業務委託契約先との解約、過失と連帯保証人

User image 1 lu_175678b1さん 2021年08月13日 15時28分

今年3月31日、チェーン店の靴や鞄の修理屋としてフランチャイズ契約をしていた会社との契約が解約となり、私がいなくなった2ヶ月後には店舗自体も閉店となりました。

解約後に私が修理加工をし、直接持ち主に発送するということで持ち帰った鞄が2点あり、
①は後々仕上がりが悪いということで弁償希望、
②は仕事を失ったことから私が精神的に仕上げる気になれず、放置していたところ持ち主から本社(フランチャイザー)にクレームが入り、同じく買い取り弁償となりました。

①に関して、店舗で受け付けた際に
「どこも受け付けてくれないような難しい加工なので、うまくいかなかった場合もいただいた費用をお返しすることはできても品物代を弁償することはできませんのでご了承ください」と説明し、持ち主も了承しました。虱潰しに探せば本社が持っている店内防犯カメラ映像に会話の記録が残っているはずです。
上記のような約束の上で加工をした、と本社の人間に話しても
「窓口となる店舗がなくなってしまった以上お客様と直接話すことができないあなたとのそういった約束事は通じない」と言われ、定価金額は10万円程度。

②は38万円で示談を進めますと言われ事故発生届に署名、押印、
追加で契約期間中の預かり品の過失の責任を連帯保証人(妻)とあわせて取るといった内容の誓約書にも私の署名と押印をしました。

私は既に連帯保証人である妻に借金をしており、次に金の貸し借りに巻き込まれることがあれば離婚と言われているため、なんとか妻にこの件が知られることなく請求額の減額や分割の弁済をしたいと考えております。
本社の担当に【貴社の実負担額を毎月3万円ずつ弁済したい】と伝えましたが、その要望は困難だろうと言われました。

離婚や生活が壊れるかもしれない私に保証人…保証人…と、とにかく保証人もあわせた話し合いをさせてほしいと提案してきます。
本社の担当曰く請求金額は恐らく50万円〜で、保険を適用させる前ということでまだ明確にはわからないと言われました。

どうか妻にこのことを勝手に報告しないでほしいと伝えましたが、調べてみると連帯保証人というのは自分が思っていたより実は責任が重いことを後から知り、
勝手に報告され、早急に一括で請求されるのが普通なのか…という思いも頭をよぎります。

この件を妻に知られて離婚するかしないかは別として、私達夫婦のように決して所得が高くない世帯が、すぐに50万円用意することは不可能ですし、本当に全額支払わなければいけないのか疑問があります。

【】の私の弁済方法が認められない場合、そして私自身が一括返済が不可能な場合、連帯保証人とあわせても不可能な場合、
これは裁判になるのでしょうか?
裁判になることによって弁済額が増えることがないのであれば、むしろ法的な判断をしていただいた方がいいのではと考えたりもします。
住居も賃貸で差し押さえれるようなものもない場合、どういった解決方法があるのでしょうか。

1.まず、請求の法的効力について、FC契約内容を精査する必要がありますが、本部側が顧客との間で立替払したとして、顧客の損害額が妥当か否かによると思われます。一般に、物的損害に関しては、時価が基準とされます。
①に関しては、当該会話の内容まで証拠として残っているか不明であるほか、仮に合意があったとして、消費者である顧客との間で全面的に効力が認められるかという問題がありますが、この点を捨象したとしても、10万円が妥当か否かという点も精査する必要があります。
②についても、誓約書に署名押印している点はネックになりますが38万円が妥当か否か精査する必要があるでしょう。
金額が妥当でない場合には、信義則上相当な範囲に制限すべきと主張する余地はあるかもしれません。

2.交渉での解決が困難な場合、損金処理等の関係上、訴訟提起してくる可能性は少なくありません。
訴訟提起され、仮に判決となった場合、FC契約時期によって年5%または3%の遅延損害金の他、FC契約内容によっては弁護士費用等も加算される可能性がありますが、和解の場合は通常、弁護士費用・遅延損害金は加算しません。
FC契約等の詳細は分かりかねますが、まずはFC本部に対し、金額の算定根拠の提示を求めた方が良いのではないでしょうか。

2021年08月14日 20時16分
お礼メッセージ

状況が不確かな質問に大変わかりやすく、丁寧に回答をいただきありがとうございました。
相手側も私から余分なお金を取ってやろうと考えているわけではないので、私も冷静になって払うべきものは払い、納得のいかない点はしっかり話し合い解決したいと思います。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

退職届の効力

労働 2021年11月10日

2ヶ月後に退職日希望として退職届を3週間ほど前に出し受理されました。その後、働きが悪い等という理由で給料の不払いや契約取り消しはありえますでしょうか。

勝手なシフト変更や、体調不良休みの振替について

労働 2021年11月06日

ショップ勤務、正社員です。 ショップが20店舗ほどあり、4グループにわけそれぞれの店舗に店長、各グループに上長がいます。 シフトは上長が決めていますが、 翌月のシフトが毎月月末の夕方に暫定版としてシフトの展開があります。 希望休は2日...

アルバイト先に身分が変わった事を言えずにいたらバレてしまった、違約金や訴訟に発展する可能性を聞きたい、

労働 2021年10月27日

フリーターです。9月まで学生だったため、元々学生として契約したいたのですが、9月に中退しました。 しかし、家庭の事情やバイト先の雰囲気もあり、身分の変更について言えずにいました。 しかし今回、年末調整の関係で学生証が必要になり、思わぬ...

自分が連れてきた仲間を今の会社から独立する会社へ転職させる行為についての損害賠償

労働 2021年09月11日

前々から私が独立した時に4名が手伝いをしてくれることになっていました。その4名は前の会社から今の会社まで私と一緒に同じ会社へ転職しています。(今の会社で私は部長職であり、前の会社から今の会社に引き抜かれて転職しています。) ようやく今...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する