いきなり退職か降格かを選べと言われた!

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年01月29日 19時48分

 社員契約から半年たった頃、いきなり「社員契約を破棄して、退職または週の半分出勤のパート契約かどちらかを一週間以内に決めてください」と言われました。退職の場合は、先月働いた分の給料と、締め日から退職までの期間の働いた日数を日割計算した額を支払うと言われました。社員契約をしてから、遅刻欠勤なく真面目に働いて来ました。あと一週間で職を失うとなると、家賃の支払いや生活が出来なくなってしまう為、とても困ります。



(20代:女性)

匿名弁護士

 相談分からは、雇い主から一方的に会社を辞めるか、正社員からパート従業員への降格の選択を迫られていることがうかがえます。しかしながら、自主退職及び降格に関しては従業員である相談者の同意なしには実現することができません。仮に、相談者が今回の選択に応じなかった場合に使用者が解雇をしようとしても、解雇は法律上制限されています。

まず、自主退職は当然相談者が申し出ない限り実現することはありません。また、正社員からパート従業員への降格などの労働契約の変更は、労働者に重大な影響(主に不利益)を及ぼしますので、使用者が一方的に変更することは許されず、十分な話し合いの上、労働者の同意を得ることが必要です。ですので、相談者が降格に同意しない限り雇い主が一方的に降格することはできないのです。仮に、そのようなことが行われた場合には違法行為として労働基準監督署へ通報されるとよいでしょう。
ですので、相談者としてはどちらも応じるつもりはないと回答されるとよいでしょう。
その場合、雇い主は相談者を解雇してくるという手段に出ることが予想されます。しかし、前述の通り解雇は法律上制限されています。
まず、解雇が「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合」には、権利濫用にあたり無効となります(労働契約法16条)。そして、合理的な理由はかなり厳しく判断されます。今回、雇い主がどのような理由で相談者に話を持ちかけたのかはわかりませんが、整理解雇の必要性などの経営上の理由でもない限り正当な解雇とは認められません。仮に、不当解雇された場合には裁判所に地位の確認請求訴訟を提起されるとよいでしょう。

また、使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少なくとも30日前にその予告をしなければなりません(労働基準法20条1項1文)。30日前に予告をしない使用者は、30日分以上の平均賃金を支払わなければ労働者を解雇することはできません(同20条1項2文)。もっともこの場合の解雇も解雇権の濫用があってはなりませんので、上記金額を支払えば解雇できるというわけではありません。

なお、退職される場合には勤め先の就業規則の退職金規程を確認した上で、退職金を受け取る資格が発生しているようであれば、退職金を請求されるとよいでしょう。

2016年01月29日 19時48分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

産休を控えている場合の不当解雇による不服申立て内容について。

退職・解雇・雇止め 2020年09月06日

妊娠中で産休を10月に控えた者です。 無期契約で正社員として雇用されており、入社して約1年半ほどです。 10人に満たない小さな会社のため、就業規則はありません。 現在当方は8月頭から母健措置による休業補償を頂いており、休業補償明けから...

競業避止義務の誓約を見送る法的に妥当な理由についてご教示お願いいたします

退職・解雇・雇止め 2020年06月23日

退職にあたり、競業避止義務を含む誓約書の提出を在籍企業から求められております。 誓約を見送りつつ、出来るだけ円満退社したく、妥当な見送り理由について、ご教示いただけないでしょうか。 競業避止義務項目の内容は、過去のクライアント企業等へ...

会社を退職する際に今後の職業選択を狭められる内容の誓約書にサインを求められております。これは法的に認められる内容なのでしょうか?

退職・解雇・雇止め 2020年05月29日

27歳、社会人です。 私は専門学校卒業と同時に 飲食店に勤めて8年目になります。 居酒屋やファミレスなどではなく 例えばお寿司やラーメン、焼鳥やフレンチなど 専門職(お店の特色が出やすい)の個人店にて 勤めておりました。 そちらの店舗...

窃盗し仕事辞めれない

退職・解雇・雇止め 2020年05月26日

退職の事で相談したいです。 この度子供を授かり結婚をしました。家族とは距離がある場所で働いてます。この機会に退職して家族と過ごすようにしたいのですが、今働いている会社で三年経ちます。 その会社で僕は自分の生活難から会社の人から窃盗を3...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する