同僚が、私の名前を無断で使って顧客に謝罪していた。

User image 1 lu_a18d6720さん 2017年12月12日 16時01分

職種は保険代理店です。
私は入社九カ月のパートです。
以前より私に嫌がらせをしている女性Aは、同僚Bに私の名前を名乗らせAのクレーム客に私の知らされていないところで無断で顧客に謝罪をさせていたことが発覚しました。
発端はAと顧客との間で問題がありました。
当初私以外の受付同僚Bが電話受付をし、クレームをAにつたえましたが、Aは電話連絡しませんでした。
その後連絡の来ない顧客が激怒し、受付の私にAより謝罪の電話をするよう伝えろと言われ、Aに私は伝えました(メールで証拠有り),しかし彼女は電話をした際、すぐに謝罪せず、要件は?と聞いたそうです。顧客は私に謝罪の電話をする様伝えたのに、Aは聞いてないといいきり、私の名前を顧客に伝え、顧客は私からの謝罪も要求しました。
私はそのことを一切知らされず、同僚Bが私の名前を名乗り謝罪し、Bは罪悪感から他の同僚を通じ私に教えてくれました。
今回の件は社長も顧客に謝罪をしているのですが、社長は私の名前不正利用についてはしらなかったと言っています。
(Bからは名前を聞かれたらAが私の名前を言ったから私の名前を名乗れと社長に言われたと教えてくれました)
私は社長へAより顧客に訂正を要求しましたが、解決している案件だから、訂正したがりません。
私の名前は同姓が少ない名前です。
私は会社に対し不信感で安心して仕事することができません。
精神的苦痛の慰謝料として、この会社を見つけるまでの半年間と、次の職を見つける半年間、合計一年間の給料を貰い退職することは可能でしょうか。

注力分野
離婚・男女 犯罪・刑事事件 借金・債務整理 企業法務 消費者問題

心中お察しいたします。
気持ち的な問題としては、なんとも許せない、やるせない気持ちになるのは私としてはよくわかります。むしろ、人間に対して不信感が募ってしまっても仕方がないのではないかとさえ思ってしまいます。
しかし、法律的なところでは、不法行為に基づく損害賠償請求の問題になります。不法行為とは、他人が故意や過失によって他人様の権利侵害をしてしまった場合に認められるものです。
ご指摘の事情ですと、慰謝料請求をしても、金額がお望みの金額に乗らないのではないかと思われます。

2017年12月14日 18時57分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

休憩時間を決める際の労働時間の考え方

労働 2020年01月21日

通常は4時間~5時間の勤務ですが、突発的に8時間45分の労働をしました。実際は休憩時間を取らずに勤務しましたが、給与計算上は休憩時間分を除外して支払われることになりました。雇い主からは8時間を超える労働であるから1時間分の給与を差し引...

安全配慮義務が適用されるのは作業員の人損のみですか

労働 2019年12月30日

昨今、労働契約法に基づき安全配慮義務が使用者にはあるとされる判例があります。 場合によっては下請け業者も対象であったり、社長のみならず部長、課長、ライン長、工場長や現場監督者等も安全配慮義務を負うとされています。 建築現場で考えてみる...

解約した銀行口座は調査嘱託でわかるか?

労働 2019年12月18日

相手が、調査嘱託を受けそうなので銀行口座を数ヶ月前に解約した場合、裁判所の調査嘱託などで、知ることはできるのでしょうか? 現存している口座しか無理ですか?

バイト中の酔ったお客様に私物に用をかけられた場合どのようにすれば良いのか

労働 2019年12月14日

先日バイト中に酔ったお客様がトイレと間違えスタッフルームに用を足されてしまいました。 スタッフルームには従業員の靴など私物があり、それにかかってしまった人もいます。 この場合個人の所有している私物に対して弁償等の代金を請求する事はでき...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ