社員が自身の退職情報を同業他社へもらいした場合の対処方法

User image 1 Monacoさん 2019年07月03日 19時05分

社員が自身の退職情報を同業種に漏らしていたことがわかりました。
次の人が見つかるまで、社内外には漏らさぬよう口頭で確認はしていたのですが、書面は交わしていません。
なぜ、漏らしたのか確認したところ、同業種だが個人的な友達なので話したとの回答でした。
退職情報がでると、つぎの人を探しにくいこともあり、社員へ確認していたのですが、
個人的な友達の場合も同業種の場合は、漏らしてはいけないということを
どのように説明したらよいでしょうか。
何か、該当する判例や法律はありますか。

単に退職の事実を漏らしただけなのか、それとも貴社の重要な営業情報・開発情報等を漏らしたか否かにより異なります。

前者であれば、退職時に一定の退職金を上乗せした上で、退職の事実自体の守秘義務について明確に合意書等を作成していないと、難しいでしょう。

一般に再就職の場合は履歴書の提出や、就労可能時期等確認しますので、労働者側から「再就職の相談のために、従前の勤務先を退職した事実を告げた」と主張された場合、職業選択の自由との関係上、違法とするのはなかなか容易でないと思われます。
労働者の退職後の競業避止義務に関してですが、双方の不利益を比較した上で、範囲・期間・場所の限定や相応の代償処置がない限り競業避止特約の効力は認められないとした例として奈良地判昭和45年10月23日等多数あります。
また、最高裁平成22年3月25日判決では、競業避止特約がない場合において、元労働者が同業会社の代表取締役となって従前の取引先に営業活動を行なった事案において、自身の人的関係を超えて、元勤務先の営業情報を利用したり、信用性をおとしめるなどの不当な営業行為を行なったとはいえないとして、損害賠償請求を棄却しています。

以上の点に照らすと、上記最高裁判例において、取引先への営業活動も不当な方法でない限り違法性なしとしている以上、単に退職の事実を告げたのみで守秘義務違反とすることは困難でしょう。

なお、仮に今後退職の事実に関する守秘義務契約を行う場合、実質的な再就職の制限となるおそれがあるため、競業避止義務の場合に準ずる要件を満たす必要があると思われます。

これに対し、会社の重要な製品開発情報を漏えいした事案において、守秘義務違反による損害賠償請求を認めた例としては東京地判平成14年12月20日などがあります。
また、重要な営業秘密を漏えいした場合には、不正競争防止法違反などにあたる場合があります。

2019年07月03日 20時04分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

休憩時間を決める際の労働時間の考え方

労働 2020年01月21日

通常は4時間~5時間の勤務ですが、突発的に8時間45分の労働をしました。実際は休憩時間を取らずに勤務しましたが、給与計算上は休憩時間分を除外して支払われることになりました。雇い主からは8時間を超える労働であるから1時間分の給与を差し引...

安全配慮義務が適用されるのは作業員の人損のみですか

労働 2019年12月30日

昨今、労働契約法に基づき安全配慮義務が使用者にはあるとされる判例があります。 場合によっては下請け業者も対象であったり、社長のみならず部長、課長、ライン長、工場長や現場監督者等も安全配慮義務を負うとされています。 建築現場で考えてみる...

解約した銀行口座は調査嘱託でわかるか?

労働 2019年12月18日

相手が、調査嘱託を受けそうなので銀行口座を数ヶ月前に解約した場合、裁判所の調査嘱託などで、知ることはできるのでしょうか? 現存している口座しか無理ですか?

バイト中の酔ったお客様に私物に用をかけられた場合どのようにすれば良いのか

労働 2019年12月14日

先日バイト中に酔ったお客様がトイレと間違えスタッフルームに用を足されてしまいました。 スタッフルームには従業員の靴など私物があり、それにかかってしまった人もいます。 この場合個人の所有している私物に対して弁償等の代金を請求する事はでき...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ