個人の秘密を他人に漏らした場合の罪は?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時05分

 会社内で守秘義務を負った人が、個人情報を他人(複数)に漏えいした場合、その人の罪と賠償はどうなるのでしょうか。



(60代:男性)

匿名弁護士

 今回の相談文からは、顧客の個人情報が外部に漏えいしたのか、同じ社員である者の個人情報が社内で漏えいしたのかが明らかではありませんが、漏えいさせた者は刑事上の責任民事上の責任を負う可能性があります。



1.刑事上の責任



 個人情報保護法は、個人情報取扱事業者を規制の対象としています(同法2条3項)。

 したがって、事業者でない個人が個人情報を他人に漏らしたとしても個人情報保護法上罪になることはありません。

 ただし、漏えいした個人情報の取得方法によっては、窃盗罪や不正アクセス禁止法違反の罪などが成立する可能性があります。



 上記に加え、個人情報の漏えいによって、被害者の名誉が傷つけられた場合には、名誉毀損罪(刑法230条1項)が成立する可能性もあります。名誉毀損罪の成立には「公然と」事実を摘示することが必要とされていますが、裁判所は特定の少数の人に対してなされた場合でも、それらの者が周りの人にしゃべって広がっていくことを認識していた場合は、同罪が成立するとしています。





2.民事上の責任



 個人の情報を他人に漏らす行為は、プライバシー(私生活をみだりに公開されない権利)の侵害として不法行為にあたりますし、そのことによって、社会的な名誉が傷ついた場合は、名誉毀損として不法行為にあたります。

 いずれの場合も、被害者は損害賠償を請求することができますが(民法709条)、現在の日本で認められる賠償額は低い傾向にあります。

 なお、民事上の名誉毀損が成立する場合、謝罪広告の掲載など、名誉を回復するために適当な処分を求めることもできます(民法723条)。



 また、個人情報の漏えいによって、会社に損害を与えた場合は、会社からも損害賠償を請求される可能性があります。不法行為が認められなくても、会社との労働契約や社内規則によって守秘義務を負っていた場合には債務不履行民法415条)として会社に生じた損害を賠償する責任を負うことにもなりますし、解雇などの懲戒理由にもなります。

2014年01月07日 04時05分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

退職後の競業避止について

就業規則・労働協約 2019年02月22日

数年勤めた現職を退職し、類似した事業での独立を考えています。 後ほど会社から競業避止義務に関して連絡があった場合、 後述の前提条件を基にして下記2点についてお答えください。 質問1:差し止め請求を受けて、差し止めが認められる可能性の多...

私物を会社が無断で没収

就業規則・労働協約 2019年02月19日

会社に仕事と関係ない私物(玩具)を置いてました。 実際、勤務時間中にそれを触った事もあるのでその点に関しては、非はこちらにあるのは間違いないのですが、会社がその私物を私がいない事を調べた上で夜中に無断で没収しました。 貼り紙があったの...

水商売派遣のドタキャンによる損失に関して

就業規則・労働協約 2019年02月08日

キャバクラ派遣の会社を利用しています。 派遣会社で登録を行った際の年齢や会社側からの女性のランク設定により、店舗側の求める条件に合った派遣依頼がサイトで見られるようになっており、そこから行きたい店舗を探して自身で予約を取れるシステムで...

アルバイトを辞める時に損害賠償をすると言われ、給与相殺の誓約書を書かされました。私は今未成年です。

就業規則・労働協約 2019年01月26日

面接時や募集内容と業務内容があまりにも違う為3月までにアルバイトを辞める事にしました。 就業規則には退職時は1ヶ月前に申し出る事が書かれていたので、先日アルバイト先に辞めたいと申し出て、話し合いの結果2月の末に辞める事になりました。 ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ