コンパニオンや夜の仕事は成人していないとやっては行けないの?

User image 1 lu_8b7a707bさん 2019年02月07日 02時13分

コンパニオンや夜の仕事について質問です。
コンパニオンのアルバイトを16歳からやっていたという方がいました。
18歳以上なら働いていいのか、成人してから働いていいのか分かりません。

いわゆる風営法では,その第22条で,「18歳未満の者に客の接待をさせ、又は客の相手となつてダンスをさせること。」
「午後10時から翌日の日出時までの時間において18歳未満の者を客に接する業務に従事させること。」ことを禁止しています。
さらに,労働基準法第61条では,深夜業として「使用者は、満十八才に満たない者を午後十時から午前五時までの間において使用してはならない。」と18歳未満の従業員を午後10時から朝5時までに勤務させることを禁止しています。
その上で同法62条で危険有害行為として「酒席に侍する業務」「特殊の遊興的接客業における業務」を禁止しています。

これらからすると,18歳以上といえます。コンパニオンのアルバイトを16歳からやっていたという方は,この点から完全にアウトです。

2019年02月07日 09時17分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

賃金仮払金の性質とは?

労働 2019年04月20日

ハローワークで手当を受けるにあたり、毎月の収入や、どこかで給与を受け取っているかを聞かれました。 今、不当解雇で賃金仮払金12万円を毎月受け取っています。 これは、賃金収入になるのでしょうか? それとも、特殊な賃金仮払金という、そのも...

会社に慰謝料を請求

労働 2019年04月19日

会社での作業中に、同僚が動かした機械が倒れ、下敷きになり、第12胸椎椎体破裂骨折.第6.7.8胸椎椎体骨折、右肩の腱破損などあり、第12胸椎と、右肩は手術の予定です。 現在、入院2ヶ月経過。 MRIでは問題なしだが、首の打撃が強く、左...

民事裁判の途中で、被告の追加はできるか?

労働 2019年04月18日

民事裁判で、解雇した会社を訴えました。 しかしこの会社は子会社で、ペーパーカンパニーと言っても良いくらいの会社でした。 途中でその事に気づき、親会社的な会社を訴えたいのですが、一旦、子会社名で訴えた以上、追加はできないのでしょうか?

脅迫

労働 2019年04月18日

元職場を正式に辞めてないからと社長から給料を2ヶ月分支払われず(辞める前に既に1ヶ月分の給料がおくれていた)メールで言い合いの末やっと支払われました。けれど明細書を送ってくれず正式な金額が分からないままです。自分も落ち度があるんですが...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ