内定の有無と、内定取り消しの両方を争えますか?

User image 3 lu_85c1e4abさん 2019年02月18日 13時16分

企業側の立場として、
内定(労働契約)がそもそも成立していなかったという主張と、
内定(労働契約)が有った前提で、内定取り消しの正当性を争う事はできますか?

具体的な例がないので抽象的ですが,例えば応募条件に適合しないのに虚偽の履歴書や経歴詐称で応募したような場合を言うのでしょうか。
そのような場合には,内定自体が欺罔によるもの,あるいは錯誤によるものとして取り消しや無効となりますが,不成立と言うことではなく,成立を前提とします。
また,その様な虚偽があれば,内定取り消しということで争うことになります。
内定の成立,つまり内定そのものを争いたいと言うほどの場合には,内定の取り消しをすることに正当性は通常認められるでしょうから,余り二つを分けて,その二つで争うと言う構成をする実益はないのではないでしょうか。

2019年02月18日 15時22分
補足質問
User image 3

lu_85c1e4ab - 2019年02月18日 15時55分

ありがとうございます。

具体的には、A氏に採用内定を告げた後、それよりも経験の有るB氏が後で来たので、A氏に内定取り消しを告げたところ、裁判にされたというものです。

会社の判断としては、採用内定を告げたものの、まだ労働契約の内容が曖昧であったため、内定前の段階であったと主張したものの敗訴になりそうなので、
他の理由を探したところ、経歴詐称と言える内容を見つけ、内定取り消しの理由に追加できないかと考えたところです。

また、裁判前に内定取り消し理由の通知を請求されたのですが、会社としては労働契約を結ぶ前であったと判断していたため、内定取り消し理由の通知はだしていません。
補足回答
Resized avatar mini magick20180601 14817 ignl90

岡田 正樹 弁護士 - 2019年02月18日 17時11分

内定通知をした以上は,契約として成立しており,内定取り消しには正当な理由が必要です。
内定そのものの成立を否定するのはやや乱暴な議論です。
内定を通知した以上は,求職者は他社の応募をやめて就職に備えるでしょうから,内定取り消しは,解雇に等しいものです。
「採用内定の取消事由は、採用内定当時知ることができず、また知ることが期待できないような事実であつて、これを理由として採用内定を取消すことが解約権留保の趣旨、目的に照らして客観的に合理的に認められ社会通念上相当として是認することができるものに限られる」のです。
また,手続き的にも内定取り消し理由を開示していないことは,問題です。
今回,経歴詐称と言うことですが,その具体的内容によれば取り消しの正当な理由となるでしょうが,後出しの点から不利になることは否めません。

お礼メッセージ

ありがとうございます。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

産休を控えている場合の不当解雇による不服申立て内容について。

退職・解雇・雇止め 2020年09月06日

妊娠中で産休を10月に控えた者です。 無期契約で正社員として雇用されており、入社して約1年半ほどです。 10人に満たない小さな会社のため、就業規則はありません。 現在当方は8月頭から母健措置による休業補償を頂いており、休業補償明けから...

競業避止義務の誓約を見送る法的に妥当な理由についてご教示お願いいたします

退職・解雇・雇止め 2020年06月23日

退職にあたり、競業避止義務を含む誓約書の提出を在籍企業から求められております。 誓約を見送りつつ、出来るだけ円満退社したく、妥当な見送り理由について、ご教示いただけないでしょうか。 競業避止義務項目の内容は、過去のクライアント企業等へ...

会社を退職する際に今後の職業選択を狭められる内容の誓約書にサインを求められております。これは法的に認められる内容なのでしょうか?

退職・解雇・雇止め 2020年05月29日

27歳、社会人です。 私は専門学校卒業と同時に 飲食店に勤めて8年目になります。 居酒屋やファミレスなどではなく 例えばお寿司やラーメン、焼鳥やフレンチなど 専門職(お店の特色が出やすい)の個人店にて 勤めておりました。 そちらの店舗...

窃盗し仕事辞めれない

退職・解雇・雇止め 2020年05月26日

退職の事で相談したいです。 この度子供を授かり結婚をしました。家族とは距離がある場所で働いてます。この機会に退職して家族と過ごすようにしたいのですが、今働いている会社で三年経ちます。 その会社で僕は自分の生活難から会社の人から窃盗を3...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する