退職時の競業避止義務誓約書の効力

Legalus編集部さん 2016年01月27日

 現在、転職を考えています。転職先が現会社の競合他社になるのですが、退職時には機密保持誓約書に署名・捺印をさせられます。ただ、誓約書の中に「競業避止義務の確認」も盛り込まれており退職後1年間は競合他社へは就職しない...という内容です。
誓約書に署名・捺印をする以上、競業避止義務が発生し1年間は競合他社へ就職出来ないということになるのでしょうか?



(40代:男性)

関連Q&A

退職願を出したら、退職日を一方的に決められた!

退職・解雇・雇止め 2016年07月14日

退職をしようと思い11月10日に話をしたところ、「退職日に関しては、相談したいので空白で退職願を書いて明日に提出するように」と言われ、疑問に思いつつも翌日11日に空白で提出しました。 翌12日に「弊社は15日締めなので今月の15日付け...

不当解雇にどのように対応すればよいでしょうか?

退職・解雇・雇止め 2016年01月29日

12月4日の就業終了30分前に応接室に呼び出され、「今日付けで解雇します」と言われました。解雇理由は「同僚職員に対する人間関係を乱す行為を行いました。社内の規律維持のため解雇します」となっています。 ただ、人間関係を乱す行為は行ってお...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     誓約書に署名捺印をし、競業避止義務契約を締結したとしても、競合他社へ就職することは可能です。

     人は職業選択の自由(憲法22条1項)を有しており、この権利は民法等の一般条項を介して私人間(個人と企業間)においても主張できるものです。

     そして、裁判例では、競業避止義務契約の有効性につき、




    1. 守るべき企業の利益があることを前提として、契約内容が目的に照らして合理的範囲内にとどまっているかどうかの観点から、

    2. 従業者の地位、

    3. 地域的な限定の有無、

    4. 競業避止義務の存続期間、

    5. 禁止される競業行為の範囲、

    6. 代償措置の有無


    の項目を考慮して判断されています。
     なお、(4)競業避止義務の存続期間に関しては1年間の有効期限に関しては認められることが多いのに対して、2年以上の期間を定めるものについては、有効性を否定するものが多いようです。



     相談者の場合、(4)存続期間が1年であり、その点は契約が有効と認められる要素となりますが、転職前後の業務を比較し、転職元の会社に実害が生じないのであれば、その限りにおいて競業避止義務が及ばないと主張することができるでしょう。

2016年01月27日

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ