契約期間内のやむを得ない退職について

User image 1 lu_e8e1522aさん 2017年12月15日 17時47分

口頭で二年間契約社員として労働することを条件に、半ば強引に給与金額を通常社員に支払っている金額よりも高く設定され、入社しました。
勤務開始数ヵ月後に急遽、嫁の実家の両親、祖母の介護が必要になり戻らなくてはならないことになりました。
また、九州と東京のため、距離があり通うことは不可能です。更に、嫁の精神状態も悪いため、一人に任せられない状況です。
このような理由で、口頭で交わした契約期間内に退職を求めた場合は賠償金の請求やら、退職できない場合や、追跡などはありますか?
今回契約した会社が、一般的な常識に欠けた対応をしかねないような一例があったのでご相談しました。
何事もなく退職はできるにはどうしたらよいでしょうか?

そもそも、期間を定めた雇用契約であると認められるだけの証拠があるのか、口頭のみでは会社側からの立証が容易でないように思います。
給与額だけで認定することには非常に疑義があります。

また、仮に期間の定めのある雇用契約と解したとしても、やむを得ない事由がある場合には解約可能とされます(民法628条本文)。
上記事情はやむを得ない事由に当たる可能性がありますが、根拠資料等詳細について検討する必要があります。

なお、一方の過失によって上記中が生じた場合には損害賠償責任が発生するとの規定はありますが(同条但書)、実際に認められる例というのは極めて稀です。

勤務先の就業規則等も検討する必要がありますが、お近くの弁護士と面談相談頂くか、労働基準監督署へのご相談等を検討されてはいかがでしょうか。

2017年12月15日 20時19分

やむを得ない事由であると主張すること自体は可能でしょう。とくに、ご指摘の事情ですと、安心安全した状態で勤務に応じることができないことが明らかとも言えるでしょう。
しかし、これらを放置して、のちのち報告するのではなくて、しっかり事情を説明した上でやむを得ない事由があると説明することが肝要です。
損害賠償請求などがきても、それは請求にすぎないものです。請求の根拠が適切なものでないと、当然認容されることはありません。

2017年12月16日 00時50分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

退職の話し合いをさせてくれない。辞めることはできますか?

退職・解雇・雇止め 2018年06月06日

6月末に辞めたいと思っているとある企業の社員です。 5月末に辞めたいという意思を会社の代表に伝えたのですが、 「一度きちんと話しあう必要があるのでその話はおいておこう」と言われ それ以来、代表は会社に来ず、話し合いもさせてくれません。...

審判申し立て書で複雑な事情を詳しく書いても訴訟移行後の最終段階では意味が無いか

退職・解雇・雇止め 2018年04月25日

労働審判で審判官は申し立て書をろくに読まずに金銭解決を強引に押し付けて来るらしいが、 審決に異議を申し立てて訴訟に移した場合、 なおまた訴状をろくに読まずに審決を踏襲した判決を出すとの話があります。 とすると、審判をまず使って雇用側を...

文書提出命令は審判申し立て前に出してくれるか

退職・解雇・雇止め 2018年04月24日

労働審判を考えますが、 証拠としてtimecardの複写を入手る必要が有るので 文書提出命令を申し立てますが、これは 審判は申し立て時にすべての証拠を出すことに成っておりますから 申し立て前で出してくれるか疑問です。

請求の趣旨で地位確認を書いたら160万の訴額が必ず加わるか

退職・解雇・雇止め 2018年04月12日

不当解雇の主張で 訴状の下記請求の趣旨で1を書いたら160+80万円の合算訴額に必ずなりますか。 どうせ和解にされますから 趣旨で1を書かずにその細かい内容を「請求の原因」の中で書いた上で 訴額は80万円だけにして提訴し、 和解の場で...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ