難癖をつけるために復職させ、再度解雇

User image 3 lu_85c1e4abさん 2019年07月03日 11時07分

試用期間中、3週間で難癖をつけられ解雇されました。

裁判をして復職したものの、今度は試用期間終了を理由に解雇されました。

明らかに再解雇を狙って一度復職させたと思えますが、一度不当解雇をしたことを認めた事は、もう一度裁判をした場合、大きく考慮されますのでしょうか?

それとも、以前の不当解雇は全くの別問題で、今度は解雇有効になってしまうのでしょうか?

基本的には、今回の解雇を単独で見て効力を判断することになるでしょう。

ちなみに試用期間終了時の解雇であっても、法的には通常の解雇と同等であり、厳しい判断がなされることに違いはありません。
前回のことは、前にも不当解雇をして、会社は貴方を解雇したがっている不当な動機があるという感じは使えそうです。

前回裁判なさったようですから、今回も裁判をしてみてもいいかもしれません。
場合によっては金銭解決も視野に入れてはいかがでしょう。

2019年07月03日 11時15分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

安全配慮義務が適用されるのは作業員の人損のみですか

労働 2019年12月30日

昨今、労働契約法に基づき安全配慮義務が使用者にはあるとされる判例があります。 場合によっては下請け業者も対象であったり、社長のみならず部長、課長、ライン長、工場長や現場監督者等も安全配慮義務を負うとされています。 建築現場で考えてみる...

解約した銀行口座は調査嘱託でわかるか?

労働 2019年12月18日

相手が、調査嘱託を受けそうなので銀行口座を数ヶ月前に解約した場合、裁判所の調査嘱託などで、知ることはできるのでしょうか? 現存している口座しか無理ですか?

バイト中の酔ったお客様に私物に用をかけられた場合どのようにすれば良いのか

労働 2019年12月14日

先日バイト中に酔ったお客様がトイレと間違えスタッフルームに用を足されてしまいました。 スタッフルームには従業員の靴など私物があり、それにかかってしまった人もいます。 この場合個人の所有している私物に対して弁償等の代金を請求する事はでき...

不当解雇後に借金で生活していた場合は、賃金仮払仮処分に影響を与えるのでしょうか?

労働 2019年12月06日

通常、解雇後〜仮払金決定までの賃金については、払われないと思いますが、読んだ本には、 →ただし,過去の生活が高利の借金に依存していたとの事情があるときはこれを考慮する。 と書かれていました。こういう事も有るのですか? 裁判例などあるの...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ