退職願を出したら、退職日を一方的に決められた!

Legalus編集部さん 2016年07月14日

 退職をしようと思い11月10日に話をしたところ、「退職日に関しては、相談したいので空白で退職願を書いて明日に提出するように」と言われ、疑問に思いつつも翌日11日に空白で提出しました。

 翌12日に「弊社は15日締めなので今月の15日付けで受理しました」と言われました。

 こちらとしては元々12月15日で辞めるつもりでの1か月前の意思表示だったのと退職日の相談があると言われていたのでその際に12月15日に退職したい旨を伝えるつもりだったのですが一方的に言われ、「それは困る。一般常識的な事を考え1か月前の意思表示をしたのにそれは受け入れられない」と反論しましたが、「辞める意思がある人間を置いておく筋合いはない。とにかくそう言うことだから文句があるなら言いにきてもいいよ」と言われました。

 有給の消化もできませんし、ボーナスも取らせないつもりの措置なのだと思いますが解雇予告手当等何かしらの請求はできないのでしょうか?



(20代:男性)

関連Q&A

不当解雇にどのように対応すればよいでしょうか?

退職・解雇・雇止め 2016年01月29日

12月4日の就業終了30分前に応接室に呼び出され、「今日付けで解雇します」と言われました。解雇理由は「同僚職員に対する人間関係を乱す行為を行いました。社内の規律維持のため解雇します」となっています。 ただ、人間関係を乱す行為は行ってお...

いきなり退職か降格かを選べと言われた!

退職・解雇・雇止め 2016年01月29日

社員契約から半年たった頃、いきなり「社員契約を破棄して、退職または週の半分出勤のパート契約かどちらかを一週間以内に決めてください」と言われました。退職の場合は、先月働いた分の給料と、締め日から退職までの期間の働いた日数を日割計算した額...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     会社側が、労働者の意思を無視して、一方的に退職日を設定することはできません。したがって、11月15日付での退職の一方的通告は無効となります。



     それにもかかわらず、会社側が11月15日に固執して、あなたの出勤や有休取得を認めないとなると、それは実質的には解雇と評価されるでしょうし、当然ながら不当解雇ということになります。



     そこで、1か月分の有休が残っているとした場合には、その給与額を請求することができますし、解雇を受け入れるのであれば、解雇予告手当を請求することもできるでしょう。

     自分にはそのような権利があることを会社に伝えて、円満な解決を図るのがよいと思います。

2016年07月14日

退職・解雇・雇止めに強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ