派遣先には連絡していたのに無断欠勤扱いで解雇!これって許される?

Legalus編集部さん 2016年01月29日

 派遣社員です。体調不良で1週間ぐらい休みました。欠勤の連絡は派遣先にしていましたが、派遣元には連絡していませんでした。

 派遣元は無断欠勤したのだから解雇だというのですが、派遣元のほうから出勤確認があってもよいと思います。また、解雇するのだとすれば、事前に自分にも話があってしかるべきではないでしょうか。これって、不当解雇ではないですか?



(30代:男性)

関連Q&A

後輩と会社を立ち上げるために辞職するのは大丈夫でしょうか?

退職・解雇・雇止め 2017年01月13日

同じ会社の同じチームの後輩数名と会社を立ち上げようと考えており、今度全員で一気に辞表を出そうと考えていますが、これは法律的な問題はないのでしょうか。 私は管理職ではなく、一歩手前くらいの社員です。 どうかご助言よろしくお願いいたします。

退職した社員に訴えられ困っている

退職・解雇・雇止め 2017年01月13日

総務の責任者をやってます 昨年、退職した社員より訴訟され困っています わが社は社長のワンマン会社で、暴力、暴言は当たり前 残業代も不払いです 退職した社員にも、契約時、その事は伝えました しかし、毎月100時間を超える残業や、役員、写...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     労働契約法16条は、「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。」と定めています。

     この規定は若干抽象的ですが、具体的には、本人の反省の有無やその程度、これまでの勤務状況、業務への支障の程度等々の事情を総合的に判断して、解雇権の濫用となるかどうかが決せられます。また、労働者に対して、注意をし、指導をして改善の機会を与えることが求められるべき場合もあります。



     ご相談の場合、体調不良を理由とする欠勤の連絡を派遣先にしており、本来の雇用主である派遣元にはなされていません。しかし、派遣先に連絡をしている以上、誰にも何の連絡もしないという意味での純粋な無断欠勤であると判断することはできないと考えられます。



     また、その他の具体的な事情が分かりませんが、このように純粋な無断欠勤ではないと考えられる以上、使用者である派遣元としては、あなたから具体的事情を聴取するなどした上で、注意をしたりしなければならないと評価することも十分に可能です。



     したがって、解雇事由に相当する無断欠勤となるのか疑問であること、手続的に事情聴取がなされないまま解雇を宣告されていることからすれば、解雇権の濫用として、不当解雇となる余地が十分にあると思われます。

2016年01月29日

退職・解雇・雇止めに強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ