突然、リストラ!退職金は請求できるの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時15分

 突然、会社から、リストラされることになりました。

 その際、退職金が出るのかたずねたところ、「今、不景気だから、わからない」などとごまかされてしまいました。

 退職後、労働基準局の方からたずねてもらうと、「退職金規定に数字が入っていないし出せない」とのこと。

 やはり、退職金は請求できないのでしょうか。

(30代後半:男性)

匿名弁護士

 リストラされてしまった場合、新たな職を見つけることが課題となりますが、当面の関心事は退職金ということになるでしょう。

 退職金はその法的性質により、大きく分けて2つあります。

 1つは、使用者の裁量に委ねられた恩恵的給付にとどまっている場合です。
 この場合は、退職金の支払は、法的には贈与ということになります。

 もう1つは、労働協約、就業規則等でそれを支給することや支給条件が定められている場合です。
 この場合は、労働基準法上の「賃金」にあたることになります。

 あなたの退職金が上記いずれにあたるのかは、原則として、使用者の自由に委ねられていますが、就業規則で支給すると定められている場合は、労働基準法上の賃金として、あなたは退職金の支払請求権を有することになります。

 一般的な退職金規定の場合、退職金を受け取ることのできる勤続年数が定められており、退職金の計算の基礎となる額(退職時の基本給等)に、勤続年数に応じた係数を乗じてその額が算定されるのが通常です。

 したがって、あなたの場合も、退職金規定のコピーを手に入れる等、何らかの形で退職金規定を確認するとよいでしょう。

 もし、調査の結果、退職金規定がないような場合には、退職金は出ないのが原則です。

 ただ、そうした場合でも、支払実例があり、かつ、一定の方法により算定されていたような場合には、慣行があったとして、退職金の請求をできることもあります(宍戸商会事件・東京地裁昭和48年2月27日判決)。

 その場合には、勤続何年の人にどれだけ退職金が出たかという過去の実績が参考になりますので、調査してみるとよいでしょう。

 いずれにせよ、会社には退職金規定の内容を社員に知らせる義務があるのですから(労働基準法15条1項)、今後は、入社前か、少なくとも社員である間に退職金規定をチェックしておかれることをお勧めします。

2014年01月07日 04時15分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

産休を控えている場合の不当解雇による不服申立て内容について。

退職・解雇・雇止め 2020年09月06日

妊娠中で産休を10月に控えた者です。 無期契約で正社員として雇用されており、入社して約1年半ほどです。 10人に満たない小さな会社のため、就業規則はありません。 現在当方は8月頭から母健措置による休業補償を頂いており、休業補償明けから...

競業避止義務の誓約を見送る法的に妥当な理由についてご教示お願いいたします

退職・解雇・雇止め 2020年06月23日

退職にあたり、競業避止義務を含む誓約書の提出を在籍企業から求められております。 誓約を見送りつつ、出来るだけ円満退社したく、妥当な見送り理由について、ご教示いただけないでしょうか。 競業避止義務項目の内容は、過去のクライアント企業等へ...

会社を退職する際に今後の職業選択を狭められる内容の誓約書にサインを求められております。これは法的に認められる内容なのでしょうか?

退職・解雇・雇止め 2020年05月29日

27歳、社会人です。 私は専門学校卒業と同時に 飲食店に勤めて8年目になります。 居酒屋やファミレスなどではなく 例えばお寿司やラーメン、焼鳥やフレンチなど 専門職(お店の特色が出やすい)の個人店にて 勤めておりました。 そちらの店舗...

窃盗し仕事辞めれない

退職・解雇・雇止め 2020年05月26日

退職の事で相談したいです。 この度子供を授かり結婚をしました。家族とは距離がある場所で働いてます。この機会に退職して家族と過ごすようにしたいのですが、今働いている会社で三年経ちます。 その会社で僕は自分の生活難から会社の人から窃盗を3...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する