会社に受理してもらえない退職願!

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時15分

 上司に口頭で退職を申し入れたものの、受理してもらえませんでした。
 その後、あらためて会社指定の退職願を提出したのですが、「忙しいから」等と言われ放置され、その後の処理等を行ってもらえません。

 こんな状態で、退職予定の日が刻々と近づいています。一体、私はどうすればよいのでしょうか。

(20代前半:女性)

匿名弁護士

 結論から申しますと、会社があなたの退職願を受理しなかったとしても、予告期間等法律の規定にしたがったものであれば、退職が認められます。
(どのような場合に「法律の規定にしたがった」退職といえるのか、については、「退職するのって自由なの?」の項をご参照ください)

 たとえ、就業規則等で、使用者(会社)の承諾を要件とすると定めてあったとしても、それは、労働者の退職の自由を不当に制約するもので無効なのです。
 ただ、後日、トラブルが起きそうな場合には、退職願を、会社宛に内容証明郵便で送っておくと安心です。

 なお、以下、参考までに申しますと、退職金については、就業規則等に、「会社の承認を受けずに一方的に退職した者」には退職金を支払わない、あるいは減額するといった定めがなされていたとしても、退職が合法的に行われたものであれば、会社は、退職金を支払わなかったり減額したりすることはできません。
 また、退職した場合には、あなたが請求すれば、7日以内に賃金を支払い、積立金、貯蓄金その他名称の如何を問わず、労働者の権利に属する金品を返還してもらうことができます(労働基準法23条1項)。

 これらについて、あなたと会社の間で争いがあったとしても、会社は争いのない部分については、右の期間中に支払う必要があります(同条2項)。

 さらに、あなたが、退職にあたり、使用期間、業務の種類、その事業における地位及び賃金または退職の事由について証明書を請求した場合には、会社は遅滞なくこれを交付する必要があります(同法22条1項)。
 この証明書には、あなたが請求しない事項は記入してはならないとされています(同条2項)のでご安心を。

2014年01月07日 04時15分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

辞職時の誓約書の件

退職・解雇・雇止め 2018年01月15日

22年間働いてきた46歳管理職です。 会社を退職する意向を伝えたところ、会社から競業防止に関する誓約書にサインをしないと、退職手続きをできないと言われて困っております 何点か問題点を挙げますと、 1.この誓約書は、『機密情報」を広範囲...

口頭で約束された退職金が支払われない。

退職・解雇・雇止め 2017年12月27日

63歳の定年制で退職しました。(定年1か月前、延長希望「無し」としましたが、会社側の7日間延長要請を受け入れた後に退職) 会社の規則に記載はありませんが、民間の生命保険に加入していました。全額会社が掛け金を負担。 入社時、保険加入時、...

契約期間内のやむを得ない退職について

退職・解雇・雇止め 2017年12月15日

口頭で二年間契約社員として労働することを条件に、半ば強引に給与金額を通常社員に支払っている金額よりも高く設定され、入社しました。 勤務開始数ヵ月後に急遽、嫁の実家の両親、祖母の介護が必要になり戻らなくてはならないことになりました。 ま...

自主退職の場合でも、退職日は即日になるのでしょうか?

退職・解雇・雇止め 2017年12月11日

職場から一週間ほど退職を迫られておりました。 最初は意志がない旨を申し上げていましたが、仕事をさせられないと言ってひとり勤務時間中放置されて過ごしたり、社員証を取り上げられたり、「精神的に不安定で信用できない」と言いふらされるようにな...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

退職・解雇・雇止めに強い弁護士

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

【川口駅前の法律事務所】【初回相談無料】不動産、債務整理、相続、離婚問題などお気軽にご相談下さい!

■新進気鋭の2名の若手弁護士が、素早いフットワークで企業様をサポート致します。

【初回法律相談無料】ご相談頂きやすい環境作りを大切にしています。まずはお気軽にご相談ください。

ページ
トップへ