会社員 兼 社長

User image 1 yukino13さん 2016年12月23日 05時26分

はじめまして。

私はイベント会社に勤める女です。
まだ会社では新人ですが、副業として自分の会社を起こしたいと考えています。

内容としては今まで誰もやっていなかったイベントを、ひとつの事業としてやっていきたいと思っているのですが、現段階では今の会社を辞めてまでの収入が入るとは見込めないので、今の収入を上回れるようになるには時間が必要だと感じています。
そのため、今の会社の社員でいながら、自分の会社を経営していくことは法律的にできることなのか。
会社に知らせてから起業するべきなのか。
もしくは、言う必要の無いことなのか。

会社の就業規則では、副業を禁止するような文句は書かれていません。
つまり、知られたからと言って普段の仕事に莫大な影響(体力面や遅刻など)が出ない限り解雇されるとは思えませんが、かと言って勝手に起業して良いものなのか。。

バイトとは違って起業なので、いきなり会社からダメだと言われても、動き出してしまったら止めることが困難だと思い、事業計画書を作っている今の段階で判断できればと思い、相談させていただきました。

よろしくお願いいたします。

労働者の一般的な義務として、会社の仕事を行なって給料をもらう以上、会社に対する競業避止義務があると解されます。

競業避止義務の範囲ですが、少なくとも在職中はこれを守る必要があります。
就業規則に副業を禁止する文言がなくても、勤務時間外のアルバイト等を想定した趣旨であり、会社と同業の事業を開始して競業することまで認める趣旨ではないと解されます。
仮に副業を開始してあまり売上が上がらない場合、会社から解雇や賠償請求までできるか微妙な所ですが、在職中の競業会社設立はかなり危険と言わざるを得ません。

これに対し、退職後は職業選択の自由の関係上、原則として競業会社設立は可能です。
退職時に競業禁止特約が付された場合の問題がありますが、退職金額等の諸事情も考慮した上で、通常は1年以内に制限されると解されています。

2016年12月23日 09時37分

話した方がいいですね。
いずれ分かってしまいますから。

2016年12月23日 10時24分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

副業を紹介すると言っていたのに、いつまで経っても紹介されない。

労働 2018年02月08日

自分自身の生活を見越して、副業を探していた所知り合って間もない方から週末のみの仕事の紹介を受けました。 我が家にはまだ子守の必要な子供が2人いるので、母から週末に仕事を休んでもらい副業に備えました。 しかし、毎週ごとに何かしらの理由が...

社員の個人情報を会議で発表することについて

労働 2018年02月07日

会社又は当事者は違法となるのか。 登場人物は全て同じ会社で、私と役員とコンプライアンス窓口でもある総務部長、直属の上司の4人です。 年末に子宮癌が発覚しました。今後の業務に多少差し支えるので社内にもあまり知られたくないことを前提に直属...

派遣会社からの交通事故の賠償請求。返済に期限はあるのでしょうか?

労働 2018年01月24日

派遣社員にて、営業の業務中、レンタカーにて物損事故を起こしました。 事故自体は保険で賄ったのですが、レンタカーのノン・オペレーション・チャージに5万円と、レッカー代7万円ほどは派遣先の会社に請求が行きました。 派遣先より派遣元に請求が...

健保組合にインフルエンザの予防接種に行く際の交通費については、法律上で何か規定があるのでしょうか?

労働 2018年01月22日

弊社では、毎年希望者がインフルエンザの予防接種を受けます。接種は指定の場所にに行くことになっています。 例年、このときの交通費は会社が負担しておりましたが、今年から入った経理の方に「これは個人の問題で、健康診断とは違うのだから出せない...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

労働に強い弁護士

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

■新進気鋭の2名の若手弁護士が、素早いフットワークで企業様をサポート致します。

【初回法律相談無料】常にご依頼者様の立場で考え、最善の解決に向けて一緒に粘り強く取り組みます。一人で悩まずどん...

【初回法律相談料無料】まずはお気軽にご相談ください。じっくりお話しをお聞きし、最適な解決案をご案内いたします。

【初回法律相談30分無料】【完全個室相談】【泉佐野駅徒歩1分】しっかりとお話を伺い、ご依頼者様にとって最適な解...

【不当解雇・雇止め・内定取消し又は債務整理の初回相談45分まで無料】労働事件・債務整理・マンションの法律問題に...

ページ
トップへ