退職時の競業避止義務誓約書の効力

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年01月27日 02時06分

 現在、転職を考えています。転職先が現会社の競合他社になるのですが、退職時には機密保持誓約書に署名・捺印をさせられます。ただ、誓約書の中に「競業避止義務の確認」も盛り込まれており退職後1年間は競合他社へは就職しない...という内容です。
誓約書に署名・捺印をする以上、競業避止義務が発生し1年間は競合他社へ就職出来ないということになるのでしょうか?



(40代:男性)

匿名弁護士

     誓約書に署名捺印をし、競業避止義務契約を締結したとしても、競合他社へ就職することは可能です。

     人は職業選択の自由(憲法22条1項)を有しており、この権利は民法等の一般条項を介して私人間(個人と企業間)においても主張できるものです。

     そして、裁判例では、競業避止義務契約の有効性につき、




    1. 守るべき企業の利益があることを前提として、契約内容が目的に照らして合理的範囲内にとどまっているかどうかの観点から、

    2. 従業者の地位、

    3. 地域的な限定の有無、

    4. 競業避止義務の存続期間、

    5. 禁止される競業行為の範囲、

    6. 代償措置の有無


    の項目を考慮して判断されています。
     なお、(4)競業避止義務の存続期間に関しては1年間の有効期限に関しては認められることが多いのに対して、2年以上の期間を定めるものについては、有効性を否定するものが多いようです。



     相談者の場合、(4)存続期間が1年であり、その点は契約が有効と認められる要素となりますが、転職前後の業務を比較し、転職元の会社に実害が生じないのであれば、その限りにおいて競業避止義務が及ばないと主張することができるでしょう。

2016年01月27日 02時06分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

退職の際の仕事の持ち出し(顧客データを含む)

退職・解雇・雇止め 2017年07月19日

突然上司が会社を辞めることになりました。 その際、自分が企画した仕事(現在は軌道にのり、それなりの売上をあげています。)を持っていくといっていろいろ準備をしているようです。 仕入先にもすでに話をしているようで、「今後は自分と取引をして...

病気で、連絡して10日程欠勤したら解雇されました。不当解雇になりますか?

退職・解雇・雇止め 2017年07月19日

4日で一日4時間のバイトをしていたのですが、持病が悪化して 休日を抜きにして10日程会社を休ませて貰っていたら、30日の前の予告なく突然解雇されてしまいました。 この場合不当解雇に当たり、請求は出来ますか? 有給休暇も貰えていません。...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

退職・解雇・雇止めに強い弁護士

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

ページ
トップへ