会社に受理してもらえない退職願!

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 上司に口頭で退職を申し入れたものの、受理してもらえませんでした。
 その後、あらためて会社指定の退職願を提出したのですが、「忙しいから」等と言われ放置され、その後の処理等を行ってもらえません。

 こんな状態で、退職予定の日が刻々と近づいています。一体、私はどうすればよいのでしょうか。

(20代前半:女性)

関連Q&A

無断欠勤懲戒処分について

退職・解雇・雇止め 2017年04月01日

どんな理由にせよ無断欠勤は社会人として、人間として絶対にしてはいけない事だと反省している上での質問です。 試用期間中に一日の無断欠勤(夕方16時に連絡を入れた)で始末書提出(取締役からの指示)と2階級降格(課長→主任)の処分を受けまし...

勤務態度の不良なパートを解雇したい・・・

退職・解雇・雇止め 2017年02月08日

経営者です 勤務態度の不良な、古株の既婚パートを解雇したいのです 他の従業員は、本人より若いので意見できない状態です そのパートは、主に受付、顧客対応をする部門です。 ・とにかく忙しいときに手抜き、サボりが目立ち、他の従業員から苦情が...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     結論から申しますと、会社があなたの退職願を受理しなかったとしても、予告期間等法律の規定にしたがったものであれば、退職が認められます。
    (どのような場合に「法律の規定にしたがった」退職といえるのか、については、「退職するのって自由なの?」の項をご参照ください)

     たとえ、就業規則等で、使用者(会社)の承諾を要件とすると定めてあったとしても、それは、労働者の退職の自由を不当に制約するもので無効なのです。
     ただ、後日、トラブルが起きそうな場合には、退職願を、会社宛に内容証明郵便で送っておくと安心です。

     なお、以下、参考までに申しますと、退職金については、就業規則等に、「会社の承認を受けずに一方的に退職した者」には退職金を支払わない、あるいは減額するといった定めがなされていたとしても、退職が合法的に行われたものであれば、会社は、退職金を支払わなかったり減額したりすることはできません。
     また、退職した場合には、あなたが請求すれば、7日以内に賃金を支払い、積立金、貯蓄金その他名称の如何を問わず、労働者の権利に属する金品を返還してもらうことができます(労働基準法23条1項)。

     これらについて、あなたと会社の間で争いがあったとしても、会社は争いのない部分については、右の期間中に支払う必要があります(同条2項)。

     さらに、あなたが、退職にあたり、使用期間、業務の種類、その事業における地位及び賃金または退職の事由について証明書を請求した場合には、会社は遅滞なくこれを交付する必要があります(同法22条1項)。
     この証明書には、あなたが請求しない事項は記入してはならないとされています(同条2項)のでご安心を。

2014年01月07日

退職・解雇・雇止めに強い弁護士

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ