辞めた会社からの呼び出し

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 退職した会社から、私がつけていた帳簿に不明箇所があるということで、「会計士立会いのもと処理いたします。事前連絡の上、来社ください」との内容の普通郵便が届きました。
 すでに退職している会社なのに、応じる義務があるのですか?イジメとセクハラをされて辞めたこともあって、できればもう関わりたくないのですが。

(30代:女性)

関連Q&A

後輩と会社を立ち上げるために辞職するのは大丈夫でしょうか?

退職・解雇・雇止め 2017年01月13日

同じ会社の同じチームの後輩数名と会社を立ち上げようと考えており、今度全員で一気に辞表を出そうと考えていますが、これは法律的な問題はないのでしょうか。 私は管理職ではなく、一歩手前くらいの社員です。 どうかご助言よろしくお願いいたします。

退職した社員に訴えられ困っている

退職・解雇・雇止め 2017年01月13日

総務の責任者をやってます 昨年、退職した社員より訴訟され困っています わが社は社長のワンマン会社で、暴力、暴言は当たり前 残業代も不払いです 退職した社員にも、契約時、その事は伝えました しかし、毎月100時間を超える残業や、役員、写...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     使用者と労務者は雇用契約(民法623条)を結んでいます。したがって、雇用者も被雇用者も、契約期間中は当該雇用契約および関連法規に拘束されます。
     あなたが退職された時点で、会社との雇用契約は終了しているため、期間外である現在は呼び出しに応じる法的な義務はないとも考えられます。
     しかし、仕事の性質によっては、後日、確認や処理をしなくてはならない事由が生じる場合もあります。あなたがなさっていた経理事務などはその典型ではないでしょうか。年度末や確定申告の時期になって、はじめて確認の必要な事項が見つかることは充分ありえることです。

     そのような場合にも、「雇用契約は終了しているから」と突っぱねることもできなくはありません。しかし、確認必要事項が雇用契約期間中に生じたものである場合は、契約に付随する義務と解釈することも可能です。
     後任者にも引継ぎをされているでしょうから、「どうして今さら」と思われるかもしれません。が、あなたしか確認できないというのであれば、やはりあなた自身が処理されるしかないでしょう。
     また、経理は、殊に正確性、透明性が要求される業務です。それらを考えると、後日の紛争を避けるためにも、あなたの在職中に処理された内容については早めに明白にしておかれることをお勧めしたいです。
     会社の呼び出しに応じられる場合は、交通費については請求できると考えます。

2014年01月07日

退職・解雇・雇止めに強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ