突然、リストラ!退職金は請求できるの?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 突然、会社から、リストラされることになりました。

 その際、退職金が出るのかたずねたところ、「今、不景気だから、わからない」などとごまかされてしまいました。

 退職後、労働基準局の方からたずねてもらうと、「退職金規定に数字が入っていないし出せない」とのこと。

 やはり、退職金は請求できないのでしょうか。

(30代後半:男性)

関連Q&A

後輩と会社を立ち上げるために辞職するのは大丈夫でしょうか?

退職・解雇・雇止め 2017年01月13日

同じ会社の同じチームの後輩数名と会社を立ち上げようと考えており、今度全員で一気に辞表を出そうと考えていますが、これは法律的な問題はないのでしょうか。 私は管理職ではなく、一歩手前くらいの社員です。 どうかご助言よろしくお願いいたします。

退職した社員に訴えられ困っている

退職・解雇・雇止め 2017年01月13日

総務の責任者をやってます 昨年、退職した社員より訴訟され困っています わが社は社長のワンマン会社で、暴力、暴言は当たり前 残業代も不払いです 退職した社員にも、契約時、その事は伝えました しかし、毎月100時間を超える残業や、役員、写...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     リストラされてしまった場合、新たな職を見つけることが課題となりますが、当面の関心事は退職金ということになるでしょう。

     退職金はその法的性質により、大きく分けて2つあります。

     1つは、使用者の裁量に委ねられた恩恵的給付にとどまっている場合です。
     この場合は、退職金の支払は、法的には贈与ということになります。

     もう1つは、労働協約、就業規則等でそれを支給することや支給条件が定められている場合です。
     この場合は、労働基準法上の「賃金」にあたることになります。

     あなたの退職金が上記いずれにあたるのかは、原則として、使用者の自由に委ねられていますが、就業規則で支給すると定められている場合は、労働基準法上の賃金として、あなたは退職金の支払請求権を有することになります。

     一般的な退職金規定の場合、退職金を受け取ることのできる勤続年数が定められており、退職金の計算の基礎となる額(退職時の基本給等)に、勤続年数に応じた係数を乗じてその額が算定されるのが通常です。

     したがって、あなたの場合も、退職金規定のコピーを手に入れる等、何らかの形で退職金規定を確認するとよいでしょう。

     もし、調査の結果、退職金規定がないような場合には、退職金は出ないのが原則です。

     ただ、そうした場合でも、支払実例があり、かつ、一定の方法により算定されていたような場合には、慣行があったとして、退職金の請求をできることもあります(宍戸商会事件・東京地裁昭和48年2月27日判決)。

     その場合には、勤続何年の人にどれだけ退職金が出たかという過去の実績が参考になりますので、調査してみるとよいでしょう。

     いずれにせよ、会社には退職金規定の内容を社員に知らせる義務があるのですから(労働基準法15条1項)、今後は、入社前か、少なくとも社員である間に退職金規定をチェックしておかれることをお勧めします。

2014年01月07日

退職・解雇・雇止めに強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ