退職願を出したら、退職日を一方的に決められた!

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年07月14日 00時03分

 退職をしようと思い11月10日に話をしたところ、「退職日に関しては、相談したいので空白で退職願を書いて明日に提出するように」と言われ、疑問に思いつつも翌日11日に空白で提出しました。

 翌12日に「弊社は15日締めなので今月の15日付けで受理しました」と言われました。

 こちらとしては元々12月15日で辞めるつもりでの1か月前の意思表示だったのと退職日の相談があると言われていたのでその際に12月15日に退職したい旨を伝えるつもりだったのですが一方的に言われ、「それは困る。一般常識的な事を考え1か月前の意思表示をしたのにそれは受け入れられない」と反論しましたが、「辞める意思がある人間を置いておく筋合いはない。とにかくそう言うことだから文句があるなら言いにきてもいいよ」と言われました。

 有給の消化もできませんし、ボーナスも取らせないつもりの措置なのだと思いますが解雇予告手当等何かしらの請求はできないのでしょうか?



(20代:男性)

匿名弁護士

 会社側が、労働者の意思を無視して、一方的に退職日を設定することはできません。したがって、11月15日付での退職の一方的通告は無効となります。



 それにもかかわらず、会社側が11月15日に固執して、あなたの出勤や有休取得を認めないとなると、それは実質的には解雇と評価されるでしょうし、当然ながら不当解雇ということになります。



 そこで、1か月分の有休が残っているとした場合には、その給与額を請求することができますし、解雇を受け入れるのであれば、解雇予告手当を請求することもできるでしょう。

 自分にはそのような権利があることを会社に伝えて、円満な解決を図るのがよいと思います。

2016年07月14日 00時03分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

辞職時の誓約書の件

退職・解雇・雇止め 2018年01月15日

22年間働いてきた46歳管理職です。 会社を退職する意向を伝えたところ、会社から競業防止に関する誓約書にサインをしないと、退職手続きをできないと言われて困っております 何点か問題点を挙げますと、 1.この誓約書は、『機密情報」を広範囲...

口頭で約束された退職金が支払われない。

退職・解雇・雇止め 2017年12月27日

63歳の定年制で退職しました。(定年1か月前、延長希望「無し」としましたが、会社側の7日間延長要請を受け入れた後に退職) 会社の規則に記載はありませんが、民間の生命保険に加入していました。全額会社が掛け金を負担。 入社時、保険加入時、...

契約期間内のやむを得ない退職について

退職・解雇・雇止め 2017年12月15日

口頭で二年間契約社員として労働することを条件に、半ば強引に給与金額を通常社員に支払っている金額よりも高く設定され、入社しました。 勤務開始数ヵ月後に急遽、嫁の実家の両親、祖母の介護が必要になり戻らなくてはならないことになりました。 ま...

自主退職の場合でも、退職日は即日になるのでしょうか?

退職・解雇・雇止め 2017年12月11日

職場から一週間ほど退職を迫られておりました。 最初は意志がない旨を申し上げていましたが、仕事をさせられないと言ってひとり勤務時間中放置されて過ごしたり、社員証を取り上げられたり、「精神的に不安定で信用できない」と言いふらされるようにな...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

退職・解雇・雇止めに強い弁護士

【不当解雇・雇止め・内定取消し又は債務整理の初回相談45分まで無料】労働事件・債務整理・マンションの法律問題に...

【北千住駅徒歩5分】【初回相談無料】【弁護士直通】【平日夜間・土日対応可能】【千葉、埼玉からも好アクセス】依頼...

【初回相談無料】【土日祝日/夜間相談可】一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

【あなたの悩みに寄り添います】”一人で悩む前に、相談してほしい”・・・そんな思いから<初回相談無料><夜間/土...

【初回相談30分無料】解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

ページ
トップへ