この社長の行為は背任罪にあたらないのでしょうか?

User image 1 BAさん 2017年02月02日 05時01分

 従業員10名程度の株式会社E社の創業社長N氏は、会社名義で銀行から融資を受けた資金をもとに、独断で得意先企業S社が上場したのを機に、S社株を千万単位で取得しました。

 その後S社株は暴落、E社は多額の損失を被りました(※かねてよりN社長にはギャンブル癖があり、会社の金を私的に流用してきた疑いがあって、S社株の値上がり益でその穴埋めを図ろうとしていたものと考えられます)。
 ちなみにE社は広告制作会社で、定款の「事業内容」項には、金融取引や投資業務などの記載はありません。

 N社長の行為は、会社法上の背任罪にはあたらないのでしょうか?
 お教え願えれば幸いです。

特別背任罪の成立には、「自己若しくは第三者の利益を図り又は株式会社に損害を加える目的」が必要とされます(会社法960条1項)。

S社株の購入に関しては、上場の場合は一般的には上場会社の成長が見込まれると思われ、N社長からは、「E社の資産運用及びS社との提携強化による相乗効果を図った」等の弁解が考えられます。
この場合、取締役の善管注意義務違反による損害賠償責任はともかく、特別背任罪の成立まで認めるのは難しいように思われます。

むしろ、N社長がギャンブル資金として会社のお金を私的に流用していた事実が明らかになれば、上記目的が認められて特別背任罪が成立する可能性が高いのではないかと思います。

2017年02月02日 09時48分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

産休を控えている場合の不当解雇による不服申立て内容について。

退職・解雇・雇止め 2020年09月06日

妊娠中で産休を10月に控えた者です。 無期契約で正社員として雇用されており、入社して約1年半ほどです。 10人に満たない小さな会社のため、就業規則はありません。 現在当方は8月頭から母健措置による休業補償を頂いており、休業補償明けから...

競業避止義務の誓約を見送る法的に妥当な理由についてご教示お願いいたします

退職・解雇・雇止め 2020年06月23日

退職にあたり、競業避止義務を含む誓約書の提出を在籍企業から求められております。 誓約を見送りつつ、出来るだけ円満退社したく、妥当な見送り理由について、ご教示いただけないでしょうか。 競業避止義務項目の内容は、過去のクライアント企業等へ...

会社を退職する際に今後の職業選択を狭められる内容の誓約書にサインを求められております。これは法的に認められる内容なのでしょうか?

退職・解雇・雇止め 2020年05月29日

27歳、社会人です。 私は専門学校卒業と同時に 飲食店に勤めて8年目になります。 居酒屋やファミレスなどではなく 例えばお寿司やラーメン、焼鳥やフレンチなど 専門職(お店の特色が出やすい)の個人店にて 勤めておりました。 そちらの店舗...

窃盗し仕事辞めれない

退職・解雇・雇止め 2020年05月26日

退職の事で相談したいです。 この度子供を授かり結婚をしました。家族とは距離がある場所で働いてます。この機会に退職して家族と過ごすようにしたいのですが、今働いている会社で三年経ちます。 その会社で僕は自分の生活難から会社の人から窃盗を3...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する