買収された会社の役員の解雇について

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年03月28日 19時55分

 私は、現在親会社が100%出資している子会社の雇われの代表をしていますが、親会社が買収されることになりました。買収の際に親会社・子会社共に役員は解雇になるそうです。こういった時の退職時には退職金等は出ないものなのでしょうか。


(30代:女性)

匿名弁護士

     あなたは「雇われの代表」をされているとの事ですので、従業員兼務取締役でいらっしゃるかと思いますが、あなたが本来、会社から支給されたであろう退職金は、(1)従業員としての地位に基づく「退職金」と、(2)役員としての地位に基づく「退職慰労金」との2種類の性質が合わさった物です。



     この内、(1)の従業員としての地位に基づく「退職金」については、退職金が支給されること及び支給する場合の支給基準等が就業規則、労働協約、労使慣行、労働契約等で定まっていれば、会社が買収された場合であっても会社に対して請求することができます。買収される会社の権利義務関係は一括して買収する会社に包括承継されるので、買収される会社の従業員の労働契約もそのまま買収する会社に承継されるからです。



     (2)の役員としての地位に基づく「退職慰労金」についてですが、そもそも「退職慰労金」は役員報酬であり、(a)会社の定款又は(b)株主総会の決議がなければ支給することができませんので(会社法361条)、あなたが「退職慰労金」を支給されるかは、これらの条件をクリアできるかにかかっています。

     (b)「退職慰労金」の支給についての株主総会の決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数で行います(同法309条1項)ので、「退職慰労金」を支給するかどうかは買収した会社(新株主)の判断にかかっています。

     (a)「退職慰労金」の支給について会社の定款に記載があれば、買収されたとしても定款通りに「退職慰労金」の支給を受けることができます。ただ、会社の定款はいつでも株主総会の特別決議(当該株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の3分の2以上の多数決)により変更することができますので(同法309条2項11号)、買収した会社(新株主)により定款の内容自体を変更された場合には、「退職慰労金」の支給を受けられないこともあるでしょう。

2014年03月28日 19時55分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

退職の際の仕事の持ち出し(顧客データを含む)

退職・解雇・雇止め 2017年07月19日

突然上司が会社を辞めることになりました。 その際、自分が企画した仕事(現在は軌道にのり、それなりの売上をあげています。)を持っていくといっていろいろ準備をしているようです。 仕入先にもすでに話をしているようで、「今後は自分と取引をして...

病気で、連絡して10日程欠勤したら解雇されました。不当解雇になりますか?

退職・解雇・雇止め 2017年07月19日

4日で一日4時間のバイトをしていたのですが、持病が悪化して 休日を抜きにして10日程会社を休ませて貰っていたら、30日の前の予告なく突然解雇されてしまいました。 この場合不当解雇に当たり、請求は出来ますか? 有給休暇も貰えていません。...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

退職・解雇・雇止めに強い弁護士

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

ページ
トップへ