職業安定法の質問

User image 1 ひさしさん 2017年01月21日 12時03分

有料職業紹介業者の違法性についての質問です
有料職業紹介業者は
1 求人者に対して、業務委託ないし業務委託と誤認するような営業を展開している
2 求職者に対しては日当の金額と住居費等は求人者が負担する旨を伝えている
3 求人者に対しては職業安定法4条の要件を満たす労働条件を明示するようには伝えず、求職者に対しては同労働条件を伝えない
4 従って、労働保険、社会保険等は当然未加入のまま、求職者は求人者事業所で働くこととなる
5 職業紹介業者は求人者、求職者に対して、賃金は週払いであるとの旨を伝えている。ただし、求人者は、求職者が職業紹介業者の従業員等であるとの認識である
6 紹介業者の帳簿は日々雇用のもととなっているが、週払いとの旨を求職者、求人者に伝えていること、住居費等は求人者が負担する旨を求職者に伝えていることから、紹介業者は少なくとも当該労働契約が日々雇用でないことを当然認識している
7 もちろん労働契約書などは存在しない
8 紹介料として紹介業者は1日いくらで求人者からもらっている

以上のことを考慮すると職業紹介業者の違法性は少なくとも職業安定法4条違反が認められるが、それ以外はどういったことに違反しているのでしょうか
私も色々研究していますが
1 求職者が労働保険や社会保険未加入のまま酷使されていることを考慮すると、そもそも有料職業紹介業者を隠れみのとした違法行為と言えるのではないか
2 職業紹介業者は日々雇用だと認識しているにも関わらず、日々雇用としているのは、1日いくらで貰える紹介料を不当に得るためと言えるのではないか。
3 日々雇用に関しては、そもそも虚偽記載と言えるではないか
など考えています

この違法な有料職業紹介業者の違法性について、何か教えて頂けるとありがたいです
よろしくお願いします

以下に該当するでしょうね。

労働者供給事業は原則として禁止されています。職業安定法第44条及び第45条では次のように明記されています
第44条(労働者供給事業の禁止)何人も、次条に規定する場合を除くほか、労働者供給事業を行い、又はその労働者供給事業を行う者から供給される労働者を自らの指揮命令の下に労働させてはならない。
第45条(労働者供給事業の許可)労働組合等が、厚生労働大臣の許可を受けた場合は、無料の労働者供給事業を行うことができる。
つまり、労働組合が行う許可された労働者供給事業以外は違法だということです。職業安定法第44条に違反すると、供給元、供給先それぞれ1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。

2017年01月23日 16時10分
お礼メッセージ

ありがとうございます。
とても参考になりました職業安定法44ないし45条を煮詰めてみます

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

自分が連れてきた仲間を今の会社から独立する会社へ転職させる行為についての損害賠償

労働 2021年09月11日

前々から私が独立した時に4名が手伝いをしてくれることになっていました。その4名は前の会社から今の会社まで私と一緒に同じ会社へ転職しています。(今の会社で私は部長職であり、前の会社から今の会社に引き抜かれて転職しています。) ようやく今...

業務委託契約先との解約、過失と連帯保証人

労働 2021年08月13日

今年3月31日、チェーン店の靴や鞄の修理屋としてフランチャイズ契約をしていた会社との契約が解約となり、私がいなくなった2ヶ月後には店舗自体も閉店となりました。 解約後に私が修理加工をし、直接持ち主に発送するということで持ち帰った鞄が2...

代理店が営業しているという事実を認めてしまったのですが、守秘義務違反による損害賠償責務を受けなければならないでしょうか?

労働 2021年08月04日

先月末まで某大手企業の代理店社員として、キャッシュレス決済の導入提案営業の仕事をしておりました。 営業電話をかける時は代理店名を名乗らず、大手企業名を名乗るルールがありました。このルールはおそらく守秘義務の一環なのだと思います。 しか...

1度も無かった有給休暇を退職時に付与することに不服となり普通に取らせてくれない

労働 2021年06月30日

クリニックの受付に勤務し今年で勤続3年目になりますが、来月の20日に退職予定です。 今まで1度も有給休暇をいただけなかったため余っている分を消化しようと思い院長と話を続け、今週の2日間有給休暇をいただきました。しかし、今週が終わらない...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する