競合他社への転職と協業避止義務について

User image 1 lu_f38f6c4cさん 2017年11月17日 15時42分

現在、転職を考えています。
転職先が現会社の競合他社になるのですが、退職時には機密保持誓約書に署名・捺印をさせられます。
ただ、誓約書の中に「協業避止義務の確認」も盛り込まれており退職後1年間は競合他社へは就職しない…という内容です。
【質問1】誓約書に署名・捺印をする以上、協業避止義務が発生し1年間は競合他社へ就職出来ないということになるのでしょうか?
【質問2】逆に誓約書に署名・捺印をしない場合、競合他社へ転職することを意味するも同然なので、正直に話をして機密保持の遵守だけを誓約する形を取った方が良いのでしょうか?
ご回答、よろしくお願い致します。

〇 転職禁止については職業選択の自由を不当に制限する内容であれば、仮に同意したとしても、民法90条(公序良俗違反)により無効となります。不当に制限するかどうかは、あなたの役職および営業機密へ接した程度、競業避止義務に対する補償の有無、程度によります。典型的には、取締役で、営業機密を管理し、かつ、多額の退職慰労金を受けている場合には競業避止義務を負いますが、いわゆる平社員で、営業職、競業避止義務の対価もほとんどない(通常の退職金を超えるような対価がない)場合には、単なる不当な転職制限です。

〇 誓約書への同意義務はないので、拒否しましょう。同意しなくとも、退職できます。同意を強要されそうであれば、弁護士を通じて退職手続をとるのがベストです。

2017年11月18日 09時51分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

社長が経費を私的利用

労働 2018年12月13日

会社の社長が従業員から月謝という形式で集めていた会社の経費を私的なものに使用しておりました。 この場合今まで払っていたものを社長に対して返金を要求しても良いのですか? また請求した場合社長に返金義務は発生しますか?

ダブルワークの年末調整について

労働 2018年10月30日

本業の退職が決まり退職までの間4ヶ月間月に4日ほど再就職先でアルバイトをしていました。(最後の月は月に15日ほど) ダブルワークの方が本業の方にバレないようにと個人的に確定申告していると聞きましたが 私の場合既に前職は退職しているため...

精神的苦痛による生活の悪影響を受けた場合のケース

労働 2018年10月25日

精神的苦痛により、仕事もプライベートも元の生活に戻せない状況となってしまいました。 正直、このようなことをしたのは部外者から圧力によるものです。 今回のケースの場合、慰謝料請求と謝罪を求めることが日本の法律上、出来ますか? 仮にできた...

通勤災害で申請しましたが、労基署から認められないので取り下げるよう会社へ連絡がありました。理由を細かく知りたいので教えてください。また、労基署からの回答は本人にするべきではないのですか?

労働 2018年09月22日

①通勤経路はほとんどの社員はA駅を利用しているが、私はB駅で申請している。(A駅とB駅間は1駅) ②通勤帰宅途中に銀行での出入金をする為、A駅前にある銀行へ行き、銀行を出た所で転倒し骨折した。 ③銀行はA駅を少し通り過ぎた所にある。 ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ