不当解雇にどのように対応すればよいでしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年01月29日 19時56分

 12月4日の就業終了30分前に応接室に呼び出され、「今日付けで解雇します」と言われました。解雇理由は「同僚職員に対する人間関係を乱す行為を行いました。社内の規律維持のため解雇します」となっています。

 ただ、人間関係を乱す行為は行っておらず、身に覚えがない内容です。どのように対応すればよいでしょうか?


(30代:女性)

匿名弁護士

 解雇とは、使用者である会社などが一方的に労働契約を解約することを意味します。合意ではなく、一方的にという部分がポイントです。

 そのため、会社が従業員を解雇する場合、合理的な理由がないと解雇出来ないことになっています(労働契約法16条)。

 補足として、解雇をする場合のこのような制限は、アルバイトであろうが正規社員であろうが関係なく、すべての労働者(使用関係にあって賃金をもらっている人)にあてはまります。



 ご相談者様が示された解雇理由は、おそらく労働基準法22条で規定された解雇理由を示した証明書であると思われます。これは、法が解雇の際に会社側が労働者に対して交付を義務化しているものです。

 そして、ご相談者様の場合、解雇の中でも「即時解雇である懲戒解雇」を会社側が選択したものと思われます。これは、労働者側の故意または過失によって会社に損害を与えたために解雇されるケースです。



 しかし、解雇は労働者の地位を奪い、生活の基盤を危うくするものですから、慎重に運用されるものです。

 具体的には、解雇理由が合理的であり、社会通念上相当と認められないとそもそも解雇自体が無効として扱われます。

 また、労働基準法20条に定められた30日以上前の解雇予告解雇予告手当の支払いをせずに、即時解雇する場合は、労働基準監督署から「解雇予告除外認定」を受けないといけません。



 今回のご相談内容を拝見すると、単に「規律を乱した」という理由のみでは合理的な解雇理由とは言い難いですし、仮に合理的な解雇理由があったとしても、解雇予告除外認定を受けずに即時解雇することは、労働基準法違反です(労働基準法119条で罰則も定められています)。



 そうであれば、まず所轄の労働基準監督署にご相談されることをおすすめいたします。間に入って会社に対して理由や不当性の是正をしてもらうようにお願いしてみてください。



 それでも問題が解決しない場合は、訴訟手続を介して、労働者である地位を守る対応も可能です。この場合は、弁護士に相談する必要があるでしょう。

2016年01月29日 19時56分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

辞職時の誓約書の件

退職・解雇・雇止め 2018年01月15日

22年間働いてきた46歳管理職です。 会社を退職する意向を伝えたところ、会社から競業防止に関する誓約書にサインをしないと、退職手続きをできないと言われて困っております 何点か問題点を挙げますと、 1.この誓約書は、『機密情報」を広範囲...

口頭で約束された退職金が支払われない。

退職・解雇・雇止め 2017年12月27日

63歳の定年制で退職しました。(定年1か月前、延長希望「無し」としましたが、会社側の7日間延長要請を受け入れた後に退職) 会社の規則に記載はありませんが、民間の生命保険に加入していました。全額会社が掛け金を負担。 入社時、保険加入時、...

契約期間内のやむを得ない退職について

退職・解雇・雇止め 2017年12月15日

口頭で二年間契約社員として労働することを条件に、半ば強引に給与金額を通常社員に支払っている金額よりも高く設定され、入社しました。 勤務開始数ヵ月後に急遽、嫁の実家の両親、祖母の介護が必要になり戻らなくてはならないことになりました。 ま...

自主退職の場合でも、退職日は即日になるのでしょうか?

退職・解雇・雇止め 2017年12月11日

職場から一週間ほど退職を迫られておりました。 最初は意志がない旨を申し上げていましたが、仕事をさせられないと言ってひとり勤務時間中放置されて過ごしたり、社員証を取り上げられたり、「精神的に不安定で信用できない」と言いふらされるようにな...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

退職・解雇・雇止めに強い弁護士

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】日本一背の高い弁護士がバスケットで培ってきた、体力・精神力を活かして...

【銀座駅徒歩5分】依頼者の方々が直面している1つ1つの事件について、皆様の声に真執に耳を傾け、ご相談者・ご依頼...

【あなたの悩みに寄り添います】”一人で悩む前に、相談してほしい”・・・そんな思いから<初回相談無料><夜間/土...

【初回法律相談無料】【24時間メール相談受付可能】【法科大学院講師】弁護士としての経験は11年目。依頼者に寄り...

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

ページ
トップへ