契約期間内のやむを得ない退職について

User image 1 lu_e8e1522aさん 2017年12月15日 17時47分

口頭で二年間契約社員として労働することを条件に、半ば強引に給与金額を通常社員に支払っている金額よりも高く設定され、入社しました。
勤務開始数ヵ月後に急遽、嫁の実家の両親、祖母の介護が必要になり戻らなくてはならないことになりました。
また、九州と東京のため、距離があり通うことは不可能です。更に、嫁の精神状態も悪いため、一人に任せられない状況です。
このような理由で、口頭で交わした契約期間内に退職を求めた場合は賠償金の請求やら、退職できない場合や、追跡などはありますか?
今回契約した会社が、一般的な常識に欠けた対応をしかねないような一例があったのでご相談しました。
何事もなく退職はできるにはどうしたらよいでしょうか?

そもそも、期間を定めた雇用契約であると認められるだけの証拠があるのか、口頭のみでは会社側からの立証が容易でないように思います。
給与額だけで認定することには非常に疑義があります。

また、仮に期間の定めのある雇用契約と解したとしても、やむを得ない事由がある場合には解約可能とされます(民法628条本文)。
上記事情はやむを得ない事由に当たる可能性がありますが、根拠資料等詳細について検討する必要があります。

なお、一方の過失によって上記中が生じた場合には損害賠償責任が発生するとの規定はありますが(同条但書)、実際に認められる例というのは極めて稀です。

勤務先の就業規則等も検討する必要がありますが、お近くの弁護士と面談相談頂くか、労働基準監督署へのご相談等を検討されてはいかがでしょうか。

2017年12月15日 20時19分

やむを得ない事由であると主張すること自体は可能でしょう。とくに、ご指摘の事情ですと、安心安全した状態で勤務に応じることができないことが明らかとも言えるでしょう。
しかし、これらを放置して、のちのち報告するのではなくて、しっかり事情を説明した上でやむを得ない事由があると説明することが肝要です。
損害賠償請求などがきても、それは請求にすぎないものです。請求の根拠が適切なものでないと、当然認容されることはありません。

2017年12月16日 00時50分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

辞職時の誓約書の件

退職・解雇・雇止め 2018年01月15日

22年間働いてきた46歳管理職です。 会社を退職する意向を伝えたところ、会社から競業防止に関する誓約書にサインをしないと、退職手続きをできないと言われて困っております 何点か問題点を挙げますと、 1.この誓約書は、『機密情報」を広範囲...

口頭で約束された退職金が支払われない。

退職・解雇・雇止め 2017年12月27日

63歳の定年制で退職しました。(定年1か月前、延長希望「無し」としましたが、会社側の7日間延長要請を受け入れた後に退職) 会社の規則に記載はありませんが、民間の生命保険に加入していました。全額会社が掛け金を負担。 入社時、保険加入時、...

自主退職の場合でも、退職日は即日になるのでしょうか?

退職・解雇・雇止め 2017年12月11日

職場から一週間ほど退職を迫られておりました。 最初は意志がない旨を申し上げていましたが、仕事をさせられないと言ってひとり勤務時間中放置されて過ごしたり、社員証を取り上げられたり、「精神的に不安定で信用できない」と言いふらされるようにな...

アルバイトを辞めたい

退職・解雇・雇止め 2017年12月04日

初めて二週間経っていなく、研修期間なのですが即日辞めるのは可能でしょうか? 上司からの嫌味、いじめが半端なくていち早く辞めたいです。 誓約書や給料の振込先などの紙もまだ出してないので大丈夫かとは思うのですがよろしくお願いします。

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

退職・解雇・雇止めに強い弁護士

退職トラブルについては当職へご相談ください。お話を真摯に伺い、最良の選択肢を提案します。

■新進気鋭の2名の若手弁護士が、素早いフットワークで企業様をサポート致します。

【関内駅徒歩4分】【馬車道駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日・翌日相談対応可能】ひとりひとりと向き合い、解決ま...

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】日本一背の高い弁護士がバスケットで培ってきた、体力・精神力を活かして...

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

【横浜駅徒歩3分】【初回相談無料】【24時間予約受付中】依頼者様の立場で分かりやすい説明と丁寧かつ迅速な連絡を...

ページ
トップへ