以前、刑事事件を担当した弁護士が相手の弁護士になった

User image 3 lu_85c1e4abさん 2019年07月03日 13時24分

勤務先でトラブルになり、民事裁判になりましたが、会社側の弁護士が以前私の刑事事件を担当した弁護士でした。

会社には聞かれなかったので刑事事件については話していません。

弁護士に守秘義務などないのでしょうか?

弁護士職務基本規程の第23条は「弁護士は、正当の理由なく、
依頼者について職務上知りえた秘密を他に漏らし、又は利用して
はならない」と定めています。
かりに反した場合は、懲戒請求される可能性があります。
また慰謝料請求もされるでしょう。
さらに刑法でも134条で守秘義務が定められています。
したがって、以前の刑事事件について話すことはないでしょう。

2019年07月03日 14時18分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

休憩時間を決める際の労働時間の考え方

労働 2020年01月21日

通常は4時間~5時間の勤務ですが、突発的に8時間45分の労働をしました。実際は休憩時間を取らずに勤務しましたが、給与計算上は休憩時間分を除外して支払われることになりました。雇い主からは8時間を超える労働であるから1時間分の給与を差し引...

安全配慮義務が適用されるのは作業員の人損のみですか

労働 2019年12月30日

昨今、労働契約法に基づき安全配慮義務が使用者にはあるとされる判例があります。 場合によっては下請け業者も対象であったり、社長のみならず部長、課長、ライン長、工場長や現場監督者等も安全配慮義務を負うとされています。 建築現場で考えてみる...

解約した銀行口座は調査嘱託でわかるか?

労働 2019年12月18日

相手が、調査嘱託を受けそうなので銀行口座を数ヶ月前に解約した場合、裁判所の調査嘱託などで、知ることはできるのでしょうか? 現存している口座しか無理ですか?

バイト中の酔ったお客様に私物に用をかけられた場合どのようにすれば良いのか

労働 2019年12月14日

先日バイト中に酔ったお客様がトイレと間違えスタッフルームに用を足されてしまいました。 スタッフルームには従業員の靴など私物があり、それにかかってしまった人もいます。 この場合個人の所有している私物に対して弁償等の代金を請求する事はでき...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ