辞めた会社からの呼び出し

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時12分

 退職した会社から、私がつけていた帳簿に不明箇所があるということで、「会計士立会いのもと処理いたします。事前連絡の上、来社ください」との内容の普通郵便が届きました。
 すでに退職している会社なのに、応じる義務があるのですか?イジメとセクハラをされて辞めたこともあって、できればもう関わりたくないのですが。

(30代:女性)

匿名弁護士

 使用者と労務者は雇用契約(民法623条)を結んでいます。したがって、雇用者も被雇用者も、契約期間中は当該雇用契約および関連法規に拘束されます。
 あなたが退職された時点で、会社との雇用契約は終了しているため、期間外である現在は呼び出しに応じる法的な義務はないとも考えられます。
 しかし、仕事の性質によっては、後日、確認や処理をしなくてはならない事由が生じる場合もあります。あなたがなさっていた経理事務などはその典型ではないでしょうか。年度末や確定申告の時期になって、はじめて確認の必要な事項が見つかることは充分ありえることです。

 そのような場合にも、「雇用契約は終了しているから」と突っぱねることもできなくはありません。しかし、確認必要事項が雇用契約期間中に生じたものである場合は、契約に付随する義務と解釈することも可能です。
 後任者にも引継ぎをされているでしょうから、「どうして今さら」と思われるかもしれません。が、あなたしか確認できないというのであれば、やはりあなた自身が処理されるしかないでしょう。
 また、経理は、殊に正確性、透明性が要求される業務です。それらを考えると、後日の紛争を避けるためにも、あなたの在職中に処理された内容については早めに明白にしておかれることをお勧めしたいです。
 会社の呼び出しに応じられる場合は、交通費については請求できると考えます。

2014年01月07日 04時12分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

辞職時の誓約書の件

退職・解雇・雇止め 2018年01月15日

22年間働いてきた46歳管理職です。 会社を退職する意向を伝えたところ、会社から競業防止に関する誓約書にサインをしないと、退職手続きをできないと言われて困っております 何点か問題点を挙げますと、 1.この誓約書は、『機密情報」を広範囲...

口頭で約束された退職金が支払われない。

退職・解雇・雇止め 2017年12月27日

63歳の定年制で退職しました。(定年1か月前、延長希望「無し」としましたが、会社側の7日間延長要請を受け入れた後に退職) 会社の規則に記載はありませんが、民間の生命保険に加入していました。全額会社が掛け金を負担。 入社時、保険加入時、...

契約期間内のやむを得ない退職について

退職・解雇・雇止め 2017年12月15日

口頭で二年間契約社員として労働することを条件に、半ば強引に給与金額を通常社員に支払っている金額よりも高く設定され、入社しました。 勤務開始数ヵ月後に急遽、嫁の実家の両親、祖母の介護が必要になり戻らなくてはならないことになりました。 ま...

自主退職の場合でも、退職日は即日になるのでしょうか?

退職・解雇・雇止め 2017年12月11日

職場から一週間ほど退職を迫られておりました。 最初は意志がない旨を申し上げていましたが、仕事をさせられないと言ってひとり勤務時間中放置されて過ごしたり、社員証を取り上げられたり、「精神的に不安定で信用できない」と言いふらされるようにな...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

退職・解雇・雇止めに強い弁護士

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

【銀座駅徒歩5分】依頼者の方々が直面している1つ1つの事件について、皆様の声に真執に耳を傾け、ご相談者・ご依頼...

【横浜駅徒歩3分】【初回相談無料】【24時間予約受付中】依頼者様の立場で分かりやすい説明と丁寧かつ迅速な連絡を...

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

【初回相談無料】【土曜日相談可】地域に根ざした法的サポートをご提供いたします

ページ
トップへ