請求で
きますね。
不法行為として損害賠償ですね。

2018年12月13日 10時42分

1 会社の経費を従業員から徴収することはあり得ません。そして,その後は,推測になるのですが,月謝という形式とありますが,社長が従業員に個人的な講習をする目的で徴収したのでしょうか。もし,そうであれば実際に講習を行っているのであれば私的な流用とも言いがたくなります。
2 月謝という形式というと,1ではなく講習のような実態はないのでしょうか。そうであれば,不当な行為と言えます。
また,集め方ですが,従業員の毎月の給与から定額を天引きをしていたのでしょうか。そうなると賃金の全額払いに違反する可能性があります。
3 そのような根拠のないものであれば,未払いの賃金とも解釈できます。実態を明らかにして労働基準監督署に相談に行く方法もあります。あるいは,未払い賃金請求権,もしくは,不当利得返還請求権のいずれの構成でも返還請求が可能かと思います。
4 どのような構成をするかで、消滅時効の期間も異なってきますから,もう少し詳しいところを知りたいと思います。
そして,他の従業員は,この事実をどの程度知っているのでしょうか。情報として共有されているのでしょうか。また,不当ではないかという意見で一致しているのでしょうか。この相談での結論を持って他の従業員と相談されるつもりでしょうか。社長と交渉をするためには,いきなり訴訟という手段ではなく,従業員からの賛同者を集め,あるいは,労働組合を結成して団体で申し入れをすべきです。個人あるいは少数で要求をすると,逆に差別的な扱いや退職強要ともなりかねませんから。集団の力が必要です。

2018年12月15日 18時01分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

元会社の同僚の嫌がらせをしていた人に急に写真を撮られてとても不安です。逆恨みなどもされたらどうすればいいかわからないので相談しました。

労働 2021年02月15日

以前社内でトラブルが有り、嫌がらせを受けていたのですが、最近その嫌がらせをしていた人たちが自主退職という形で会社では安定していたのですが、最近コンビニでその嫌がらせをしていた当事者と親族と会い、遠くから写真を撮られて、気持ち悪いなどと...

社長から退職を強要されました

労働 2021年02月13日

経営者の不正を追及した結果、退職を強要されました。 東北にあるリサイクル店の店長勤務をしていました。 関西に本社があるのですがその社長さんが頻繁に東北のお店に来ては 犯罪行為を繰り返すようになりました。 具体的には窃盗と現金売上の横領...

訴訟中、工場閉鎖はバックペイに影響するか?

労働 2021年01月09日

ある会社で働いていましたが、入社後すぐに解雇されました。 裁判にしましたが、この部署は裁判中に閉鎖されました。 このことは、バックペイに影響があるのでしょうか?

郵便局の紛失にて

労働 2020年12月04日

回答よろしくお願いします。 当方、個人事業主で委託された仕事をしております。 運送会社→請け負い親会社→自分 月に3回、月報と立て替え駐車場代を元請けの運送会社にFAXしています。 月末に原本を親会社に郵送し、親会社が運送会社に請求す...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する