返品期限の切れた商品を買い取らなけらばならないのか

User image 1 lu_eb18ed93さん 2019年09月25日 13時59分

現在、書店でアルバイトをしています。

書店で販売している雑誌の殆どが委託販売で期限がくると出版社へ返品しなければなりません。
(例えば6月号が発売になったら5月号を返品する)

この返品業務は書店スタッフが返品期限が近づくと売場から該当品を抜き取って返品しています。しかし、お客様が試し読みをした後など、別の売り場へ移動させていたりしてどうしてもデータ上の在庫数を見つけられない場合があります。
そうして期限が切れた後に出てきたりする事も…

その期限が切れてしまった雑誌は返品出来ず、お店に残る事となります。

私は前職も同業他社の書店で働いており、上記の様な場合は会社が負担して処分という形で対応をしてくださっていたのですが、現在の会社に相談したところ「店舗責任」の一点張り。
「こういう場合は他の店舗にも店長あるいは担当スタッフに買い取りしてもらっている」との事でした。

私の働いている店舗は店長を含め全員がパートアルバイトで上に対して強く言える人がおらず、上からの対応が本当に正しいのか疑問に思って抗議しても言いくるめられてしまいそうで、専門家の意見を聞きたくて質問させて頂きました。

今回の件、店舗スタッフが期限切れで返品出来なかった商品の代金を支払わなければならないのか伺いたいです。

そのような会社の指示は、自爆営業と同じで違法
ですね。
労働基準法16条に抵触します。
また、強要罪に該当します。
義務なきことを強制させるということで。
一度、基準監督署の考えを聞くといいでしょう。

2019年09月25日 17時54分
お礼メッセージ

早速のお返事ありがとうございました。
とても心強く、きちんと働いていて出たロスなのできちんと拒否し、基準監督署への相談を検討致します。

1 これは,実質的に,売れ残り商品の買い取り要求であり,その前提として売り切りこと自体をノルマとしていると考えられます。いわゆるブラックバイトの典型的なやり方ですね。アルバイトという不安定な弱い立場を利用しての悪質なやり方だと思い憤りを感じます。
2 そもそもノルマを課すこと自体が労働契約とは相いれないものです。法的には,アルバイトをはじめとする労働者の義務は「労働に従事すること」(民法第623条)。労働力の提供だけに限定されており,「結果を出すこと」は義務ではないのです。指示通り怠けずに仕事をしていたとしたら,たとえ返品対象の売れ残り商品が出ってしまってノルマが達成できなかったとしても,会社は責任を問えません。
3 このようなノルマ未達成でペナルティを課すことは労働基準法第16条違反の違法行為です。ペナルティが設定された契約条項は無効となり,6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます(同法第119条第1号)。場合によっては強要罪(刑法第223条)に該当することもあるでしょう。どうも,契約条項にはなく口頭による「慣習」のようなものでしょうが,いずれにしても,買い取り指示に従う義務はなく,それを強制することは,強要罪に該当します。
4 労働基準監督署に告発をして是正勧告をしてもらうべきです。

2019年09月26日 11時09分
お礼メッセージ

コンビニなどのノルマが問題になっているのは知っていましたが、今回の件が同じような問題であると知ることが出来た事、買取に従う義務が無い事、とても安心致しました。
上に買取はしないと伝えて、同じように他の店は買い取ってもらっているなど言われたら、基準監督署に相談しに行こうと思います。

この度は詳しく、お伝え頂きありがとうございました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

契約の解除、契約金の返金請求について

労働 2020年02月23日

私はアンテナ工事を行っている個人事業者です 先日ある会社からインターネット上で仕事を募集してそれを紹介しますと話があり話を聞きに会いました いろいろ実績を聞かされある会社は1っか月2000万円くらいあるとか色々な例を出され是非契約して...

メールオペレーターとサクラの仕事

労働 2020年01月29日

メールオペレーターの募集を見て採用を頂いたのですが、実際は出会い系のサクラでした。 サクラはグレーゾーンで違法スレスレと聞いて怖くて辞めたのですが、数日勤務しただけで私も詐欺に当たってしまうのでしょうか?

休憩時間を決める際の労働時間の考え方

労働 2020年01月21日

通常は4時間~5時間の勤務ですが、突発的に8時間45分の労働をしました。実際は休憩時間を取らずに勤務しましたが、給与計算上は休憩時間分を除外して支払われることになりました。雇い主からは8時間を超える労働であるから1時間分の給与を差し引...

安全配慮義務が適用されるのは作業員の人損のみですか

労働 2019年12月30日

昨今、労働契約法に基づき安全配慮義務が使用者にはあるとされる判例があります。 場合によっては下請け業者も対象であったり、社長のみならず部長、課長、ライン長、工場長や現場監督者等も安全配慮義務を負うとされています。 建築現場で考えてみる...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する