買収された会社の役員の解雇について

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年03月28日 19時55分

 私は、現在親会社が100%出資している子会社の雇われの代表をしていますが、親会社が買収されることになりました。買収の際に親会社・子会社共に役員は解雇になるそうです。こういった時の退職時には退職金等は出ないものなのでしょうか。


(30代:女性)

匿名弁護士

 あなたは「雇われの代表」をされているとの事ですので、従業員兼務取締役でいらっしゃるかと思いますが、あなたが本来、会社から支給されたであろう退職金は、(1)従業員としての地位に基づく「退職金」と、(2)役員としての地位に基づく「退職慰労金」との2種類の性質が合わさった物です。



 この内、(1)の従業員としての地位に基づく「退職金」については、退職金が支給されること及び支給する場合の支給基準等が就業規則、労働協約、労使慣行、労働契約等で定まっていれば、会社が買収された場合であっても会社に対して請求することができます。買収される会社の権利義務関係は一括して買収する会社に包括承継されるので、買収される会社の従業員の労働契約もそのまま買収する会社に承継されるからです。



 (2)の役員としての地位に基づく「退職慰労金」についてですが、そもそも「退職慰労金」は役員報酬であり、(a)会社の定款又は(b)株主総会の決議がなければ支給することができませんので(会社法361条)、あなたが「退職慰労金」を支給されるかは、これらの条件をクリアできるかにかかっています。

 (b)「退職慰労金」の支給についての株主総会の決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数で行います(同法309条1項)ので、「退職慰労金」を支給するかどうかは買収した会社(新株主)の判断にかかっています。

 (a)「退職慰労金」の支給について会社の定款に記載があれば、買収されたとしても定款通りに「退職慰労金」の支給を受けることができます。ただ、会社の定款はいつでも株主総会の特別決議(当該株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の3分の2以上の多数決)により変更することができますので(同法309条2項11号)、買収した会社(新株主)により定款の内容自体を変更された場合には、「退職慰労金」の支給を受けられないこともあるでしょう。

2014年03月28日 19時55分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

私の伝えた退職日と会社の伝えてきた退職日の齟齬と解雇予告手当について

退職・解雇・雇止め 2021年05月20日

ご質問致します。 6月30日付退職、7月1日付で転職しようかと思い、5月20日にその旨を上司に伝えたところ、6月11日付で本社から退職を伝えられました。 上司からは「有給・公休は残ってないのでご理解下さい」と言われたのですが、 この場...

離職した配偶者を扶養に入れるための条件等教えてください!

退職・解雇・雇止め 2021年04月16日

夫がつい先日離職しました。(自分都合) 次の就職までの間、保険等の問題から私の扶養に入れたいのですが、以下の条件でも可能でしょうか。 ・2021年1月から4月の給与は90万円程度 ・昨年の所得は250万円程度 夫は半年以内に再就職する...

「辞めようと思っています」という言葉での退職受理について。解雇ということにはなりませんか?

退職・解雇・雇止め 2021年02月01日

はじめまして。 私は勤めていた会社を退職となりましたが納得がいかず、相談させていただきます。 ・労働条件通知書なし ・勤務時間は8時間だが休みが取れないことも多く、休憩がない日もあった ・社長がパートさんと不倫、社内や家庭にもバレたこ...

産休を控えている場合の不当解雇による不服申立て内容について。

退職・解雇・雇止め 2020年09月06日

妊娠中で産休を10月に控えた者です。 無期契約で正社員として雇用されており、入社して約1年半ほどです。 10人に満たない小さな会社のため、就業規則はありません。 現在当方は8月頭から母健措置による休業補償を頂いており、休業補償明けから...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する