競合他社への転職と協業避止義務について

User image 1 lu_f38f6c4cさん 2017年11月17日 15時42分

現在、転職を考えています。
転職先が現会社の競合他社になるのですが、退職時には機密保持誓約書に署名・捺印をさせられます。
ただ、誓約書の中に「協業避止義務の確認」も盛り込まれており退職後1年間は競合他社へは就職しない…という内容です。
【質問1】誓約書に署名・捺印をする以上、協業避止義務が発生し1年間は競合他社へ就職出来ないということになるのでしょうか?
【質問2】逆に誓約書に署名・捺印をしない場合、競合他社へ転職することを意味するも同然なので、正直に話をして機密保持の遵守だけを誓約する形を取った方が良いのでしょうか?
ご回答、よろしくお願い致します。

〇 転職禁止については職業選択の自由を不当に制限する内容であれば、仮に同意したとしても、民法90条(公序良俗違反)により無効となります。不当に制限するかどうかは、あなたの役職および営業機密へ接した程度、競業避止義務に対する補償の有無、程度によります。典型的には、取締役で、営業機密を管理し、かつ、多額の退職慰労金を受けている場合には競業避止義務を負いますが、いわゆる平社員で、営業職、競業避止義務の対価もほとんどない(通常の退職金を超えるような対価がない)場合には、単なる不当な転職制限です。

〇 誓約書への同意義務はないので、拒否しましょう。同意しなくとも、退職できます。同意を強要されそうであれば、弁護士を通じて退職手続をとるのがベストです。

2017年11月18日 09時51分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

元会社の同僚の嫌がらせをしていた人に急に写真を撮られてとても不安です。逆恨みなどもされたらどうすればいいかわからないので相談しました。

労働 2021年02月15日

以前社内でトラブルが有り、嫌がらせを受けていたのですが、最近その嫌がらせをしていた人たちが自主退職という形で会社では安定していたのですが、最近コンビニでその嫌がらせをしていた当事者と親族と会い、遠くから写真を撮られて、気持ち悪いなどと...

社長から退職を強要されました

労働 2021年02月13日

経営者の不正を追及した結果、退職を強要されました。 東北にあるリサイクル店の店長勤務をしていました。 関西に本社があるのですがその社長さんが頻繁に東北のお店に来ては 犯罪行為を繰り返すようになりました。 具体的には窃盗と現金売上の横領...

訴訟中、工場閉鎖はバックペイに影響するか?

労働 2021年01月09日

ある会社で働いていましたが、入社後すぐに解雇されました。 裁判にしましたが、この部署は裁判中に閉鎖されました。 このことは、バックペイに影響があるのでしょうか?

郵便局の紛失にて

労働 2020年12月04日

回答よろしくお願いします。 当方、個人事業主で委託された仕事をしております。 運送会社→請け負い親会社→自分 月に3回、月報と立て替え駐車場代を元請けの運送会社にFAXしています。 月末に原本を親会社に郵送し、親会社が運送会社に請求す...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する