後から追加された競業禁止規定は有効なのでしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年01月18日 23時55分

 現在ブライダルプランナーをしています。勤続5年、考え方の違いから8月退職予定です。その後は、フリーのブライダルプランナーとして個人で活動していく予定です。入社時に競業禁止の話もなく、就業規則に競業禁止も入っていませんでした。にもかかわらず、今になって競業禁止があると言われて困っています。「入社時に競業禁止の話をされたわけでもないし、就業規則にも書いていないですよね」と確認したところ、何年か前に就業規則の中に競業禁止の項目が追加されたと言われました。変更自体知らされていない上に、掲示などもありませんでした。
 何のサインもしていませんし、裁判になったところで私に不利な点があるのでしょうか?



(30代:女性)

匿名弁護士

 競業禁止とは、ある従業員が在職中、もしくは退職後一定の期間、在籍していた会社の業務と競業的性質を有する行為をしてはならないことを指します。会社側としては、顧客情報の流出や営業機会の減少を防ぐことを目的にしています。

 このような、退職後、一定期間競業的行為を禁止する場合には、就業規則や労働契約書に規定が必要であり、規定が無ければ義務を負わせるのは難しいものです。また、規定があっても、期間や地域的範囲が妥当かどうかは個別に判断されます。というのも、憲法において「職業選択の自由」(憲法22条1項)が保障されており、競業禁止をする場合は、制限的にしなければならないという考え方があるためです。

 実際の裁判例では、



  1. 競業を制限する期間の長短

  2. 制限する地域の範囲

  3. 制限対象となる職種

  4. 代替措置の有無(競業を禁止する代わりに退職金の割り増しをするなどの措置があるかどうか)


などを基準として、従業員の役職や働き方を考慮して競業禁止の妥当性を判断する傾向にあります。

 特に、規定があったとしても代替措置が無い場合、当該競業禁止規定は無効であると判断される傾向が強いと言えます。また、役職がない、いわゆる平社員の場合は競業禁止が無効と判断されるケースが多いと言えます。

 他方で、今回のケースでは就業規則を変更して競業禁止規定を追加した経緯があるとのこと。この就業規則の変更を行う場合は、就業規則を作り直し、所轄の労働基準監督署へ届出を行い、労働組合などから意見を聴取したり、変更後は掲示などをする義務があります(労働基準法89条90条106条など参照)。こうした手続きが欠けていた場合、当該規則自体が無効であると判断される可能性があります。

 ご相談者様のお話では、掲示などの周知もなく気がついたら変わっていたとのことですので、会社側に手続き上の違法性がある可能性は高いと言えるでしょう。となれば競業禁止規定自体が有効に成立しておらず、結果的に規定が適用されない可能性はあります。

 また、ご相談者様の場合、仮に裁判に発展した場合、前述の基準から考えて、競業禁止規定が無効と判断される可能性は高いケースではないかと思われます。

 ただ、会社側と競業禁止規定が無効であり、退職後、自由に営業をしていける旨を確認していくための交渉は、個人では限界がある部分があろうかと思われます。経緯からご相談者様に有利な点が散見されるため、一度、弁護士に経緯を相談されて、交渉などを代行してもらうというのもひとつの方法ではないかと思われます。

2016年01月18日 23時55分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

辞職時の誓約書の件

退職・解雇・雇止め 2018年01月15日

22年間働いてきた46歳管理職です。 会社を退職する意向を伝えたところ、会社から競業防止に関する誓約書にサインをしないと、退職手続きをできないと言われて困っております 何点か問題点を挙げますと、 1.この誓約書は、『機密情報」を広範囲...

口頭で約束された退職金が支払われない。

退職・解雇・雇止め 2017年12月27日

63歳の定年制で退職しました。(定年1か月前、延長希望「無し」としましたが、会社側の7日間延長要請を受け入れた後に退職) 会社の規則に記載はありませんが、民間の生命保険に加入していました。全額会社が掛け金を負担。 入社時、保険加入時、...

契約期間内のやむを得ない退職について

退職・解雇・雇止め 2017年12月15日

口頭で二年間契約社員として労働することを条件に、半ば強引に給与金額を通常社員に支払っている金額よりも高く設定され、入社しました。 勤務開始数ヵ月後に急遽、嫁の実家の両親、祖母の介護が必要になり戻らなくてはならないことになりました。 ま...

自主退職の場合でも、退職日は即日になるのでしょうか?

退職・解雇・雇止め 2017年12月11日

職場から一週間ほど退職を迫られておりました。 最初は意志がない旨を申し上げていましたが、仕事をさせられないと言ってひとり勤務時間中放置されて過ごしたり、社員証を取り上げられたり、「精神的に不安定で信用できない」と言いふらされるようにな...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

退職・解雇・雇止めに強い弁護士

【横浜駅徒歩3分】【初回相談無料】【24時間予約受付中】依頼者様の立場で分かりやすい説明と丁寧かつ迅速な連絡を...

【初回法律相談無料】ご相談頂きやすい環境作りを大切にしています。まずはお気軽にご相談ください。

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

【JR関内駅より3分】【みなとみらい線日本大通り駅より5分】迅速かつ透明性のあるリーガルサービスの提供を致しま...

【初回相談無料】【分割払いあり】【後払いあり】【電話相談可】【メール相談可】【土日祝相談可】【夜間相談可】

【初回法律相談料無料】まずはお気軽にご相談ください。じっくりお話しをお聞きし、最適な解決案をご案内いたします。

ページ
トップへ