退職時の競業避止義務誓約書の効力

User image 1 Legalus編集部さん 2016年01月27日

 現在、転職を考えています。転職先が現会社の競合他社になるのですが、退職時には機密保持誓約書に署名・捺印をさせられます。ただ、誓約書の中に「競業避止義務の確認」も盛り込まれており退職後1年間は競合他社へは就職しない...という内容です。
誓約書に署名・捺印をする以上、競業避止義務が発生し1年間は競合他社へ就職出来ないということになるのでしょうか?



(40代:男性)

関連Q&A

飲み屋勤務です。妊娠したが辞めさせてもらうにはどうしたらいいでしょうか?

退職・解雇・雇止め 2017年04月27日

現在飲み屋にて勤務しております。 働きだしてまだ1年。しかし先日私の妊娠が発覚しました。 雇い主に出産の意志があることを伝え、体調、就労時間等のことを考えて辞めさせてほしいと言いましたが辞めさせてもらえません。 親に内緒で働いてること...

無断欠勤懲戒処分について

退職・解雇・雇止め 2017年04月01日

どんな理由にせよ無断欠勤は社会人として、人間として絶対にしてはいけない事だと反省している上での質問です。 試用期間中に一日の無断欠勤(夕方16時に連絡を入れた)で始末書提出(取締役からの指示)と2階級降格(課長→主任)の処分を受けまし...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     誓約書に署名捺印をし、競業避止義務契約を締結したとしても、競合他社へ就職することは可能です。

     人は職業選択の自由(憲法22条1項)を有しており、この権利は民法等の一般条項を介して私人間(個人と企業間)においても主張できるものです。

     そして、裁判例では、競業避止義務契約の有効性につき、




    1. 守るべき企業の利益があることを前提として、契約内容が目的に照らして合理的範囲内にとどまっているかどうかの観点から、

    2. 従業者の地位、

    3. 地域的な限定の有無、

    4. 競業避止義務の存続期間、

    5. 禁止される競業行為の範囲、

    6. 代償措置の有無


    の項目を考慮して判断されています。
     なお、(4)競業避止義務の存続期間に関しては1年間の有効期限に関しては認められることが多いのに対して、2年以上の期間を定めるものについては、有効性を否定するものが多いようです。



     相談者の場合、(4)存続期間が1年であり、その点は契約が有効と認められる要素となりますが、転職前後の業務を比較し、転職元の会社に実害が生じないのであれば、その限りにおいて競業避止義務が及ばないと主張することができるでしょう。

2016年01月27日

退職・解雇・雇止めに強い弁護士

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ